初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型シエンタ マイナーチェンジ!2列シート5人乗りも設定

2018年9月11日、トヨタはシエンタをマイナーチェンジして発売しました。新型シエンタの変更点について、シート、デザイン、価格などの点から解説します。外装デザインと安全装備の進化に加え、2列シート5人乗り車を用意。新型シエンタはアウトドアユースとしても活躍できそうです。

トヨタ新型シエンタ マイナーチェンジ発売開始!

9月11日より発売

マイナーチェンジしたトヨタ新型シエンタ

2018年9月11日、トヨタはシエンタをマイナーチェンジして発売しました。

シエンタはコンパクトな5ナンバーサイズのボディでありながら3列シートを備えた、デザイン、機能性に優れたミニバン。2015年7月のフルモデルチェンジ以降、マイナーチェンジや一部改良が行われていませんでした。

今回のマイナーチェンジでは外装デザインと安全装備の進化に加え、2列シート5人乗り車を用意。アウトドアユーザーにとってさらに使い勝手が向上しました。

新型シエンタの変更点について、シート、デザイン、価格などの点から解説します。

新型シエンタマイナーチェンジの変更点まとめ

最大の注目は2列シート5人乗りの新設定

「FUNBASE X」「FUNBASE G」に設定された2列シート5人乗り

2列目をフラットにすれば自転車も積むことができる

新型シエンタには2列シート5人乗りグレードである「FUNBASE X」「FUNBASE G」が設定されました。大容量のラゲッジスペースとミニバンならではの広い室内空間は、5人乗りになったことで、アウトドアや車中泊などでの使い勝手が向上しました。

2列目シートを倒せば、最大荷室長2,065mmのフラットなスペースが利用できます。26インチのマウンテンバイク2台を積むことができ、アウトドアだけでなく自転車通学の子供の送迎など、ファミリーユースでも活躍しそうです。

外装デザインは小変更で質感アップ

新型シエンタ フロント

新型シエンタ リア

新型シエンタの外装デザインは、フロント部を中心に小変更。フロントバンパー、フロントグリル、ヘッドランプ、リヤランプ、ホイールキャップの意匠変更が行われ、質感が高められました。
メッキや新フロントグリルの採用で、マイナーチェンジ前よりもさらにスポーティさが強調されています。

カラーバリエーションは全16種!ツートーンも

ボディカラーのバリエーションは新色ベージュを含むモノトーン10種、ツートーン6種の全16種。ツートーンカラーは、ブラックルーフとの組み合わせになります。

内装・インテリアも質感と使い勝手が向上

3列シート7人乗り仕様のインテリア

ユーティリティホールを利用した積載例

新型シエンタの内装はシートが統一されたことで、質感が向上しています。また、先述の通り、2列シート車が設定されたことも大きなポイントです。

2列シート車専用インテリアとして、デッキサイド両側のユーティリティホールがあります。左右に9個ずつあるこのホールにより、オプションのユーティリティフックやシステムバーと組み合わせることで、棚やつっかえ棒を作ることが可能です。

燃費性能に関して大きな変更はなし

新型シエンタの燃費性能は、ハイブリッドモデルのみ若干の向上がみられます。とはいえ従来のJC08モード燃費 27.2km/Lから28.8km/Lへの向上であるため、体感値では大きな変化はないかもしれません。

もともとシエンタは、3列シートミニバンの中ではホンダ フリードと並んで燃費がトップクラスでしたので、この数値はまったく問題ないといえるでしょう。

また、今回からWLTCモード燃費も公開されたため、購入時の燃費シミュレーションがさらにしやすくなっています。

燃費に関する記事はこちら

安全性能も強化

次世代 トヨタセーフティセンス

新型シエンタは安全性能も強化されました。

トヨタの先進安全技術である次世代トヨタセーフティセンスが採用されています。上位グレードの『G』のラインナップには標準装備、エントリーグレードの『X』のラインナップにはオプション設定となります。

次世代トヨタセーフティセンスには、歩行者(昼間)検知機能が採用されています。詳しくは以下記事をご確認ください。

自動ブレーキやパノラミックビューモニターを新設定

アクセルとブレーキを踏み間違えた時などに、障害物を検知して自動でブレーキをかける「インテリジェントクリアランスソナー」を新設定。「G Cuero」に標準装備、「G」「FUNBASE G」「X」「FUNBASE X」にはオプション設定となります。

また、車両を上から見たような映像をナビゲーション画面に表示するパノラミックビューモニターをオプション設定しました。

便利な最新機能も多数搭載

このほか、新型シエンタには便利な最新機能が多数搭載されました。

パワースライドドアのクローズ中に施錠を予約でき、すぐにその場から離れることができる「パワースライドドア予約ロック機能(スマートロック操作)」や、停車してイグニッションをオフにすると、ディスプレイから後席の荷物の置き忘れを通知する「リヤシートリマインダー」など、細やかな気づかいがみられます。

新型シエンタの価格・グレード構成

新型シエンタ ハイブリッドのグレード構成と新車車両価格
グレード名定員価格(税込み)
G Cuero7人253万円
G238万円
X223万円
FUNBASE G5人234万円
FUNBASE X219万円
新型シエンタ ガソリンのグレード構成と新車車両価格
グレード構成定員価格(税込み)
G Cuero7人217万円
G202万円
X181万円
G Cuero6人231万円
G216万円
X196万円
FUNBASE G5人198万円
FUNBASE X178万円

2列シート5人乗りは178万円から

新型シエンタは、ガソリン仕様が5/6/7人乗りから、ハイブリッド仕様が5/7人乗りから選ぶことができます。6人乗り仕様は4WD、それ以外はFF(2WD)となっています。

注目の2列シート5人乗りは、ガソリンが178万円から、ハイブリッドが219万円からです。
また、先代モデルで特別仕様車だった「G Cuero」が正式に最上位グレードにラインナップしました。

新型シエンタに2列シート5人乗りを設定したことで、ミニバンラインナップをさらに充実させたトヨタ。もはや「燃費のいいミニバン」が当たり前となった昨今において、使い勝手や機能性のよさを追求することは必須といえるでしょう。アクティブユースに活躍できそうな新型シエンタの売れ行きに注目です。

トヨタの新型車に関連する記事はこちら

トヨタの注目の新型車はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!