初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【FMトランスミッターの選び方】用途別におすすめを5つ厳選!使い方やノイズ解消法についても

「音質が悪い」「ノイズが入る」という理由で敬遠されがちなFMトランスミッターですが、近年のFMトランスミッターはBluetoothの新バージョンやノイズキャンセル技術で格段に進歩しています。最新のFMトランスミッターの機能や使い方から、ノイズ解消法についてまでご紹介します。

FMトランスミッターとは?Bluetoothと有線方式がある!

ドライブインシアター FMラジオ

© MOBY

FMトランスミッターとは、車のFMラジオ放送に電波を送信することのできるカーオーディオアクセサリーです。カーオーディオの記録媒体はカセットテープからCD、フラッシュメモリーへと代わり、お気に入りの曲はいつも持ち歩くスマートフォン内に記録し、いつでも再生することができるようになりました。

しかし、車載スピーカーからスマートフォン内の音楽を流すには、カーオーディオとスマートフォンを接続するインターフェースが整っていなければいけません。最新のオーディオ機器であればBluetoothやAUXで直接つなぐことができますが、古い機器では接続不可能です。

それを解消するFMトランスミッターは、ほとんどの車についているFMラジオを通して、スマートフォンやポータブル音楽プレイヤーなどの音楽再生機器からの音源を再生することのできる便利なインターフェースです。

Bluetoothと有線方式

カーオーディオとFMトランスミッター間の接続にはFM電波を使いますが、FMトランスミッターと音楽再生機器間を接続するには、Bluetooth(無線)と有線の2種類の方法が存在します。

有線接続の場合は、3.5mmイヤホンジャックを搭載した音楽再生機器ならばプラグを差し込むだけで使うことができます。

しかし近距離向け無線データ通信技術であるBluetoothの場合は、まず接続するオーディオ機器がBluetoothに対応している必要があり、さらにBluetoothに設定されるバージョンや機器の相性によっては、接続できない場合がありますので注意が必要です。

無線で取り回しに便利なBluetoothですが、有線に比べると接続のハードルがやや高い印象です。

FMトランスミッターの選び方

FMトランスミッターには機能や価格の違いによるさまざまな製品があり、どれを選んだらよいか迷ってしまいます。
FMトランスミッターごとの特徴と機能のメリット・デメリットを理解し、FMトランスミッターの選び方の参考にしてください。

電源で選ぶ

FMトランスミッターの電源には、車のシガーライターソケットに差し込んで使用するものと、内蔵されたバッテリーにより、電源供給を必要としないものの2種類があります。

シガーライターソケット式

シガーライターソケット式のメリットは、常に電力が供給されるため、バッテリー切れの心配が無いことですが、駆動電圧が12Vと24Vに分かれている製品がある点には注意が必要です。

一般的に乗用車の電子機器は12V、トラックは24Vで駆動しますが、トランスミッターの中にはどちらでも動作するものもあり、事前にFMトランスミッターの適合を確認しておく必要があります。

充電式

充電式のメリットは設置場所を選ばず、シガーライターソケットを占拠しない点が挙げられます。その反面、バッテリーが切れると使えなくなるのは当然ですが、バッテリー代として価格が上昇してしまうのがデメリットです。

メーカーで選ぶ

FMトランスミッターの販売元は、国内有名メーカーから、海外の無銘メーカーまでさまざまなメーカーが販売しています。

一般的に、ネームバリュがあるほど高価である代わりに高品質で信頼がおけますが、無銘メーカーでもアイデアフルな機能を搭載した製品も多くあります。ただし海外メーカーの場合は、日本のFM周波数に対応していない場合がありますので注意が必要です。

便利な機能で選ぶ

FMトランスミッターを世界で最初に発売したのは日本の「ラウダ」というメーカーが1989年に発売しました。
それ以来、さまざまなメーカーにより改良が重ねられ、さまざまな機能を追加されたFMトランスミッターが販売されています。その便利な機能の一部を紹介します。

USBポート付き

シガーライターソケットにトランスミッターをつけることで、スマートフォンの充電ができなくなってしまうことの対処として、FMトランスミッター本体に複数のUSBポートを搭載した製品が多く販売されています。
また、多くの製品は5VのUSB給電のみを可能としますが、メディア再生機能を持ったFMトランスミッターでは、USBフラッシュメモリーから直接音楽データを再生できる機器もあります。

ハンズフリー通話機能付き

FMトランスミッターに、携帯電話のハンズフリー機能を追加された製品もあります。受話音声は、車のスピーカーから拡声して流し、トランスミッターの備えられた集音マイクで電話相手に声を届けます。
ハンズフリーのヘッドセットと仕組みは同じですが、手軽に追加できる点がメリットです。

周波数切り替え機能付き

FM電波は、近くで同じ周波数の電波が発信されると、それぞれの電波が干渉し合い、ノイズの発生原因になってしまいます。
周波数切り替え機能を持った製品は、複数の周波数帯を任意に切り替えることが可能。他の周波数帯を使用することで、常にクリアな音質を楽しむことができます。


次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す