小さいながらも力強い!災害時に乗りたい車としてスズキ ジムニーが話題に

台風や津波による道路の冠水や道路に障害物が転がってたりする等、災害時は車を走らせることができなかったり、危険がつきものです。そんな中、軽自動車であるスズキのジムニーが「災害時に乗りたい車」として話題になっています。ここでは、ジムニーの紹介と、話題となったジムニーの走破性能について紹介します。

スズキ ジムニー

出典:http://www.suzuki.co.jp/

【車両説明】
軽自動車初の本格4WDオフローダーとして開発されたスズキのジムニー。登場して既に17年以上経過しているロングセラーモデルです。

トヨタのランドローバーと並び、ジムニーが通れない道は他の車でも難しいといわれているほど、世界屈指の悪路の走破性能を持つ車両です。

車体は全長3395mm×全幅1475×全高1715と、非常にコンパクトであり、軽自動車に分類されます。

【車両価格】
129.6~162.54万円

スズキ ジムニー メーカー公式プロモーション。ノーマル現行型のJB23でもこのポテンシャル。名車と呼ばれる所以此処に有り。JAPANESE SUZUKI SAMURAI.

コンパクトなのに力強いと評判

2月14日、15日記録的大雪、 国道は押し固めらられた雪とシャーベット状の雪、 夜の冷え込みでこぶは凍りつき最悪な路面状況、 交差点内でスタックした大型をジムニーが救出に向かった。 無理だと思った最後のトライで奇跡が起きる。 脱出後も更なるスタックを回避する為、駐車場まで全力で駆け抜ける。 February 14...

2015年、台風18号の影響による大雨は東日本の広い範囲に被害をもたらし、幾本もの道路が冠水しました。
一方、そうした状況でも、 しぶきをたてながら元気に走るスズキの軽自動車「ジムニー」に注目が集まりました。その発端となったのがこの投稿です。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す