スバルレヴォーグを徹底解説!燃費・値引き価格・口コミ評価など

スバルが贈るステーションワゴンのレヴォーグ。クロスオーバーヴィークルといえばSUVが有名ですが、レヴォーグはスポーツカーとワゴンを融合させるという、斬新なスタイルが特徴です。広い室内空間とラゲッジスペースはファミリーカーとしても魅力的。普段使いにも、レジャーにも、多用途で使いまわせる車になっています。2014年モデルのレヴォーグの燃費・値引き価格・口コミ・評価などを紹介させていただきます。

レヴォーグってどんな車?

出典:http://www.subaru.jp/

レヴォーグ

レヴォーグは富士重工業がスバルブランドで製造・販売するステーションワゴンです。
スポーツカーとワゴンを融合させる、クロスオーバーの発想から生まれました。

名前の由来は「レガシー」(伝承)、「レボリューション」(変革)、「ツーリング」を繋ぎ合わせた造語で、「“スバルの大いなる伝承”を引き継ぎながらも、次世代に先駆けた変革により、新たなツーリングカーの時代を切り拓く」という意味が込められています。

レヴォ―グは車界のイケメン?

出典:http://www.subaru.jp/

スポーツカーの優美さとステーションワゴンの実用性を兼ね備えた躍動感のあるデザインは、素直に「カッコイイ」。

シャープでワイドなLEDヘッドランプを擁する精悍なフロントマスクは、車の中でもイケメンに分類される顔立ちです。

日本に合わせたサイズ感

出典:http://www.subaru.jp/

レヴォーグは日本の交通環境や駐車スペースに合わせた、最適なボディサイズをしています。

全高と重心を低くすることで、スポーツカーのフォルムを保ちつつ安定した走行を実現、積載スペースも十分に確保しています。

くつろぎの空間

出典:http://www.subaru.jp/

乗員一人一人に十分なスペースを確保した居住空間は、長時間のドライブでも疲れません。
シートアレンジも多彩で、目的に応じて様々なアレンジができます。

大容量の積載スペース

出典:http://autoc-one.jp/

スバルのノウハウを詰め込んで設計されたラゲッジスペースは、522Lの大容量。
フラットな床と広い開口幅は使い易さ抜群です。

出典:http://www.subaru.jp/

リアシートを倒すことで、さらに広いスペースを確保できます。
フルフラットで長いスペースは、車中泊にも最適です。

出典:http://www.subaru.jp/

フロアボードを外すことで、40Lのアンダーラゲッジスペースが出現。
かさばる小物や工具など、まとめてしまえる便利な機能です。

アイサイト

出典:http://www.subaru.jp/

運転支援システム「アイサイト」は、搭載されたカメラによって前方の車や人を認識し、自動でブレーキなどの制御をして安全を確保してくれるシステムです。

出典:http://www.subaru.jp/

アイサイトは車だけでなくガードレールや白線、自転車などの区別もできます。
集められた高精度な情報を基に、自車の各システムを完全に制御して安全性を高めます。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す