初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ダイハツ ミラパルコってどんな車?パルコとタイアップした女子向け軽自動車

1980年代末に登場して、一大センセーションを巻き起こした軽自動車、「ダイハツ ミラパルコ」について詳しくまとめました。大手ファッション企業とのタイアップモデルであり、女性の人気を集めたミラパルコ。その特徴や歴史、話題を呼んだCMなどに迫ります。ちょっとレアな派生車種、「ミラパルコクラシック」についても触れるので、ぜひ目を通してみてください!

ダイハツ ミラパルコとはどのような車?

「ダイハツ ミラパルコ」は、ダイハツと株式会社「パルコ」がタイアップして生まれたミラの特別仕様車です。株式会社パルコといえば、ファッション系のショッピングセンターを展開する大手企業。ミラパルコは、ファッション系企業と軽自動車がコラボレーションした、めずらしいモデルだといえます。

ミラパルコが発売されたのは、日本がバブル景気にわいていた1988年の3月のこと。女性をターゲットに開発されたミラパルコは、登場するや一躍人気モデルとなりました。

ミラパルコの特徴として第1にあげられるのは、「パルコシート」と呼ばれるシートです。専用生地が張られたパルコシートは、インテリア(内装)に強いインパクトを与えました。

豪華な装備が用意された点も、ミラパルコの大きな特徴です。ステレオスピーカーやオートリバースのカセットデッキといった装備を選べることは、当時の軽自動車としては画期的でした。

3世代のミラに設定された

ミラパルコは、計3世代のミラに特別仕様車として設定されました。個性派モデルとして人気を博したミラパルコですが、1998年10月に4代目ミラが生産終了すると同時に、モデルの歴史に幕を下ろしています。

ただ、パルコシリーズの歴史は、ミラパルコの生産終了後も続きました。2001年には2代目ダイハツ ムーブの特別仕様車として、パルコの名を冠するグレードが復活しています。

80年代の車についてこちらの記事もご覧ください

【初代】ダイハツ ミラパルコ(1988-1990年)

初代ダイハツ ミラパルコ

ダイハツ ミラパルコの初代モデルは、「L70型ミラ」の特別仕様車として1988年3月に発売されました。ミラパルコの主な販売ターゲットは、ファッションやおしゃれに関心のある若い女性です。ファッションと車とのタイアップという新奇さが目を引き、ミラパルコは順調に売り上げを伸ばしていきました。

初代ミラパルコ最大の特徴は、先にも触れたパルコシートです。初代パルコシートには、黒とグレーをベースに、三色の三角形を配置したカラフルなデザインが採用されました。

インテリア(内装)の各所に「PARCO」のロゴが入っている点も、初代ミラパルコの特徴です。パルコシートはもちろんのこと、シートベルトにもPARCOのロゴが入っており、開発陣のこだわりを感じさせます。

ちなみに初代ミラパルコのカタログには、「あたり一面、パルコの空気だ」の一文が掲載されていました。初代ミラパルコは、かなり“パルコ押し”の強いモデルだったといえます。

初代 ダイハツ ミラパルコのスペック

初代ダイハツ ミラパルコのスペック
発売日1988年3月 初代デビュー
ボディサイズ(mm)全長:3,195
全幅:1,395
全高:1,415
ホイールベース:2,250

車両重量(kg)570
乗車定員4名
エンジン直列3気筒 OHC
最高出力24kW[32PS]/ 6,000rpm
最大トルク43.1N・m[4.4kg・m]/ 3,500rpm
トランスミッション4MT / 2AT
駆動方式FF / フルタイム4WD
JC08モード燃費-
燃料レギュラー
新車車両価格66万円

車の駆動方式はこちらの記事で解説しています

【2代目】ダイハツ ミラパルコ(1991-1994年)

3代目ミラ(ロゴ以外の外装はミラパルコと共通)

2代目ダイハツ ミラパルコは、3代目ミラであるL200型の特別仕様車として、1991年6月に発売されました。1990年の軽自動車の規格変更にともない、L200型の排気量は先代の550ccから660ccにアップしています。

初代モデルと同様に、2代目ミラパルコにもパルコシートをはじめとする専用装備が与えられました。2代目パルコシートのデザインは、大きな「PARCO」のロゴが特徴的。ロゴ部分には1文字ごとに異なるグラフィックが入っており、エキゾチックな仕上がりです。このほか2代目ミラパルコには、ロゴ入りアルミホイールやフロントエンブレムなどの装備が用意されました。

キャンバストップをラインナップ

ミラパルコ キャンバストップ

開閉可能なキャンバストップの天井部分

1991年11月、2代目ミラパルコのラインナップに「キャンバストップ」が加わりました。キャンバストップは、開閉可能なキャンバス地の天井を備えるモデル。ハードトップモデルにはないカジュアル感と開放感が話題となり、女性ユーザーの人気を集めました。

2代目ダイハツ ミラパルコのスペック

2代目ダイハツ ミラパルコのスペック
発売日1991年6月
ボディサイズ(mm)全長:3,295
全幅:1,395
全高:1,400
ホイールベース:2,280
車両重量(kg)640
乗車定員4名
エンジン直列3気筒 SOHC
最高出力37kW[50PS]/ 7,500rpm
最大トルク52.0N・m[5.3kg・m]/ 4,500rpm
トランスミッション5MT / 4MT / 3AT
駆動方式FF / フルタイム4WD / パートタイム4WD
JC08モード燃費-
燃料レギュラー
新車車両価格82万円

【3代目】ダイハツ ミラパルコ(1996-1998年)

3代目ミラパルコ

1996年12月に、4代目ミラの上級モデル「モデルノ」のグレードとして、3代目ミラパルコが発売されました。3代目ミラパルコは、丸みのあるエクステリアが特徴的。モデルノ専用に設計された、半楕円形フロントグリルが上質感を演出しています。

一方、インテリアに目を向けると、やはり目立つのはパルコシリーズ伝統のパルコシートです。ただ、3代目ミラパルコのシートは、2代目モデルまでのものと比べてデザインが控えめ。PARCOのロゴはしっかり入っているものの、サイズが小さくあまり目立ちません。

3代目ミラパルコは、初代モデルと比べると印象がやや地味です。装備面は充実していたものの、当時人気が高まっていたムーヴの影に隠れてしまった感は否めません。人気のかげりの影響からか、パルコシリーズはムーヴに引き継がれ、ミラパルコはダイハツのラインナップから姿を消しました。

3代目ダイハツ ミラパルコのスペック

3代目ダイハツ ミラパルコのスペック
発売日1996年12月
ボディサイズ(mm)全長:3,295
全幅:1,395
全高:1,455
ホイールベース:2,300

車両重量(kg)750
乗車定員4名
エンジン直列3気筒 DOHC
最高出力40kW[55PS]/ 7,500rpm
最大トルク60.8N・m[6.2kg・m]/ 4,000rpm
トランスミッション5MT / 4AT / 3AT
駆動方式FF / フルタイム4WD / パートタイム4WD
JC08モード燃費-
燃料レギュラー
新車車両価格111万円

ダイハツ ムーヴの関連記事はこちら

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!