初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

オールシーズンタイヤの選び方|おすすめランキングとスタッドレスとの性能比較などまとめ

日本専用設計のスタッドレスタイヤって?

日本国内の多くのショップで売られるスタッドレスタイヤの多くは日本専用設計商品です。

前述のように、日本人はタイヤに対する性能要求が高いこともありますが、降雪後に路面上の雪が
アイスバーンになりやすい日本では高い氷上走破性能を期待するドライバーも多いのです。

舗装路面と積雪路面や圧雪路面の他に凍結路面といった様々な路面に対応しなくてはならない
日本の路面事情は特殊でることもあって専用設計となっているようです。

氷上性能を要求するのは、積雪のある国なら世界共通と思われがちですが、ヨーロッパなどは
路面上の雪がシャーベット状になりやすい事情もあってスタッドレスタイヤには雪上性能が
優先されることも多く、活躍頻度の低い氷上性能よりも高速で舗装路面を走行する性能を
重視したスタッドレスタイヤも存在します。

また、冬の間は雪と氷の世界になってしまう北欧やロシアでは、スパイクタイヤの使用が
許されていますので、スタッドレスタイヤの出番はないのです。

ヨーロピアンスタッドレスタイヤとオールシーズンタイヤ

ここで再確認、スタッドレスタイヤはスノータイヤの一種で、雪上を安全に走れることを
基本性能とするスノータイヤに氷上走破性能を向上させた商品がスタッドレスタイヤです。

現在の日本で、冬用のタイヤといえばスタッドレスタイヤ以外は想像できませんが、一般的に
スノータイヤとスタッドレスタイヤは同じ冬用タイヤですが別物とされています。

スノータイヤには「SNOW」またが「M+S」の表示がされていて、スタッドレスタイヤには
それれの表記とともに「STUDLESS」と表示されて、冬用タイヤであることを誇示します。

ヨーロピアンスタッドレスタイヤ

ヨーロッパの雪は水分が少なく軽い性質を持っているので、路面凍結しにくいこともあって
除雪された舗装路面の高速走行性、シャーベット状雪路面の排水性、圧雪路面のグリップ性などを
重点したハイパフォーマンスなウィンタータイヤがヨーロピアンスタッドレスタイヤです。

スノータイヤとしての性格が強い傾向があるので、高い氷上性能は期待できませんが、雪上性能と
高速走行性能を持ち合わせているので、舗装路面走行が多い日本の都市エリアのドライバーは、
このタイプを選択しに考えても良いかと思いますが、氷上性能は低めなので注意が必要です。

オールシーズンタイヤ

オールシーズンタイヤは「SNOW」またが「M+S」の表示を持っているのが一般的なので、
冬用タイヤとしてはスノータイヤに分類されます。

サマータイヤにスノータイヤの技術を導入して、降雪時に雪上走行性能を可能にすることを
コンセプトにしたタイヤで、氷上性能は考慮されていないと考えるのが無難でしょう。

どちらも氷上走破性能は期待できない

日本にいると路面凍結を考慮してしまいますが、海外ではさほど気になれていないようです。

ヨーロピアンスタッドレスタイヤもオールシーズンタイヤも氷上路面ではパフォーマンスを発揮
できないのですが、日本以外ではそれが商品選びの争点にはならないのです。

氷上性能よりも、冬場の高速走行性能や夏場の暑い時期にでも使用可能な特性を持っている方が
大事なのかもしれません。

つまり、氷上走破性能を最優先しないというユーザーには、日本専用スタッドレスタイヤよりも
使い勝手の良い冬用タイヤであると見ることもできるのではないでしょうか。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す