初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

オールシーズンタイヤの選び方|おすすめランキングとスタッドレスとの性能比較などまとめ

オールシーズンタイヤはアリなのか?ナシなのか?

北米やヨーロッパでは主流で、新車装着されることも多い「オールシーズンタイヤ」ですが、
なぜ日本では主流になりえないのでしょうか。

それは、日本人のクルマやタイヤに対する考え方に原因があるとも言われています。

日本人はクルマを大事に扱うということとともに、タイヤをドレスアップの対象と捉えたり、
クルマの性能を一部としてタイヤの性能を考えるという国民性があります。
また、車道としては狭い道路も多く存在している上に、道路に対する自動車の集密度高いので
事故時に被害が大きくなりやすいこともあってタイヤに対する安全性は重視する傾向です。

対する北米やヨーロッパは車道も広いので、降雪時に多少のスリップがあっても、日本ほど
甚大な事故になるケースも少ないようで、雪が降ってもそこそこ走れるオールシーズンタイヤは
重宝される傾向にあるようです。

一方、日本人はというと冬以外の時期はハイグリップタイヤやエコタイヤを熱望して、冬到来と
なるとチェーンの要らないスタッドレスタイヤを好む傾向があるのが実情です。

ハイグリップタイヤのような旋回性能は望めず、雪道性能を考慮しているので磨耗が早めで
エコタイヤのように転がり抵抗も少なくないのでサマータイヤとしてもスノータイヤとしても
専用タイヤに劣る部分があるオールシーズンタイヤは総合性能として「中途半端な性能のタイヤ」
というレッテルを貼られてしまいがちです。

この動画は、スタッドレスタイヤ(紺)とオールシーズンタイヤ(銀)の雪上走行テストです。

雪上でこんな無茶な走行をしてはいけませんが、性能差は歴然です。

こちらの動画は、雪上テストの2台にサマータイヤ(赤)を加えた3台での氷上走行テストです。

スパイクタイヤの代用品として誕生したスタッドレスタイヤに対してスノータイヤ的性格である
オールシーズンタイヤやサマータイヤが太刀打ちできるはずがなく横綱相撲的な動画です。

この二つの動画を見る限りでは「オールシーズンタイヤはナシなのかな?」と思ってしまう人も
少なくないかと思われますが、降雪エリアでない都市部のドライバーがスタッドレスタイヤの
代替品としてではなく、不意に雪や凍結路面に出くわしてしまった時の「転ばぬ先の杖」として
オールシーズンタイヤを選択するのはアリなのではないでしょうか。

タイヤを交換する前に愛車を再チェック?

タイヤを購入しようとした際に、ショップなどでたくさんあるメーカーやブランドの中で、
どれを選んだらよいかと悩んでしまった経験のある人は多いのではないでしょうか。

日本のメーカーやヨーロッパのメーカーのほか、アジアンタイヤと呼ばれる激安タイヤもあるので
選ぶのにのに難儀してしまうでしょうし、4本購入ともなれば組換え工賃を含めてかなりの出費に
なりますので、慎重にもなります。

そこでアドバイスです。

自分の愛車が、固めの足回りも持ったハイパフォーマンスモデルなのか、大人数で快適に移動する
ことを重視した重心が高めのミニバンなのか、コンフォート重視のセダンなのかと言った具合で
どのような性格を持ったクルマなのかを再確認しておきましょう。

ディーラーで交換する場合は、新車装着されていたタイヤを最優先で案内されるわけですが、
予算に合わせて別のタイヤを提案してくれるケースもあります。
しかし、ショップなどではそうもいきませんので、どういった性格のタイヤを選ぶべきなのかを
あらかじめ考えていた方が良いでしょう。

ハイグリップタイヤ(ハイパフォーマンスタイヤ)

競技用タイヤを街乗り用にリファインした様な基本設計で、高いグリップ性能を持ったゴムが
採用されていてドライ路面で最高のパフォーマンスが出るように設計されているのが特長です。
サイドウォールの剛性も高く設計されているのでタイヤ自体のクッション性は低くなりますが
固めに引き締められたサスペンションとの相性は抜群なので、ハイパフォーマンスモデル用の
サマータイヤには、このタイヤを選ぶのが良いでしょう。

しかし、ハイグリップタイヤは価格が高めなうえに磨耗性も高いのでファッションで選ぶには
敷居が高く、快適性を重視した足回りでは性能を発揮できないので宝の持ち腐れです。
さらに注意したいのが、重心の高いミニバンなどでは高い剛性のサイドウォールが災いして
急な挙動に車体が耐えきれずに横転するリスクも高めますので、選択には注意が必要です。

エコタイヤ(低燃費タイヤ)

現在の主流はこのエコタイヤで、ハイブリッドカーなどで新車装着されています。

基本設計は、ハイグリップタイヤの真逆といった路線で、路面との転がり抵抗を最小限にする
技術を導入しながら雨天時でも安全に制動できるように設計されています。

「転がり抵抗」と「ウエットグリップ性能」をひと目で確認できる「ラベリング制度」という
共通表記が、日本自動車タイヤ協会で制定されているので性能の優劣を見極めることができます。

日常的に走行するのに最適なタイヤであるエコタイヤですが、高出力を路面に伝えることは
得意とは言えないという一面もあって、ハイパフォーマンスモデルには不向きと言えます。

笑い話ですが、4ドアセダンであった先代の「FD2 シビックタイプR」は、レーシングタイヤの
ようなハイグリップタイヤを標準装着していたので減りが早く、ディーラーで交換を依頼すると
ビックリしてしまうような見積もりだったので、ショップで安いタイヤを装着したら、それが
エコタイヤで「ただのシビック2000」になってしまったというユーザーがいました。

自分の愛車の性格を理解してタイヤ交換をしないと、間違った選択をしてしまう一例ですね。

コンフォートタイヤ(プレミアムタイヤ)

コンフォートタイヤは静粛性や乗り心地などの快適性に優れたタイヤで、快適な乗り心地を
持っているサルーンカーがロードノイズなどで快適性がスポイルさせないように、内部構造に
吸音材を導入したりトレッドパターンを最適化させた設計を導入しているのが特長です。

最近のコンフォートタイヤは、転がり抵抗を最適化した設計がされてるので、エコタイヤ同様に
「低燃費タイヤラベル」表示の対象となっている商品も少なくありません。

その一方で、高性能化するサルーンカー向けにハイグリップタイヤのコンセプトを導入しながら乗り心地を犠牲にしないようなプレミアムタイヤと呼ばれる最高級タイヤも存在します。

エコタイヤやコンフォートタイヤに関する現在の最安値はこちらのサイトをチェック

└→オートウェイ

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す