初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【日産 フェアレディZの歴史】初代から現行モデルまで全6世代

フェアレディZは日本を代表するスポーツカーとして1969年の発売以来、多くのファンに愛され続けてきましたが元々北米市場で開発・販売が企画されました。初代から現行までの全6モデルについて解説し、次期新型車となる「Z35型」についての最新情報をお届けします。

日産 フェアレディZ とは?コンセプトは50年たっても変わらず

フェアレディZは日産自動車が製造・販売する、日本を代表するスポーツカーの1台です。

1960年代にフェアレディZの開発・販売を企画したのは、米国日産の社長を務め、のちに「フェアレディZの生みの親」と慕われた片山 豊氏。同氏が語った「長距離を自由に移動できる高性能スポーツカー」は、現在のフェアレディZの開発コンセプトにも活かされています。

この記事ではフェアレディZとは何か?そして「全6モデル」を振り返り、次期新型フェアレディZ「Z35型」の最新情報をお届けします。

フェアレディZの源流 ダットサン・フェアレディとは

ダットサン・フェアレデー 1200

ダットサン・フェアレディは、日産自動車が製造しダットサンブランドで販売したスポーツカーでありフェアレディZの源流といえる車です。ダットサン・セダンをベースに作られた「ダットサン・スポーツ」の後継モデルに「フェアレディ」の名前が冠されることになります。

ダットサン・フェアレディは1959年に登場し、2世代まで進化。輸出も本格化したため、型式には左ハンドル(Left handle)を表す「L」が付けられています。(初代の表記は「フェアレデー」)

ダットサンと日産の歴史についてはこちら

車名「フェアレディZ」の由来

車名の「フェアレディ(FAIRLADY)」は貴婦人、「Z」はアルファベット最後の文字から「究極」を意味しています。

当時の日産自動車の川又社長がブロードウェイミュージカルの「マイ・フェア・レディ」に感銘を受け、車にも洗練されてゆく美しさを求めたといわれれています。

【1代目】フェアレディZ:S30型(1969〜1978年)

フェアレディZ(S30型)

初代フェアレディZは先代の「ダットサン・フェアレディ」に代わり、1969年にデビューした日産を代表するスポーツカーとして世界総販売台数55万台(国内販売は8万台)を達成した世界的にその名を轟かせ、とくに北米市場での人気は絶大でした。

初代フェアレディZは、2.0〜2.8Lの直列6気筒エンジンを搭載。ヨーロッパ車に匹敵するスペックと魅力的なボディスタイルでありながら、廉価であることが最大の武器でした。

歴代フェアレディZのアイデンティティといえば、「ロングノーズ・ショートデッキ」のボディ。フロントに直列6気筒エンジンを搭載したロングノーズに、キャビンとリアオーバーハングを最低限にとどめた、今では古典的とも言えるスタイルです。

【2代目】フェアレディZ:S130型(1978〜1983年)

フェアレディZ 280Z-T(S130型)

フェアレディZは最初のフルモデルチェンジを受け、1978年に2代目がデビューします。

1代目のロングノーズ・ショートデッキスタイルを継承しながらも、全長は空力特性の向上のため拡大。リアサスペンションはストラット式からセミトレーリングアームに変更され、燃料タンクとスペアタイヤ格納位置も後方へ移動しました。

初代を正常進化させた2代目フェアレディZは41万台を生産。国産初の乗用車用ターボエンジンとして開発された「L20ET搭載」のターボ車も投入された記念すべきモデルです。

【3代目】フェアレディZ:Z31型(1983〜1989年)

フェアレディZ 300ZX(Z31型)

3代目フェアレディZもロングノーズ・ショートデッキのコンセプトを引き継ぎつつも、エクステリアデザインは大きく変化しました。一番大きな変更点は、丸型ヘッドライトを当時流行していたセミリトラクタブルヘッドライトに変更したことです。

全グレードにV型6気筒ターボエンジンを搭載していましたが、後にターボを搭載した直列6気筒モデルが加わります。

1986年のマイナーチェンジでは、日産デザインインターナショナル(米国)のデザインによるエクステリアが採用され、300ZX / 300ZR(3.0L エンジン)を搭載モデルは大幅な意匠変更が施されます。累計生産台数は33万台です。

次のページ

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す