初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

エーモン静音計画特集!風切り音防止テープやロードノイズ低減プレートの効果や評価は?

「静音計画」は、カーライフ初心者向けのグッズを多数展開しているエーモン工業の静音グッズシリーズで、ロードノイズ低減プレートやスプレー、風切り音防止テープなどがあります。ドアやボンネット、エンジンルームなど各原因別に対策例を紹介しており、初心者にも解りやすく割とロングセラーなシリーズです。

エーモン静音計画とは?

エーモン静音計画とは、エーモン内の静音製品を取り扱った特集企画です。

エーモン工業株式会社は自動車や家のお手入れ、ケア用品を販売しています。公式ホームページ内では、人気のカテゴリごとに「◯◯計画」という名前の特集ページがあります。その中でも車の静音製品の特集が「静音計画」です。他にも、車の音響装備の特集「音楽計画」があります。

「エーモン静音計画」のページでは、ノイズの種類別に解決方法や対策商品を閲覧ですることができます。

走行中に発生する4つのノイズを解消!

エーモン静音計画では、以下4種類のノイズへの対策グッズが考案・販売されています。

1.風切り音
2.ロードノイズ(走行時のタイヤ付近から聞こえる走行する音)
3.ビビリ音・きしみ音
4.エンジン音

それぞれが発生する原因は異なるため、自分が気になるノイズに合わせた対策が必要となります。4種類の走行ノイズごとに、エーモン静音計画のおすすめ商品をご紹介します。

エーモン静音計画①:風切り音

ここでの風切り音とは、走行中に車内で聞こえてくる「ヒューヒュー」「ビュービュー」といった騒音をさしています。風切り音がひどい車両のドライバーは、運転中常にこの音を聞くことになり、かなり厄介です。

エーモン 静音計画 風切り音防止モール ドア用 ドア2枚分(約2.1m) 2652

アマゾンでベストセラー1位になっている同商品は、ドア周辺の風切り音防止に効果を発揮しするものです。4ドア車のセンターピラー付近、前後ドアの隙間に挟み込み、侵入する隙間からの風切り音を軽減できる構造になっています。ドア用のほか、バイザー用とボンネット用もあります。

取付施工は「ドアの端に挟み込ませるだけ」と誰でもできる施工で、お値段も手頃とお試しには最適です。なお、電動スライドドアでは使用できない場合があるようです。

エーモン 静音計画 風切り音防止テープ ドア2枚分 約4.3m 2650

こちらはドア付近やボディ側面へ貼り付けて密着性を上げ、走行時の風の巻き込みを軽減するアイテムです。取り付けは接着面をきれいにし貼り付けるだけで完了という、手軽に試せるものとなっています。

エーモン静音計画②:ロードノイズ

ロードノイズとは、車両が地面の凹凸を通ることにより発生する振動や共鳴が主な原因で聞こえる音です。「シャー」「ゴー」といった音で、TVの砂嵐画面のような音が近いでしょう。

エーモン 静音計画 タイヤハウス静音スプレー 480ml(タイヤハウス2箇所分) 2680

走行中の「ゴー」というロードノイズ音が気になる場合、タイヤと路面の摩擦音や衝突音が主な要因です。

この商品は、タイヤハウス(タイヤが収まっている部分)へスプレーすると吸着材が防振・防音の役目をし、室内への侵入を防ぐというものです。

以前はDIYでウレタンフォームを施工する方も多くいましたが、似たような効果が期待でき、施工も簡単なこの商品は優れものです。

エーモン 静音計画 ロードノイズ低減プレート

ネジとボディやサスペンションの間にワッシャーとして使用することで、振動の伝導を抑えるという合金素材です。
こちらの商品は現在Amazonのサイトで販売されていませんが、「制振ワッシャー」で検索すると他メーカーの同様の商品が見つかります。

ロードノイズが気になる方はこちらも

エーモン静音計画③:ビビリ音・きしみ音

ビビリ音・きしみ音とは、走行中の車内において、様々な部材が接触や振動により発する音のことです。「ブブブ」といった、ゴムやプラスチック類が発する音を指す場合が多いです。

エーモン 静音計画 ビビリ音低減モール ダッシュボード用 約1.5m 2676

ビビリ音・きしみ音は、部品のガタつきや隙間が要因となっていることが多いようです。過走行車ほど多くなりますが、新車でもまれにビビリ音を発する個体もあります。

ビビリ音低減モール ダッシュボード用は、ガラスとダッシュボードの合間にできる隙間を埋め、ダッシュボードのビビリ音を低減するためのアイテムです。

エーモン 静音計画 きしみ音低減テープ ドア・リアハッチ用 直径25mm 厚さ約0.2mm・12枚 2677

きしみ音低減テープ ドア・リアハッチ用は、ドアおよびリアハッチなど、ドア部を収容し固定するゴム部分に貼り付けるだけでビビリやきしみ音を対策するアイテムです。

エーモン静音計画④:エンジン音

エンジンは動力源のため少なからず騒音は発生します。あまりにも気になるようであれば、エンジンそのものの不具合の可能性がありますので、騒音対策ではなく整備や修理が必要です。

エーモン 静音計画 エンジンルーム静音シート 約720×1200mm 2670

エンジンルームからの音漏れを少しでも減らそうというアイテムです。
静音シートをボンネット裏へ貼り付け、音漏れを低減できます。

エーモン 静音計画 エンジンルーム静音シート ミニバン用 約450×1500mm 2671

こちらはサイズ違いの静音シートです。
ミニバン用とありますので、自分の車種に合わせて選ぶとよいでしょう。

エーモン静音計画の効果は?評価・口コミ

Amazonでのエーモン静音計画商品への評価・口コミをいくつかご紹介します。

【風切り音防止テープ】
「ドアがしまりにくくなった」
「経年劣化している車両では効果があり。室内の会話がよくできるようになった」

【タイヤハウス静音スプレー】
「タイヤハウス内へ施工したが効果なし。乾燥せずベタベタとしており汚れの原因になっている」
「水たまりで音軽減効果を感じた」

【ビビリ音低減モール】
「フロントガラス付近のビビリ音に効果あり。費用対効果が高い」
「施工後に別の場所からビビリ音がなっていることに気づくことができた。施工したが振動のせいか取れてしまった」

【エンジンルーム静音シート】
「ハイゼットやエブリィなどカーゴタイプの車両ではエンジンが運転席下にあり、室内への熱伝導が防げ遮熱効果もありかなり静かになった」
「ハイブリッド車ではあまり効果が感じられなかった。エンジン回転数が低いと効果が感じられない」

口コミを見ると、効果の感じ方は人や車によって異なるということがわかります。

テープやシートを車に取付けたことで、かえって車が汚れてしまったという声もあります。手軽に施工できるからこそ取れやすい/汚れやすいというのは、ある程度念頭においておきましょう。

しかし、大きな整備や施工作業が不要で、手軽な金額から試すことができるのが、エーモン静音計画の魅力。「故障ではないと思うので一度DIYで試せる商品で様子を見たい」という方には、強い味方です。

エーモン静音計画で快適なドライブを楽しもう!

エーモン静音計画の商品は特別な工具を必要とせずに始められるのが一番の魅力。騒音や振動を軽減したい方や、これからカーライフを始める方におすすめできます。

エーモン静音計画で気軽にDIYして、気になる騒音を軽減しましょう。なかなか改善されない場合は、騒音対策ではなく整備や修理が必要かもしれませんので、ディーラーや整備工場に相談してみてください。

その他おすすめのカー用品についてはこちら

MOBYではこれらの記事も人気です

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す