車の色で事故率が劇的に変わる!?ボディカラー別 事故率情報まとめ

車のボディカラーと事故の遭遇率は関係してるらしい?事故遭遇率ということは、大げさに考えると人生を変えてしまうかもしれません。ひょっとしたら汚れの目立たなさやデザインよりも重要かもしれません。調べてまとめてみました!車の色に悩んだら少しご参考に!

車の色と事故に関連する統計データは古いものしかない…

出典:http://goubookstyle.blogspot.jp/

<交通事故率の高い自動車の色>
順位・色・事故率%
1位 青 25%
2位 緑 20%
3位 灰色 17%
4位 白・クリーム色 12%
5位 赤・マルーン色 8%
6位 黒 4%
7位 ベージュ・茶色 3%
8位 黄・金色 2%
9位 その他 9%

出典:(資料)Eric P.Danger "Using Colour to Sell,"1968

この数字を参考にしているサイトが多いですが、1968年であり外国のデータですので、今とはあまりに状況が異なるかと…

数が一番多い白い車の事故率を1とすると、もっとも傷害事故が多いのは茶色で、2.1倍という結果が出た。

ついで黒が2.0倍、緑が1.8倍であった。青、黄、赤、灰色がそれぞれ0.9、0.8、0.7、0.6で、いずれも白い車より傷害事故率が少ないという結果がえられた。

出典:98年~99年、ニュージーランド、オークランド大学の研究結果によるデータ

99年、オークランド大学の研究データです。このデータを参考に言い切るサイトも多いのですが、どうでしょうか…

2つの研究結果を比較すると…事故に遭いやすい色から順番に

68年の調査 / 99年の調査
1位 茶 2.1  ▲1位 青 25%
2位 黒 2.0  ▲2位 緑 20%
3位 緑 1.8  ▲3位 灰色 17%
4位 白 1.0   4位 白・クリーム色 12%
5位 青 0.9  ▲5位 赤・マルーン色 8%
6位 黄 0.8  ▼6位 黒 4%
7位 赤 0.7  ▼7位 ベージュ・茶色 3%
8位 灰 0.6  ▼8位 黄・金色 2%
       9位 その他 9%

黒・茶色・青・灰色の順位が違いすぎるため、どちらも信ぴょう性が低いと感じました。

データは無く一般論で判断

レッド・イエロー・オレンジは?

暖色系は目立つので事故率は低い

出典:http://homepage1.nifty.com/

赤、黄、オレンジは人間の心理学的に、膨張色・緊張色・進出色とも言われ目立ち、近くにあるように見えるので、事故の確率は低くなるのではないか?

★★★しかし注意?★★★
レッドやイエローの車(例えばスポーツカー)をチョイスする人は若い、攻撃的な性格、または目立ちたい自己顕示欲の強い性格の可能性もあるため運転が雑だったりと、逆に事故が多いという意見も!

ホワイト・シルバーは?

白系の車は夜も目立つので事故率は低い

出典:http://www.goo-net.com/

白系、シルバー系は夜間でも目立ち、車全体での色の占める割合も高いので車と判別されやすく、事故率は低いのではないか?

★★★しかし注意?★★★
ホワイトは雪国では逆に雪に溶け込んでしまい、最も事故に合いやすいと言われているので注意です!

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す