初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ミニバンとステーションワゴンの違いは?1BOXと1.5BOXのメリット・デメリットも紹介

今もっとも売れているミニバンとステーションワゴンですが、定義が曖昧になっているミニバンとステーションワゴンの違いについて解説します。また、同じミニバンのなかでも1BOXと1.5BOXに分けられますが、それぞれのメリット・デメリットについても紹介していきます。

ミニバンとステーションワゴンの違いとは?

現在、自動車販売台数の多くを占めるミニバンとステーションワゴン。
「ミニバン」と「ステーションワゴン」はどちらも大人数の乗車定員と大積載量を誇る人気の高いカテゴリーですが、ミニバン風のステーションワゴンがあったり、ステーションワゴン風のミニバンがあったりと、その違いは曖昧です。
ミニバンとステーションワゴン、それぞれの定義から違いを明らかにしてみましょう。

バンは商用車(貨物車)ワゴンは乗用車

「バン」でおなじみの日産 NV350キャラバンは広い荷室が特徴

「バン」とは、「屋根付きの車」という意味の「キャラバン(Caravan)」を短縮したもので、その始まりはトラックの荷台に積んだ荷物を風雨から守るために屋根をつけた車両。貨物車を指すため、一般的には人が乗るようには設計されません。

一方の「ワゴン」は「車輪の付いた馬車の荷台」がその語源です。荷物を運ぶ商用バンの荷室の一部を座席化して定員数を増やした車がワゴンとされ、乗用性能と積載性能を確保してあればその形状は問いません。

しかし、今や「ミニバン」は乗用が主な使用用途となっています。対して、「ステーションワゴン」と同形状の「商用ライトバン」が存在したりと、それぞれの定義は非常に曖昧です。ミニバンやステーションワゴンの定義はどうなっているのでしょうか。

バンについて詳しくはこちら

家庭用のバンがミニバン

3列シートのミニバンはファミリーカーとしても人気(トヨタ ノア)

商用目的に造られた「バン」に座席を取り付け、一般家庭用の乗用車として改装したのがミニバンの原型です。現在では乗用性重視のミニバンを前提に開発され、商用バンと共通ボディとして使われるケースも珍しくなくなりました。

多くのミニバンは、3列シートを備えた6名以上の乗車定員を備え、頭上空間を広く確保するため全高の大きいボディが採用されます。
そのなかでも、完全箱型の1BOX形状のミニバンは荷室容量を重視した商用車ベース。安全基準の改正により生まれた、前席前にクラッシャブルゾーンを設けた1.5BOX形状のミニバンは乗用車ベースと判断することができます。

ちなみに、ミニという割に全幅1.8mを超える大柄なものまである「ミニバン」という名前は、アメリカにおけるフルサイズバンと比較して付けられた名前です。日本ではサイズにより「S(スモール)クラスミニバン」「M(ミディアム)クラスミニバン」「L(ラージ)クラスミニバン」と細分化されます。

1BOXカーと1.5BOXカー

1BOXカーとは

トヨタ ハイエースバン スーパーGL(2017年)

1BOXカーは、商用車をベースとして開発された初期のミニバンで多くみられた形状です。ボンネットがない完全箱型ボディが特徴です。運転席とエンジンを車の前端に追いやることで、スペース確保を最優先として造られています。

人よりも荷室を優先に設計されるため、運転者は窮屈な運転姿勢をとらされる場合があります。また、座席下にあるエンジンからは常に音と振動が伝わってくるため、乗員に対して快適とは言えない設計といえます。

メリット:
・全長に対して、室内空間を広く取ることができる。
デメリット:
・前席の足元スベースにゆとりがない。
・エンジンの音と振動が室内に入り込みやすくなる。

1.5BOXカーとは

ホンダ ステップワゴン スパーダ(2018年)

ステップワゴン スパーダ

© MOBY

1.5BOXカーとは、見かけは1BOXカーながら車体前部にエンジンを収める短いボンネットがある車のことです。エンジンルームと乗車スペースが隔離された2BOX形状のステーションワゴンと比べ、ボンネット長が半分ほどであることから1.5BOXカーと呼ばれます。

エンジンルームがあることで前面衝突時のクラッシャブルゾーンとして機能。またフロント側のボディ剛性を確保しやすい点から走行安定性にも貢献します。乗員の安全性と室内空間の確保をバランスさせた近年主流のボディ形状です。
既存のFF車のパワートレインを流用することも容易でコストダウンにもつながるため、1.5BOX形状のミニバンはFFレイアウトが主流になっています。

メリット:
・エンジンと室内空間を隔離することで快適性を確保。
・前面衝突時の乗員の安全性を確保。
・運転席のドライビングボジション確保が容易。
・パワートレイン流用によりコストダウンに貢献。
・1BOXに対してフロントまわりの剛性が高く、安定性を確保しやすい。
デメリット:
・1BOXに比べ室内長が短くなる。
・FFの場合、積載時のトラクション性能が低下。

1BOXカー、1.5BOXについて詳しくはこちら

全高が低いワゴンがステーションワゴン

全高が小さくても積載性は抜群のステーションワゴン(メルセデス・ベンツ Cクラス)

「ステーションワゴン」とは全高が小さいワゴン車を指します。

多くの場合、セダンのルーフを車体後端まで延長しハッチバックとすることで「ステーションワゴン」として販売されますが、「ワゴン」はもともと商用バンをベースにつくられたため、1BOXカーが主流といえます。「ワゴン」とはいいつつも、「バン」から派生した「ワゴン」とは別の成り立ちです。

また、ステーションワゴンは、イギリスをはじめとする欧州で「区画・屋敷」を意味する「エステート」と呼ばれることもあります。

ワゴンについて詳しくはこちら

ミニバンとステーションワゴンの違いは乗員数とドアタイプ

ミニバンとステーションワゴンの違いは、全高だけとは言い切れません。全高の小さいミニバンもあれば、背高なステーションワゴンも登場しているからです。
現行のラインナップでは、おおむね乗員数(シート数)とドア形状でその違いを分けることができます。

スライドドアで6人乗り以上ならミニバン

トヨタ アルファードは国産高級ミニバンのため、居住性重視の4人乗りもある

スライドドアとハイルーフを採用する6人乗り以上の車はミニバンと定義できます。

多人数が広く快適に過ごせる室内空間と、後部座席の乗降性を確保するために、ミニバンには主にスライドドアが採用されるのが一般的です。背高なミニバンのリアドアがヒンジドアでは、重く取り回しが悪くなるうえ、開口面積も確保できない点からスライドドアの方がはるかに使い勝手がよいといえるでしょう。

ただし、ミニバンの快適性能や積載性能に特化させるために特別仕様のミニバンが例外として存在します。

例えばホンダ フリードは、スライドレールを採用する3列シートの7人乗りですが、フリードをベース車とする「ホンダ フリード+」は、ラゲッジスペースを確保するために5人乗りとなっています。
また「トヨタ アルファード ロイヤルラウンジ」は、大柄なボディを4人乗りとすることで、上質な室内空間を提供するグレードです。

これらの車もベースがミニバンである以上、やはりミニバンとして定義されるべきでしょう。

スライドドアなしの5人乗りならステーションワゴン

ホンダ ジェイドは5人乗りと6人乗りがあるがステーションワゴン

5人乗りでヒンジタイプドアを採用するロールーフの車はステーションワゴンと定義できます。快適性能と積載性能に加え低重心による運動性能も重要な要素であるステーションワゴンに、大きく重いスライドドアを採用しては、そのよさをスポイルしてしまうでしょう。

ホンダ ジェイドのようにヒンジドアでも3列シート6人乗りの車がありますが、あくまでロールーフでヒンジタイプのドアを採用するため、これらはステーションワゴンとして扱われます。

次のページ