初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マクラーレン新型は「スピードテール」に!新型ハイブリッドスーパーカーの驚異の最高速度や価格は?

マクラーレンF1の後継車である新型ハイパーGTマシン「マクラーレン スピードテール」が正式発表!マクラーレン スピードテールの予測されるスペック、発売日、価格を解説します。マクラーレンF1を超える新型マクラーレン スピードテールの性能とは?

マクラーレン、開発中のハイパーカーを「スピードテール(スピードテイル)」に決定!

マクラーレン スピードテールのティザー

マクラーレンは2018年7月25日、開発中の新型ハイパーカーの名前を「スピードテール(スピードテイル)」と発表しました。スピードテールはマクラーレンの最強のGTカー「マクラーレン F1」の後継モデルです。

同車はこれまで「マクラーレンBP23」という名前で呼ばれていましたが、このたび正式にネーミング。公開されたティザー動画では「The Ultimate Hyper-GT」というコンセプトが強調されています。

マクラーレン スピードテールのスペック、価格、発売日を解説、予想します。

スピードテール(スピードテイル)のティザーが公開

スピードテールのコードネーム「BP23」とは

過去に公開されたマクラーレンBP23のデザインスケッチ

「BP23」とはコードネームであり、「べスポーク・プロジェクト2」の頭文字と、このモデルが3シーターであることを組み合わせたものです。

これは、かつてコクピットにフロントセンターが1シート、リアが2シートだったマクラーレンF1のような3シーター・モデルになるということを示唆しています。

マクラーレンについての記事はこちら

スピードテールの先代モデル「マクラーレン F1」とは?

マクラーレン F1

バタフライドアという特徴的な形状のドア

マクラーレンF1は、1993年から1998年まで生産・販売されたスーパーカーです。

BMW製の6064cc・水冷60度V型12気筒DOHCのエンジンを搭載し、最高出力627馬力以上を発生。フォーミュラーカーのF1マシン譲りのカーボンコンポジットで作られたモノコックボディが使用されています。

新車車両価格は5億円以上、オークションでは約15億円で落札されるなど、超高額マシンです。

マクラーレンF1は、そのパフォーマンスを多くのサーキットで発揮し、さまざまなレースで優勝を飾りました。全日本GT選手権や、1995年のル・マン24時間レースの総合優勝もした当時最強のGTカーでした。

マクラーレン スピードテールは、マクラーレンF1の後継モデルにあたり、最強のGTマシンというコンセプトや3シーターレイアウトなどを継承しています。

マクラーレン F1の3シート

マクラーレンF1の大きな特徴はシートです。前席は真ん中に運転席があるのみで、後部座席は運転席の両側斜め後ろに装備した3人乗りです。今までになかったシート配置に多くの人が驚かされました。

マクラーレンF1についての記事はこちら

車の「上がる」ドアについて詳しく知りたい方はこちら

最高速度は驚異の391km/L以上 !マクラーレンF1超えの歴代最速モデルに

マクラーレンF1

マクラーレン スピードテイルは、先代モデルのマクラーレンF1のスペックだけでなく、現在マクラーレンで最も高性能なマクラーレンP1のスペックを上回ることはほぼ確実でしょう。

P1は排気量3.8リッターV型8気筒ツインターボエンジンとモーターのハイブリッドシステムで916馬力を発揮します。これに搭載されている電気モーターは、最高出力179 PS、最大トルク260 N・mを発揮。バッテリーはリチウムイオン高密度バッテリーであり、プラグイン機器で充電ができるプラグインハイブリッドシステムとなっています。

スピードテイルには、このモーターとバッテリーが流用されると考えられます。マクラーレンは新開発の4.0L V8ツインターボを制作しており、これにP1のモーターを組み合わせる可能性も。最高出力はP1を上回り1,000馬力に到達すると考えられます。

最高速度についてはマクラーレンF1を上回る391km/h以上になる予定とのこと。スピードテイルがマクラーレン史上最速のGTカーになることは確実でしょう。

マクラーレン P1について詳しくはこちら

価格も超弩級?1億超えは確実か

マクラーレン スピードテイルの価格は250万ドルで、日本円で2億7700万円にもなると言われています。これは、パガーニ ウアイラ、ブガッティ シロンと同じ価格帯です。

先代モデルとなるマクラーレン F1の販売価格は1億円超と言われていました。スピードテイルはその価格以上になることは確実でしょう。

パガーニ ウアイラに関連する記事はこちら

ブガッティ シロンの最新情報についてはこちら

発売日は2019年を予定しているが……

マクラーレン F1

マクラーレン スピードテールは、2019年に出荷されることがすでにマクラーレンから発表されています。ワールドプレミアは2019年ジュネーブモーターショーと予想します。

限定106台はすでに完売済み!

マクラーレン スピードテールは106台生産されることが決まっていますが、すでに全車が予約済みです。開発スタートが発表されたのが2017年ですから、2年先の車がすでに完売ということに驚かされます。

世界のハイパーカーをみれば、ブガッティ シロン、ケーニグセグ レゲーラ、パガーニ ウアイラといった億単位のプライスがついたハイパーカーが続々と登場しています。マクラーレン スピードテールは、スペックや価格でこれらを上回ることができるのでしょうか。

マクラーレンだけあってサーキットのレースでは優勝争いに加わることができるでしょう。登場が楽しみです。

マクラーレンの新型車に関連するおすすめ記事はこちら

マクラーレン スピードテイルのライバルとなるハイパーカーについてはこちら

スーパーカーに関連する記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す