初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

普通免許で公道を走れる電動バイク・スクーター特集!ヤマハやホンダが人気?折りたたみタイプや中古車価格についても

普通免許で乗れる電動バイクについて詳しくまとめました。電動バイクは原動機付きの車両であり、公道で乗るには免許が必要です。とはいえ、普通免許をお持ちの方なら、別途免許を取得することなく、一部の電動バイクに乗ることができます。どのような電動バイクが普通免許で乗れるのか、本文で詳しく見ていきましょう。電動バイクの種類や人気モデルについても触れるので、ぜひチェックしてみてください。

普通免許で乗れる電動バイク・スクーターとは?

車やバイクの環境性能が重視される昨今、次世代の乗り物として電動バイク(スクーター)が注目を集めています。電動バイクとは、電気モーターを動力とする二輪車のこと。世界各国では電動バイクの普及が進んでおり、とりわけ中国では庶民の足として重宝されています。

もちろん日本の公道でも、電動バイクに乗ることは可能です。しかも一部の電動バイクは、普通免許があれば公道で運転できます。

普通免許で乗ることができるのは、原付一種扱いの電動バイクです。より具体的にいうと、出力0.6Kw以下で道路運送車両法が定める保安基準を満たし、原付一種として登録が完了したバイクであれば普通免許で運転できます。

一方、原付一種として登録できないバイク(ナンバーを取得できないバイク)は、公道を走行できません。たとえば、キックスケータータイプの電動バイクは椅子がないため原付一種として登録できませんし、ナンバーを取得できないため公道を走行すると道路交通法違反となります。

少し難しい話になりましたが、普通免許で乗れる電動バイクはバイクショップやネット通販で簡単に手に入りますし、原付一種としての登録手続きも難しくありません。次節からは、電動バイクのメリット・デメリット、おすすめのモデルなどを詳しく見ていきましょう。

普通免許で乗れるバイクについてこちらの記事もご覧ください

電動バイクのメリット・デメリット

電動バイクには、エンジンで走るバイクにはないメリットがあります。その反面、電動バイク特有のデメリットもあるので要注意。電動バイクのメリットとデメリットを、順番にチェックしてみましょう。

メリット

・地球環境と住環境にやさしい
・自宅で充電できる
・燃料代が安い

エンジンバイクと比べて、電動バイクは地球環境と住環境にやさしい乗り物といえます。ガソリン車とは異なり、電動バイクは排気ガスを一切排出しません。また、エンジン車のように排気音が出ないため、深夜や早朝の住宅街でも騒音を気にせずに走行できます。

自宅で充電できる点も、電動バイクのメリットの1つです。多くの電動バイクは、本体からバッテリーが取り外せるようになっています。取り外したバッテリーは、家庭用コンセントで充電することが可能。電動バイクなら、ガソリンスタンドで給油する手間がかかりません。

燃料代の安さも電動バイクのメリットです。カタログ値で29Kmまで走行できる電動バイクの場合だと、満充電しても電気代は14円ほどで済みます。ガソリン1.0Lぶんの電気代(140円前後)で290Km走れると考えると、かなり経済的です。

デメリット

・エンジン車と比べてパワーが劣る
・1度の充電で走れる距離が短い
・インフラが整っていない

現状では、電動バイクの多くはエンジンバイクよりパワーが劣っています。たとえば、4ストロークエンジンを搭載する原付バイクの最高出力は、3.3kW[4.5PS]前後。これに対し、大手メーカーの電動バイクの最高出力は1.2kW[1.6PS]程度と非力です。

航続距離(一度の充電で走れる距離)の短さも、電動バイクのデメリットといえます。多くの電動バイクは、1回の満充電で20〜100Km程度しか走れません。バッテリーを大容量化すれば航続距離は伸びますが、販売価格が高額になってしまいます。

充電のためのインフラが整っていない点も、電動バイクのデメリットです。電動バイクのバッテリーを出先で充電するには、長時間専有できるコンセントが必要。職場や学校などで自由にコンセントを使える方以外は、外出先での充電は難しいといえます。なお、電動バイクのバッテリーは、電気自動車用のEVステーションでは充電できません。

……と、以上のように電動バイクにはデメリットもあります。とはいえ、新世代の乗り物がもつ課題は技術の発達とともに解消されていくはずです。次節からは、現在販売されている電動バイクについて、詳しく見ていくことにしましょう。

電気自動車の関連記事はこちら

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す