初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ナンバープレート再発行に期間や費用はどのくらいかかる?必要書類から手続き方法まで

ナンバープレートの文字・数字が認識しづらい状態(ハゲ・折れ曲がり・破損・汚損など)、紛失・盗難、毀損(きそん)した場合には、ナンバープレートの再交付が可能です。再交付の際、状態によっては新ナンバーでの再発行になります。ナンバープレートの再発行にかかる期間・費用・必要書類などについてまとめました。

ナンバープレートの再発行が必要なケースとは?

ナンバープレートは公道を走行する車の前後に取り付けられており、そのナンバーは「自動車検査証(車検証)」の左上に記載されている「自動車登録番号(または車両番号)」と一致しています。

このナンバープレートにある文字・数字が洗車・経年劣化によって塗装が剥がれて認識しづらくなっていたり、事故・イタズラなどによって折れ曲がったり、破損・汚損し認識しづらい場合にはナンバープレートの再発行を受けることができます。

ナンバープレートの文字・数字が認識しづらい状態のまま公道を走行すると、懲役刑や罰金刑に処せられる場合がありますのでナンバープレートの状態には日頃から注意が必要です。

同一ナンバーでの「ナンバープレート」再発行

ナンバープレートの文字・数字が認識しづらい状態(ハゲ・折れ曲がり・破損・汚損など)でも、すべての文字・数字が読み取ることが可能で、前後2枚のナンバープレートが返納できる場合は「同じナンバー」でナンバープレート1枚もしくは2枚の再発行が可能です。

新しいナンバーでの「ナンバープレート」再発行

ナンバープレートを紛失・盗難、毀損(きそん)し、2枚のナンバープレートが返納できない場合は、番号を変更して新しいナンバーで再発行します。

新しいナンバーの再発行では「四桁の数字」を希望ナンバー制を利用してナンバーを選ぶことが可能です。希望ナンバー制については下記の記事を参考にしてください。

希望ナンバーに関する記事はこちら!

ナンバープレートの再発行にかかる費用は?

ナンバープレート再発行の費用
種類枚数軽自動車普通自動車
ペイント1約750円約750円
2約1,500円約1,500円
字光式1約2,400円約1,500円
2約4,800円約3,000円
希望ナンバー(ペイント)1約2,100円約2,100円
2約4,200円約4,200円
希望ナンバー(字光式)1約3,300円約2,700円
2約6,500円約5,400円
備考:費用は都道府県によって異なります

ナンバープレートの再発行にかかるナンバープレート代は、「ペイント / 字光式」「枚数」「軽自動車 / 普通自動車」によって異なります。

またナンバープレートの再発行(同一ナンバー/新しいナンバー問わず)により、100円程度の申請料(もしくは手数料)が発生します。

ナンバープレート代は都道府県によって若干の価格差がありますので、詳しくは管轄の運輸支局・軽自動車検査協会などに問い合わせて確認してください。

ナンバープレートの再発行に必要な書類と手続き方法

「同一ナンバーでのナンバープレート再発行」に必要な書類
書類入手先軽自動車普通自動車
1)車検証写し
2)番号標再交付申請書軽自動車検査協会-
2)自動車登録番号標再交付申込書陸運局-
3)ナンバープレート古いナンバープレート(2枚)
「新しいナンバーでのナンバープレート再発行」に必要な書類
書類入手先軽自動車普通自動車
4)車検証
5)理由書(車輛番号標等未処分理由書)ダウンロード可
6)軽自動車税申告書軽自動車検査協会-
6)自動車税申告書陸運局-
7)自動車検査証記入申請書軽自動車検査協会-
7)手数料納付書陸運局-
8)ナンバープレート古いナンバープレート(ある分)
備考:理由書(返納できない旨および警察署名・届出日・受理番号の記載、所有者または使用者の記名および押印もしくは署名)

ナンバープレートの再発行に必要な書類は陸運局、軽自動車検査協会にて入手できますので、車検証(もしくは写し)とナンバープレートを忘れないようにしてください。

同一ナンバーでの「ナンバープレート」再発行手続き

ナンバープレートの再発行の手続きは各窓口に出向き行います。
 普通自動車:運輸支局 / 検査登録事務所
 軽自動車:軽自動車検査協会

<手続き>
 ・上記表の書類 2)を記載し、1)と一緒に窓口に提出する
 ・承認を受けた1)、2)を交付代行者窓口へ提出し「交付手数料」を支払う
   *交付代行者窓口は支局・登録事務所に隣接しています
 ・交付代行者より「自動車登録番号標再交付引換証」を受け取る

  (ナンバープレート制作)

 ・ 交付可能期間中に交付代行者へ「自動車登録番号標再交付引換証」と3)返納するナンバープレートを持参し、新しいナンバープレートを受け取る

普通自動車にはリアのナンバープレートに封印が必要なので、新しいナンバープレートを取り付けた後に陸運局で封印作業をする必要があります。

軽自動車は封印がありませんのでナンバープレートを取り付けて完了です。

新しいナンバーでの「ナンバープレート」再発行手続き

ナンバープレートが2枚揃わない場合は、新しいナンバーの再発行となり同一番号での再発行とは書類が異なります。

理由書(車輛番号標等未処分理由書)を記載しますが、盗難の場合は事前に警察署に届けて証明書を発行してもらい、「届出警察署」「届出年月日」「受理番号」を理由書に記載します。

後の手順は同一番号での再発行と同様で、必要な書類に記載して窓口に提出して手続きしてください。

普通自動車の場合リアのナンバープレートを封印するために対象車を持ち込む際は、ナンバープレートが破損・紛失しているので仮ナンバーを取得して自走するか積載車で対象車を運搬します。
仮ナンバーの申請・取得方法は下記の記事を参照してください。

仮ナンバーについてはこちら

ナンバープレートの再発行にどれくらいの期間が必要?

カレンダー 日程 発売日

©Shutterstock.com/ Laborant

ナンバープレートの再発行申請が受理された後に1枚ずつ注文製作しますので、製作には「ペイント」で4〜5営業日(土日・祝日は除く)、「字光式」で7営業日程かかりますので余裕をもって申請しましょう。


自分でナンバープレートの再発行を手続きする時間がない方・面倒くさいという方には、民間の代行サービスを利用する方法もありますが、自分で再発行するための必要書類の他に委任状や印鑑が必要となり、費用はナンバープレート代以外に「代行手数料」が掛かります。

代行手数料はナンバープレートの枚数や代行内容(普通自動車のリア ナンバープレートを封印のために、対象の車を陸運局まで運ぶなど)、業者によって差があり約6,000〜30,000円程掛かるようです。

代行サービスの詳細についてはインターネットで検索すれば、すぐに見つけることができますので、お近くで利用できる代行サービス業者を探してください。

ナンバープレートの数字の意味は?

ナンバープレート人気ランキング

色々なデザインのナンバープレートについてこちらも必見

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す