初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ハリアー総まとめ!特徴・口コミ評価・燃費・中古車価格・比較など

トヨタ自動車が贈る高級クロスオーバーSUVのハリアー。1997年のハリアー発売以降、各国のメーカーからハリアーの後追いモデルが多数発売されました。そんなハリアーも時代の流れに乗って、現在はハイブリッドハリアーに変化し、その燃費性能と価格にも変わってきています。そこで今回は2015年モデルのトヨタ新型ハリアーの燃費・値引き価格・性能・口コミ・評価などを紹介させていただきます。ハリアーこそ、SUVの王道です!

ハリアーってどんな車?

ハリアーの基本情報

トヨタ ハリアー 3代目

トヨタ ハリアーは1997年に初代モデルが発売されました。
当時はまだ浸透していなかった”高級クロスオーバーSUV”ジャンルの、先駆車です。最大の特徴は、その洗練された美しさを湛えるエクステリア。

ラグジュアリーSUVとも称されるハリアーは、見た目にもわかる通り、艶めくボディとプレミアム感で、高級車志向のドライバーたちを沸かせています。

ハリアーは高級セダンの乗り心地と快適性を備えたクロスオーバーSUVとして開発されました。

クロスオーバーSUVとして新たな市場を開拓し、その衝撃はメルセデスベンツのMクラスやBMWのX5など海外メーカーから追従モデルが量産されるほどでした。

2013年から販売されている現行モデルは3代目となります。

新型ハリアー試乗レビュー記事はこちら

おすすめのSUVについて詳しくはこちら

トヨタの人気車種について詳しくはこちら

ハリアー エンブレム

@18harry30がシェアした投稿 -


名前の由来はタカ科の鳥「チュウヒ」の英名「HARRIER」からとられました。

エンブレムもチュウヒをモチーフにデザインされています。

ハリアーの特徴

ハリアーの溢れる高級感

トヨタ ハリアー

高級クロスオーバーSUVというジャンルの先駆けとして生まれたハリアーは、全体から高級感が漂っています。

メッキパーツが多用されたボディに下品な派手さは無く、上品で上質な印象を与える仕上がり。
猛禽類を思わせる鋭い眼光のLEDヘッドランプからは、妖しささえ感じられます。

できる大人にピッタリな高級車、それがハリアーです。

上質のインテリア

トヨタ ハリアー 2015年 内装

内装も最高の品質で仕上げられており、ステッチの施されたインパネは一目見て高級車とわかるゴージャスさを醸し出しています。

使い易さを追求して設計された運転席は、ドライブを快適なものにしてくれるはずです。

トヨタ ハリアー 2015年 内装

合皮と本革から選択できるシートの座り心地は良く、肩周り、膝周りのスペースも広く確保されています。

大人4人が乗っても十分な広さと室内高があるので、長時間のドライブでも疲れません。

ステップ位置は低めで、乗降性も良好です。

大容量のラゲッジスペース

トヨタ ハリアー 2013年 ラゲージスペース

通常状態でも大容量のラゲッジスペースは、リアシートを倒すことで更に広いフルフラットな空間が出現します。

サーフボードなどの長物を詰めるので、レジャーにも最適です。
ベッドや寝袋を敷けば車中泊にも使えます。

また、アンダーラゲッジスペースもあり、工具やかさばる小物など様々な物を収納できて非常に便利です。

ハリアーの安全装備

プリクラッシュセーフティシステムについての動画です。 進路上の障害物(先行車など)と衝突する可能性が高いと判断した場合、ドライバーに警報ブザーなどで知らせ、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストが作動してブレーキの性動力を高めます。

インテリジェントクリアランスソナー(ICS)についての動画です。

インテリジェントクリアランスソナーはアクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突事故を緩和し、被害の軽減に寄与するシステムです。

ドライブスタートコントロール(DSC)についての動画です。

ドライブスタートコントロールはシフト操作時における急発進の抑制や衝突時の被害軽減に寄与するシステムです。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す