初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【マツダ ユーノス500 総合情報】中古車選びの注意点と20GT‐iやデザインなど

ノスタルジックな雰囲気を感じさせるネオ・クラシックカーのマツダ ユーノス500。完璧といわれるプロポーション、V6エンジンの静かなフィーリング、上質な内装などが多くの人の目を惹きつけます。今も高評価のマツダ ユーノス500の中古車選びの注意点やデザインなどについてお届けします。

ネオ・クラシックカー「ユーノス 500」とは?

マツダ ユーノス500

ユーノス500は日本、香港、オーストラリア、ヨーロッパで販売されていた、ユーノス初の4ドアセダンです。(ユーノスブランドがなかったヨーロッパでは、「Xedos 6(クセドス 6)」として販売)

今ではネオ・クラシックカーとして人気のある、マツダ ユーノス500の魅力から、グレード、中古車情報まで総合情報をまとめました。

ユーノスとは?

ユーノスとは、マツダのプレミアムブランドの位置づけで、1989年から1996年まで展開されたブランドです。

当時のマツダは、メーカーの販売網をより広げていくために販売チャンネルの多角化を進め、「マツダ」「アンフィニ」「ユーノス」「オートザム」「オートラマ」という5つの販売店ブランドを立ち上げました。

ユーノスはハイブランドとして、今回取り上げた「ユーノス500」や、今もなお人気の「ユーノス ロードスター」、輸入車のシトロエンAX、ZX、BX、XMなどをラインナップしていました。

ユーノスの他モデルについてはこちら

ロングノーズ・ショートデッキの個性的な外装デザイン

マツダ ユーノス500

マツダ ユーノス500は、ネオ・クラシックを感じさせるロングノーズ・ショートデッキのボディデザインです。全体的に流れるような曲線を活かしたスタイリングは、玄人を唸らせる個性的な外装と言えるでしょう。

5ナンバーサイズを思わせないフロントの精悍さや、計算された緻密なフォルムと、他を圧倒する美しいボディーラインがユーノス500の最大の売りとなっています。また、新しく特許技術となった「ハイレフコート塗装」が採用され、耐久性が高く、鏡面のように輝く仕上がりとなり、よりいっそうデザインを引き立てています。

5ナンバーについて詳しくはこちら

当時としては先進的な内装で個性を発揮

マツダ ユーノス500の内装は、外装と同様に曲線を活かした、当時としては先進的なデザインでした。エアコンなどのスイッチをやや運転席側に配置したことで、まるでコクピットのような遊び心のある見た目に。また、グレード問わずモノトーンで統一され、インテリアの質感も高く、5ナンバーとは思えない質感です。

マツダ ユーノス500のスペック一覧|V6もラインナップ

マツダ クセドス6 (ユーノス500)

エンジンスペック一覧

マツダ ユーノス500 エンジンスペック一覧表
1.8L V61.8L 直42.0L V6
エンジン種類V型6気筒DOHC直列4気筒DOHCV型6気筒DOHC
排気量1.8L1.8L2.0L
最高出力103[140]/ 7,00085[115]/ 5,500118[160]/ 6,500
最大トルク157[16.0]/ 4,500157[16.0]/ 5,500179[18.3]/ 5,500
トランスミッション4AT/5MT4AT4AT/5MT
駆動方式FFFFFF
使用燃料ハイオクハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

マツダ ユーノス500のV6エンジンには1.8Lと2.0Lがあり、ややトルクは細いものの、よく回る心地よいフィーリングが特徴です。また、V6エンジンの大きな特徴である静粛性も備えており、上品な乗り心地。後期には、最大出力を抑え燃費の向上やコストダウンに寄与する1.8L直4エンジンも新たに設定されました。

ATとMTの燃費比較

燃費のカタログ値は、10・15モードで10.4km/L~13.8km/Lです。幅が大きいのはATとMTのミッションの違いによるもので、1.8L V型エンジンの場合ATが11.4km/LでMTが13.8km/Lになっています。
また、2.0L V型エンジンになると、ATが10.4km/LでMTが12.0km/Lとなっています。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!