インパネ(ダッシュボード・タコメーター)がかっこいい車まとめ|スーパーカーや幻の名車など

インパネ(ダッシュボード・タコメーター)は最もドライバーの目に触れるパーツの一つ。見る頻度の高いスピードメーターは特に各メーカーがデザインに拘りがあるようです。ここでは、デザイン性の高いと思われる車種をまとめて紹介します。

インパネとは

出典:http://inpane.seesaa.net/

インパネとは、「インストルメントパネル」の略称です。車の運転席周りに設置されているスピードメーターやタコメーター、その他の操作スイッチの事を指します。

本来はメーターまわりのみをあらわす言葉でしたが、最近では助手席の方まで含めた全体を指すようになりました。

今回は、インパネがかっこいい車をご紹介していきます!

▼ランボルギーニ・アヴェンタドール

アヴェンタドール

アヴェンタドール

出典:http://www.lamborghini.com/

最初に紹介するのはランボルギーニ アヴェンタドールです。
ランボルギーニのインパネ周りは総じて戦闘機のコックピットのようです。

一度は運転席に座ってみたいですね。

▼アウディTT

アウディTT

バーチャルコックピット

アウディTTは、アウディが製造・販売する人気クーペです。新型アウディTTは、インパネに「アウディバーチャルコックピット」と呼ばれる最新の機能を搭載しています。

この機能では、通常のスピードメーターやタコメーターに加え、ナビゲーションシステムやインターネット操作、通話機能などの情報を全て運転席前の液晶画面に表示します。ドライバーは視点を変えずに様々な動作を行うことができるため、安全対策にもつながっています。

▼レクサスIS F-SPORT

レクサス IS-F SPORTは、レクサスが販売する4ドアセダン「IS」のスポーツバージョンです。「IS F」とは異なり、スポーティな雰囲気を持ちつつも、実用性を高めたモデルです。

IS F SPORTはF SPORT専用メーターが設けられています。マルチインフォメーションディスプレイの操作をした際には電光式のメーターリングが横にスライドして情報を表示してくれます。

またメーター類の操作は全てステアリングに装備されているスイッチで行うことができます。

▼ジャガーC-X75

C-X75

C-X75

ジャガーC-X75は、ジャガーによって制作されたものの、市販化されることがなかったスーパーカーです。

ブガッティ・ヴェイロンマクラーレンP1などの超スーパーカーレベルの走行性能に加え、トヨタ プリウス並の環境性能が期待されていましたが、結局市販化されることはありませんでした。

そんな幻のスーパーカーのメーター周りは近未来的かつ独創的でありながら、高い視認性を保持しています。

▼ホンダCR-Z

CR-Z

メーターパネル

出典:http://minkara.carview.co.jp/

CR-Zは2010年に本田技研工業から発売されたハイブリッドスポーツカーです。
低燃費と走行性能を実現しつつ、低価格に抑えられた次世代型スポーツカーで
す。

CR-Zのメーターパネルは、タコメーターが中央に配置され、スピードメーターはタコメーターの中心にデジタルで表示されます。ブルーのネオンが特徴的ですね。

どんどん進化していくダッシュボードまわり

運転席を中心にどんどん進化が進んでいますね。今回は、運転席正面のインパネに焦点を絞りましたが、今後もダッシュボード周りは「より便利に、より美しく、よりクールに」なっていくと考えられます。

今後もどのような魅せ方をしてくれるのか楽しみですね。

関連するおすすめ記事