初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【道路交通法】駐車禁止標識の範囲はどこまで?画像で詳しく解説

駐車禁止 標識が効果をおよぼす範囲について、画像つきで詳しくまとめました。標識の効力は意外と遠くにおよぶ場合があります。駐車違反の取り締まりを防ぐには、駐車禁止 標識が適用される区域や時間、休日の取り扱いといった交通ルールを補助標識で判断することが肝要です。駐車禁止 標識の見方を理解すれば、ドライバーとしてのマナーが身につきます。駐車禁止 標識について学んでみてください。

きちんと押さえておきたい駐車禁止 標識の見方


© MOBY

駐車禁止標識がもつおおむねの意味は、多くの方がご存知のはず。他方、標識の有効範囲となると、詳しく知っている方は意外と少ないものです。

駐車禁止 標識の範囲を把握していないと、駐車違反で取り締りを受ける可能性があります。また、駐車した車が交通の妨げとなり、多数の方に迷惑をかけてしまうかもしれません。

交通標識についての理解を深めることは、ドライバーの義務といえます。駐車禁止 標識の効果がおよぶ範囲や標識の見方などを、詳しく見ていきましょう。

駐車禁止 標識の基本を画像で確認

車の駐車を禁止する標識には、「駐車禁止」と「駐停車禁止」の2種類があります。ごく基本的なことですが、2つの標識の見分け方と、標識が示す意味を確認しておきましょう。

駐車禁止の標識

駐停車禁止の標識

青地に斜線が1本入っている標識が駐車禁止標識、同じく青地に交差する2本の斜線が入っている標識が駐停車禁止標識です。

駐車禁止標識が立っている道路では、車両を駐車できません。駐車とは、なんらかの理由で車両が継続的に停止することを指します。5分以内の荷物の積み卸しや人の乗り降りであれば、駐車とは見なされません。ただし、5分以内であっても、ドライバーが直ちに車両を運転できない状態にある場合は駐車と見なされます。

駐停車禁止標識が立っている道路では、車両の駐車および停車ができません。停車とは、車両を停止させる行為のうち、駐車以外のものを指します。停車が禁止されている道路では、5分以内に済む人の乗り降りのためであっても、車を停止させることができません。

駐車禁止違反の罰則

駐車禁止や駐停車禁止で取り締りを受けると、罰則が科せられます。罰則の内容は、違反点数の減点と反則金の徴収です。減点される点数および反則金の額は、取り締りを受けた時点でのドライバーの状態によって変わります。まず、車をすぐに運転して動かせる状態で取り締りを受けた場合の罰則を見てみましょう。

・駐車禁止場所に駐車した場合・・・違反点数=1点 / 反則金=10,000円
・駐停車禁止場所に駐停車した場合・・・違反点数=2点 / 反則金=12,000円

車をすぐに運転して動かせない状態で取り締りを受けた場合は、車両の放置と見なされて上記よりも厳しい罰則が課されます。

・駐車禁止場所に駐車した場合・・・違反点数=2点 / 反則金=15,000円
・駐停車禁止場所に駐停車した場合・・・違反点数=3点 / 反則金=18,000円

なお、エンジンをかけていたり、ハザードランプをつけていたりしても、ドライバーが車を離れていると車両の放置と見なされます。ちょっとした買い物で店舗に入るような場合でも、駐車禁止の場所に車を放置しないようにしてください。

駐車禁止の罰則についてこちらの記事もご覧ください

駐車禁止の範囲は補助標識でチェック

駐車禁止標識の効力がおよぶ範囲は、「補助標識」で確認できる場合があります。補助標識とは、メインの標識(=本標識)の内容を補足するための標識です。

駐車禁止の範囲を示す補助標識には、矢印が描かれたものと、文字が書かれたものの2種類があります。まず、矢印が描かれたタイプのものを、画像でチェックしてみましょう。

区域の始まりを示す補助標識がついた標識

区域の終わりを示す補助標識がついた標識

上の画像の補助標識は、駐車禁止区域の始まりを示しています。下の画像の補助標識が示しているのは、駐車禁止区域の終了地点です。上記のほか、矢印タイプの補助標識には、その地点が駐車禁止区域内であることを示すものもあります。

もちさん(@daaaaaaamochi)がシェアした投稿 -

以上の矢印によって示された範囲内では、車両を駐車することができません。続いて、文字で範囲を示すタイプの補助標識をチェックしてみましょう。

Jim SUEHIROさん(@sueh168jime)がシェアした投稿 -

文字で表示される補助標識には、ひらがなで「ここから」「ここまで」と表記されたものや、「区域ここから」「区域ここまで」と表記されたものがあります。また、駐車禁止区域内は、「区域内」の補助標識で示されます。

adachi.kさん(@mopetton)がシェアした投稿 -


駐車禁止区域の始点あるいは区域内を示す標識を見かけたら、区域の終点を示す標識が現れるまでは路上駐車ができないと思ってください。

補助標識がない標識の範囲は?

駐車禁止標識には、補助標識をもたないものも少なくありません。こうした標識を見て、「どこまでが駐車禁止の範囲なのかわからない」と、困惑する方も多いことでしょう。

結論からいうと、補助標識のない駐車禁止 標識の効力は、その標識がある区間もしくは区域全体におよびます。標識の周囲だけが駐車禁止というわけではありませんし、交差点によって標識の効力が消えることもありません。

また、標識の裏側しか見えない(=標識の内容がわからない)位置であれば駐車できる、といったルールは存在しないのでご注意ください。補助標識のない駐車禁止標識の効力は、基本的に区間の終わりを示す補助標識が現れるまで続きます。かなり広い範囲を、1本の駐車禁止標識でカバーしている区域も存在するので要注意です。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す