初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【フェラーリ BB】365GT4 BBから512BBiの中古車相場価格やスペック

フェラーリBBは、スーパーカー世代の人達にとってはアイドルであり憧れの車の1台でしょう。 BBシリーズは約10年に渡り3つもモデルが生産されましたが、その生産数はさほど多くなく今では希少価値のあるモデルとなったBBシリーズの、中古相場価格やスペックをまとめました。

フェラーリBBとは?

フェラーリ 365GT4BB(1971年)

フェラーリ BB(ベルリネッタ ボクサー)は、1973〜1983年に製造されたフェラーリのフラッグシップで、12気筒エンジンをミッドシップに搭載して後輪を駆動するスポーツカーです。

フェラーリ BBは10年間の間にエンジン排気量の拡大、マイナーチェンジにて3つのモデルが存在します。

 ・365GT4 BB(1973〜1976年)
 ・512BB(1976〜1981年)
 ・512BBi(1981〜1983年)

車名にあるBBは「Berlinetta Boxer」の略で、「Berlinetta=高性能クーペ」「Boxer=水平対向エンジン」を表しています。

1970年代後半の「スーパーカーブーム」では、フェラーリ BB(365GT4 BB/512BB)の最高速度302km/hと、ランボルギーニ カウンタック LP400の最高速度300km/hで競い合い人気を二分化し、少年達に人気が高い車の1台として憧れの対象でした。

ランボルギーニ カウンタックについてはこちらから!

水平対向12気筒エンジンの真実

フェラーリ 365GT4 BB:180°V型12気筒エンジン

フェラーリ BBのエンジンは「水平対向12気筒エンジン」と記載されていることが多いのですが、正確には「180° V型12気筒エンジン」です。

水平対向エンジン/ 180° V型エンジンは、クランクシャフトの左右にシリンダーが水平配置され、ピストンの動作がボクサーのパンチのように動くことからどちらも「ボクサー エンジン」、または「フラット エンジン」と呼ばれますがエンジンの外観からどちらかを判断することは困難です。

「水平対向エンジン」は、クランクシャフトの左右で対になるピストンがクランクシャフトに固定されるクランクピンの位相が、180°ずれて別々に別に固定されており、左右ピストンは「圧縮/排気」が同じタイミングで行われます。

「180° V型エンジン」は、左右で対になるピストンがクランクシャフトの同じクランクピンで固定されていることから同位相となり、片方のピストンが「吸気」、片方のピストンは「排気」の位置となっています。

ザ・スーパーカー「ベルリネッタ ボクサー」シリーズ

初代12気筒ミッドシップ「365GT4 BB」

フェラーリ365GT4BB(1971年)

フェラーリ 365GT4BB(1971年)

フェラーリ365GT4 BBは1971年に開催された「トリノ ショー」にてピニンファリーナのブースにて発表、1973〜1975年に387台が生産されており、最大の特徴はF1直系の新型12気筒ボクサーエンジンをミッドシップにレイアウトしたことです。

車名の数字「365GT4 」はフェラーリの慣例の一つにしたがって1気筒あたりの排気量「365cc」/ カムシャフトの数「4」を表しています。

エクステリアの特徴は 2灯のリトラクタブルヘッドライトと片方に3個あるコンビネーションリアライト、そして計6本になるエキゾーストパイプです。

排気量拡大して進化「512 BB」

フェラーリ 512 BB(1976年)

フェラーリ 512BBは、1976年に開催された「パリ モーターショー」でデビューし929台が生産されました。

一番大きな変更は、V型12気筒エンジンの排気量を5Lに拡大し先代 365 GT4/BBよりも低回転域からトルクと出力を発生し、加速が滑らかになった新型エンジンです。

エクステリアでは、チンスポイラーの追加、エンジンフードのでサイン変更と、テールランプが片側2灯になりエキゾーストパイプも左右2本になりました。

インジェクション仕様の最終型「512 BBi」

フェラーリ 512 BBi(1981年)

フェラーリ 512BBi(1983年)

512BBiは1981年に開催された「フランクフルト モーターショー」で発表された512BBのマイナーチェンジモデルで1007台が生産されました。

車名に「i」が付いた意味は、燃料噴射がキャブレターからボッシュのKジェトロニック機械式燃料噴射に変更になったことから、インジェクションの頭文字である「i」を付けて区別しています。

最高速度302km/h?BB驚異のスペック

フェラーリ 512BBのエンジン

フェラーリ512BBiのエンジン

フェラーリ BBシリーズのエンジンスペック
365GT4 BB512BB512BBi
エンジン種類180° V型12気筒180° V型12気筒180° V型12気筒
排気量4.4L5.0L5.0L
最高出力265[360]/7,500265[360]/6,800250[340]/6,000
最大トルク410[41.8]450[46.0]/4,600451[46.0]/4,200
トランスミッション5MT5MT5MT
駆動方式MRMRMR
使用燃料ハイオクハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

フェラーリ365GT4/BB最高速度は、当時のカタロには302km/hと記載されていましたが実測値では280km/hとなっており、フェラーリの市販車が300km/hを超えるのは1984年の「フェラーリ288GTO」の登場まで待たなければなりません。

フェラーリ BBシリーズのボディサイズ
365GT4 BB512BB512BBi
全長4,3604,4004,400
全幅1,8001,8301,830
全高1,1201,1201,120
ホイールベース2,5002,5002,500
車両重量1,1601,4001,499
乗車定員222
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

フェラーリBBシリーズの車両サイズは、現代のフェラーリ12気筒モデルと比較して一回りコンパクトなボディで、日本の道路事情を考えると取扱い易いサイズといえます。

とくに初代の365GT4 BBは車重1.2t 以下で、当時のV12エンジンを搭載した車としては軽量な部類に入ります。

BBシリーズの中古車相場

フェラーリBBシリーズは、ネオクラシックブーム、海外のオークションによる価値の高騰、海外への流出などの影響から年々その価格は高騰している状態です。

 ・365GT4 BB:5,000万円以上
 ・512BB:3,500〜4,500万円
 ・512BBi:3,000〜4,000万円

BBシリーズは粗悪な個体も減り、中古車価格の幅も安定しているようですが、生産台数の少ない初代365GT4 BBの人気は別格で価格も「ASK(価格応談)」が多い状態です。

中古車を購入する際に注意したいポイント

フェラーリBBは憧れのスーパーカー

スーパーカー消しゴム:365GT4 BB

スーパーカー消しゴム フェラーリ 365GT4BB

©️久太郎

フェラーリ BBはとくにスーパーカー世代にとって憧れの車ですが、ここまで高騰してしまうと簡単に手に入れることが難しく、イベントで見ることができるだけで幸せというファンもいるでしょう。そのためにも海外への流出だけでも防ぎたいところです。

「ネオクラシック・フェラーリ」に関するおすすめ記事!

その他フェラーリに関する記事

フェラーリ中古車の安い・高い・人気ランキング

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!