初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ホンダ新型N-VAN vs 三菱 ミニキャブバン】軽バンライバル車徹底比較!

ホンダの新型軽商用車・N-VAN(エヌバン)が2018年7月13日より発売となりました。同じ軽バンのライバル車である三菱・ミニキャブバンと、内外装やスペック、燃費性能などの情報を徹底比較していきます。

【ホンダ新型N-VAN VS 三菱 ミニキャブバン】徹底比較!

N-VANとはどんな車?

新型N-VAN G ホンダセンシング タフタホワイトII

新型N-VANの発売日

新型N-VANは、ホンダが2018年7月13日に発売した軽バンです。ホンダ・Nシリーズ初の商用モデルとして開発されました。

新型N-VANの開発コンセプト

新型N-VANは、さまざまな仕事における使いやすさや優れた走行性能、安全性能を追求し、軽バンの新基準となることを目標に開発されました。

新型N-VANの特長

・低床設計による大空間の荷室
・軽バン初のセンターピラーレスを採用
・ストレスなく移動できる優れた走行性能
・先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全車標準装備

新型N-VANについて詳しくはこちら

ミニキャブバンとはどんな車?

ミニキャブバン M シルキーシルバーメタリック

ミニキャブバンの発売日

ミニキャブバンは、三菱が1968年から販売している軽バンです。現行の8代目ミニキャブバンはスズキ・エブリイのOEM車であり、2015年の3月20日より販売されています。

ミニキャブバンの開発コンセプト

ミニキャブバンは、「広さ」「低燃費」「使いやすさ」を追求した軽ワンボックスとして開発されました。

ミニキャブバンの特長

ターボエンジンによる力強い走り
・高効率トランスミッションによる優れた燃費性能
・クラストップのゆとりある荷室空間
・先進の予防安全技術「e-Assist」を搭載

ミニキャブバンのOEM元・エブリイについて詳しくはこちら

新型N-VANとミニキャブバンの違いは?

新型N-VANとミニキャブバンの違いは、駆動方式とトランスミッションにあります。新型N-VANはFF駆動ですが、ミニキャブバンはFR駆動。
トランスミッションでは、新型N-VANにはCVTと6速MTの2種類が設定。ミニキャブバンには4速ATと5速MT、5速AMTの3種類が設定されています。

新型N-VANの外装には3つのスタイルが設定

新型N-VAN

新型N-VAN G/L

新型N-VAN L ホンダセンシング ルナシルバー・メタリック

新型N-VANの外装には、個性を際立たせた3つのスタイルが設定されます。標準ボディのG/Lグレードには、プロの道具に相応しいシンプルなスタイルが採用されました。

新型N-VAN +STYLE FUN

新型N-VAN L +STYLE FUN・ホンダセンシング プレミアムイエロー・パールII

新型N-VAN +STYLE FUNの外装では、丸目ヘッドライトの親しみやすいスタイルが楽しさを演出します。

新型N-VAN +STYLE COOL

新型N-VAN L +STYLE COOL・ホンダセンシング プレミアムベルベットパープル・パール

新型N-VAN +STYLE COOLの外装は、全体をスタイリッシュなデザインでまとめ、ロールーフ仕様としています。

ミニキャブバン

ミニキャブバン ブラボー ブルーイッシュブラックパール

ミニキャブバン G スぺリアホワイト

ミニキャブバンの外装は、極限まで広さや大きさを追求した箱型のスタイリングを特徴としています。

新型N-VANの内装は積載性能も抜群

新型N-VAN

新型N-VAN G ホンダセンシング インパネ

新型N-VAN シート 助手席テーブルモード

新型N-VAN センターピラーレス

新型N-VANには、2代目N-BOXと同じプラットフォームが採用されました。特許技術「センタータンクレイアウト」による低床化で、背の高い荷物も積める優れた積載性能を実現しています。

助手席には「ダイブダウン機構」を採用し、後部座席から助手席までをフラットにつなげることで、長尺物の積載も可能としました。また、軽商用車初のセンターピラーレス構造(助手席側)の採用によって、高効率の積み下ろし性能を実現しています。

荷室には段ボール箱が71個、ビールケースは40個積載可能です。

ミニキャブバン

ミニキャブバン G インパネ

ミニキャブバン G シート

ミニキャブバンの内装は、広い荷室空間と開口幅、フラットな荷室フロア、箱型の外装デザインによって、優れた積載性を確保しています。オーバーヘッドシェルフやセンターミドルトレー、インパネカップホルダー、フロントドアボトルホルダーなど多彩な収納スペースも用意され、使い勝手が高められています。

荷室には段ボール箱が69個、ビールケースは40個積載可能であり、荷室の広さでは新型N-VANとほぼ同等だと言えます。

ミニキャブバンより新型N-VANの全高は高め

新型N-VAN 新型N-VAN +STYLEミニキャブバン
全長3,3953,3953,395
全幅1,4751,4751,475
全高1,945・1,960FUN:1,945・1,960
COOL:1,850・1,865
1,895
ホイールベース2,5202,5202,430
車両重量930~1,000940~1,020840~950
乗車定員2/42/42/4
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

新型N-VANとミニキャブバンのボディサイズは、どちらも軽自動車規格内です。全高では、+STYLE COOLを除いて新型N-VANがミニキャブバンを上回っています。

新型N-VAN、ミニキャブバンともにNAエンジンとターボエンジンを用意

新型N-VANミニキャブバン
エンジン直3 0.66Lガソリン・NA
直3 0.66Lガソリン・ターボ
直3 0.66Lガソリン・NA
直3 0.66Lガソリン・ターボ
最高出力NA:39kW[53PS]
ターボ:47kW[64PS]
NA:36kW[49PS]
ターボ:47kW[64PS]
最大トルクNA:64N・m[6.5kgf・m]
ターボ:104N・m[10.6kgf・m]
NA:62N・m[6.3kgf・m]
ターボ:95N・m[9.7kgf・m]
トランスミッションNA:CVT・6速MT
ターボ:CVT
NA:4速AT・5速MT・5速AMT
ターボ:4速AT
駆動方式FF・4WDFR・4WD

エンジンスペック・パワートレインの違い

新型N-VANのパワートレインには、直列3気筒のNAエンジンとターボエンジン(+STYLEのみ)の2種類がラインナップされます。トランスミッションはNA車がCVTと6速MT、ターボ車はCVTのみで、駆動方式はFFと4WDの設定です。

ミニキャブバンのパワートレインには、直列3気筒のNAエンジンとターボエンジンの2種類がラインナップされます。トランスミッションは4速ATと5速MT、5速AMT(自動MT)の3種類、駆動方式はFRと4WDの設定です。

両車のエンジンスペックにあまり大きな違いはありません。

新型N-VANの優れた燃費性能に軍配

新型N-VAN
ミニキャブバン
JC08モード燃費NA:17.6~23.8
ターボ:21.2~23.6
NA:16.6~20.2
ターボ:15.4~16.2
実燃費13~17(予想)12~15
[単位]km/L

燃費の違い

新型N-VANとミニキャブバンのカタログ燃費を比較すると、NA車・ターボ車ともに新型N-VANの方が低燃費です。
新型N-VANの実燃費に関しては、発売から間もないためデータがほとんどありません。同じプラットフォームとエンジンを採用している2代目N-BOXを参考に実燃費を予想した結果、13~17km/Lという数値が出ています。

次のページ

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!