MOBY

【海外の反応】日産スカイラインGT-R(R32)でアメリカを走ってみた

サンフランシスコでスカイラインGT-Rに乗ってみたら、以前に所有していたフェラーリよりも注目され、2日間の間に10人に声をかけられたという動画です。

実は人気の高い日本のスポーツカー

日産スカイラインGT-R(R32)を日本から輸入したが、以前乗っていたフェラーリよりも運転中に注目されて困っているという動画を公開して話題になっています。

日本では欧米のスポーツカーが人気ですが、逆にアメリカでは日本製のスポーツカーが人気です。しかし、輸入に対しては厳しい規制があり、なかでも最も人気が高く、輸入が難しいのは日産「スカイラインGT-R」だと言われている。

動画では、わずか2日の間に10人以上もの人に話し掛けられていて、人気の高さが伺える内容になっています。

日産スカイラインGT-Rへのアメリカ人の反応



今回は、実際に街中を走っている20秒からご紹介致します。

現地の反応

・これスカイラインでしょ?すごい!

・GT−Rは合法なのか?

・ハンドルの位置が間違ってるよ!

・日産スカイラインなんてかっこいいなぁ。

・日本で運転したことがあるけど最高だった。世界一の車だね。

・どこで手に入れたんだ。

アメリカの規制について

アメリカでは厳しい輸入規制により右ハンドル車の輸入が困難です。しかし、生産から25年を経過し歴史的または技術的に価値のある車などには、「展示車」として輸入を認め、厳しい規則の他、CO2の排出規制を免除するとのこと。

なお、輸入許可が下りた後も、環境保護局と州の基準をクリアする必要があり、さらには、年間走行距離も厳しく制限される(カリフォルニア州だと年間4000キロ)が、わざわざ25年前の車に乗るようなファンにとっては大きな問題ではないようです。

旧車とは主に、数十年前に製造された車のことを指します。性能面では現在の車の方が圧倒的に優れている部分もありますが、単に性能だけでは語れない魅力が旧車にはあります。

GT-Rの凄さを、ここでも存分にご紹介!

今回は最高速度をどれくらいだせるのかということに注目した記事です。スピード違反になってしまう上に、事故につながるため決して、スピードを出してほしいわけではないのですが、最高速度をだせるということは、その車の性能の証。そんなすごい馬力の車に乗っているという男の誇りという意味で、調べてみました。

ファン待望の「GT-R R36」フルモデルチェンジ情報と予想デザイン画像をご紹介します。

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す