初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ブリヂストン「レグノ」とは?なぜ高級セダンのタイヤに多く採用されるのか?

ブリヂストンの「レグノ」と言えば、静粛性に優れたコンフォートタイヤとして高級セダン御用達タイヤとして多くの車に採用されているタイヤです。高級セダン専用タイヤというイメージがあると思いますが、軽自動車専用のタイヤもラインアップされている「レグノ」についてまとめました。

ブリヂストン「レグノ」とは?

レグノGR001

©︎久太郎

ブリヂストンの「レグノ」とは、ブリヂストンのフラッグシップブランドタイヤです。レグノ(REGNO)とはラテン語で「王者」を意味しています。「レグノ」は、ブリヂストンの「最高級」をグレート バランス(GRATE BALANCE)にて実現しています。

グレートバランスとは、以下6つの高性能を高次元にてバランスさせることで生まれる、レグノのコンフォートタイヤとしての静粛性と安全性、そして走りの性能のことです。

 「直進安定性能」
 「ドライ性能」
 「ウェット性能」
 「低燃費・耐摩擦性能」
 「静粛性能」
 「快適性能」

このグレートバランスは初代レグノの開発当初からの哲学であり、アイデンティティとして、時代の最新技術を投入して進化してきました。

レグノの歴史

レグノは1981年に第一号タイヤである「GR-01」から歴史が始まりました。その後も車を取り巻く時代や環境が変わっても、タイヤに求められるすべての要件を完全に満たすことを目指し、35年以上に渡り開発が続けられてきた、ロングセラータイヤとなっています。

レグノの品番である「GR」は、初代レグノの開発哲学「グレートバランス」に由来する「GREAT-BLANCE REGNO」の頭文字からネーミングされたものです。初代レグノから受け継がれているレグノの伝統となっています。

ブリヂストンタイヤの特徴について詳しくはこちら

「レグノ」の現行ラインナップは3モデル!

GR-XI:高級セダンに採用さるコンパクトカーにも推奨のレグノ

レグノGR-XI

レグノGR-XI

©︎久太郎

「レグノ GR-XI」はセダンとコンパクトカーに適したタイヤとして、グレート バランスから3つの特性を実現しました。

【高い静粛性と上質な音色を実現】
 ・レグノ サイレント・テクノロジーによりあらゆる路面でのノイズを抑制
 ・車内でのロードノイズは、心地よさを覚える音色が追求

【優雅な乗り心地と応答性のよいハンドリング】
 ・独自の技術「アルティメイト・アイ」にて高い直進安定性を実現
 ・「レグノ サイドチューニング」にてふらつきを抑制

【高次元の低燃費性能とウェット性能を両立】
 ・「ナノプロテック」の採用にて、低燃費とウェット時のブレーキ性能を向上

GRV II:ミニバン専用設計でミニバン特有のふらつきを低減

レグノGRV II

レグノGRV II

©︎久太郎

「レグノ GRV II」は、ミニバン専用タイヤとしてミニバン特有の課題を解決します。

【ミニバンの広い車内でも高い静粛性を実現】
 ・「サイレント・テクノロジー」により車内のどの席でも会話や音楽を楽しめる静粛性を実現

【重心が高いミニバン特有のふらつきを低減】
 ・「レグノサイドチューニング」にて、静粛性とタイヤ剛性を高い次元で両立
 ・ミニバン特有のふらつきを抑えることが実現

【低燃費性能とウェット性能を高次元で実現】
 ・「アルティメイト・アイ」の採用にて、排水性を高め同時に低燃費も実現

GR レジェーラ:軽自動車の乗り心地を洗練

レグノGRレジェーラ

レグノGRレジェーラ

©︎久太郎

「レグノ GR レジェーラ」は、軽自動車にプレミアムな乗り心地を提供できるタイヤです。

【軽自動車での静かな車内空間を提供】
 ・軽自動車専用にチューニングしたサイレント・テクノロジーにて道路を選ばない静粛性

【快適な乗り心地】
 ・軽自動車専用の非対称形状/非対称パターンにてふらつきを抑えた最上の乗り心地

【安全なロングライフタイヤ】
 ・「アルティメイト・アイ」と高耐摩耗ゴムにて、ウェット性能の向上とロングライフを実現

レグノは新型クラウンにも採用!

トヨタ新型クラウン RS Advance 2.5Lハイブリッド(18インチタイヤ装着車)

レグノは新型クラウンの主要サイズとなる、18インチ新車装着用タイヤ(225/45R18 91W)として採用されました。

新型クラウンに装着されるレグノは市販されているモデルではなく、トレッド・コンパウンドが専用設計となっている「レグノ GR001」。新型クラウンのキーワードである「意のままのコントロール性能」を実現するために専用開発されており、新型クラウンの特長である「優れた操縦安定性」「高い静粛性」「上質な乗り心地」の実現に貢献しています。

トヨタ新型クラウンについてはこちら

レグノはなぜ高級セダンに多く採用されるのか?

新型クラウン専用:レグノGR001


©︎久太郎

レグノは高級セダンに求められる「静粛性」や「乗り心地」だけではなく、「直進安定性」「ドライ/ウェット性能」といった走りに関わる機能を高い次元で両立していることが認められています。そのため、スポーツカー並みのパワーとトルクを誇る高級セダンの新車装着タイヤとして採用されているのです。

最近ではトヨタ「新型センチュリー」「新型クラウン」や日産「フーガ」の新車装着タイヤとして認定されています。さらにメルセデス・ベンツやBMWといった欧州車ユーザーにおいても、近年レグノ選択者は多く、最高級のコンフォートタイヤとして世界中で認められています。

他のタイヤメーカーについてはこちら

タイヤメーカーの特徴やシェアでランキング!

安さが魅力!おすすめ海外タイヤについてはこちら

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す