初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ ヴェルファイアの魅力!価格・燃費・兄弟車比較・口コミ総まとめ

2015年1月26日にフルモデルチェンジをした、トヨタ ヴェルファイア。新型ヴェルファイアは旧型ヴェルファイアとどう違うのでしょうか?また、新型アルファードとの違いは?新型ヴェルファイアの魅力や実際の価格や燃費はどのくらいなのでしょうか?トヨタで一番売れているミニバン、ヴェルファイアの魅力をスペックや価格・燃費・口コミをもってご紹介します。

「ヴェルファイア」はトヨタミニバンのフラッグシップ

2代目となる新型ヴェルファイア

トヨタ ヴェルファイア ZR Gエディション ハイブリッド 2015年

初代アルファードは日産のエルグランドに追随する為のモデルとして開発されましたが、ヴェルファイアは、ネッツ店て販売されていた「アルファードV」の後継車として新しく立ち上げらた、若者向けのブランドです。

トヨペット店が高級志向としてアルファードを販売しているのに対し、ネッツ店では先進志向・若者志向のあるヴェルファイアを販売しています。ヴェルファイアとアルファードは、車体ベースは全く同一のものを仕様しており、デザインのみ異なる兄弟車となります。

従来のミニバンにラグジュアリーセダンの高級感を融合させた、国産では唯一の高級感溢れるミニバンとなっており、開発生産するトヨタも「ライバルは高級セダン」と語っています。

現在は2008年の初代ヴェルファイアがフルモデルチェンジされ、2015年より2代目の新型ヴェルファイアが販売されています。
ここでは、初代ヴェルファイアと新型ヴェルファイアの違いや、兄弟車であるアルファードとの違いも触れながらヴェルファイアの魅力を徹底解説します。

ヴェルファイアのマイナーチェンジ情報についてはこちら!

アルファードとの3つの違い・比較

①大胆なデザイン・先進性

トヨタ ヴェルファイア Z Gエディション 2015年
トヨタ アルファード G “Fパッケージ” (ハイブリッド車) 2015年

フロントフェイスはヴェルファイアの方が20代・30代が好むオシの強い迫力あるデザインとなっています。フロントフェイスには大きなメッキグリルが装備され、ヘッドライトも分割されています。また、左右に張り出した吸気口も大きく開いており、より大胆なデザインとなっています。

一方、アルファードは優雅で高級なデザインとなっています。メッキグリルも旧アルファードと比較すると派手にはなっておりますが、上品さを残し、ヴェルファイアよりも控え目な印象のフロントフェイスとなっています。

②購買層が若年層

発売当初はヴェルファイアの販売が多かったですが、現在ではその差もほとんどなくなっています。

これは、購買層が影響していると考えられます。ヴェルファイアの購買層は、新しいもの好きの若者が好む傾向がありますので、発売初期に大きく販売台数を伸ばしています。

一方、高級志向のアルファードは家族や高級志向の個人や法人が多い為、需要が安定していると考えられ、この差が販売台数の差に影響を与えてると考えられます。

③カスタムパーツが充実している

ヴェルファイアを検討・購入される方は、そのデザインを好むお客様が多いため、より押しの強いデザインとなるエアロ仕様を標準で選ぶ人が多く、口コミでも、好みが別れるデザインとされながらも、フロントマスクが特徴的な高級感のあるデザインが高く評価する声が多くあがっています。

また、購入後でも自身でカスタマイズしたいといった方は、ヴェルファイアの方がカスタムパーツの種類が多いので、アルファードよりもヴェルファイアを選ぶ方が多いです。

カスタムパーツはカー用品店やWEBCAMS通販・オークションなどを利用して購入できます。

ヴェルファイアのデザイン【動画】

新型ヴェルファイア デザイン編



迫力のある大胆なエクステリアと、高級感溢れる、飛行機のファーストクラスを想起させるインテリアとなっています。

新型ヴェルファイアの迫力のあるフロントグリル!

まるで金属から削り出したような縦幅の広いメッキバーのフロントグリルに、二段ヘッドランプを組み合わせ、さらにそれをダイナミックなアンダーバンパーで支える構成により、迫力のある表情を醸し出しています。

フルモデルチェンジされ、ダイナミックかつ迫力のあるフロントになりました。
重厚感を強調したワイドで厳つい表情によるダイナミックな迫力を表現、「アルファード」よりも精悍で若々しい雰囲気を持ってます。

他のミニバンとの違いは圧倒的な存在感と高級感

高級感と快適性



新型ヴェルファイアの機能紹介映像です。極上の移動体験ができる、最上級グレードである「エグゼクティブラウンジ」の紹介がされています。大空間高級サルーンとして、他の高級車には全く劣らない飛行機のファーストクラスに相当するような、『贅を尽くした極上のくつろぎ』を堪能できます。

新型ヴェルファイアの内装

トヨタ アルファード・ヴェルファイア 車内空間
トヨタ・ヴェルファイア ZR“Gエディション” 室内空間

新しく追加された最上級グレードで「エグゼクティブラウンジ」というのがあり、その装備は、まさに贅を尽くしたものになっています。

100mm拡幅されたエグゼクティブラウンジシートを採用。
座り心地や触り心地、使い心地など3つの心地よさを追求し、最上級のおもてなしの空間に仕上げられています。

エグゼクティブラウンジのさらに上!ロイヤルラウンジとは?

新型ヴェルファイアスペック(基本)

【トヨタヴェルファイア(ハイブリッド車)】
[排気量2.5L+モーター]
● 全長:4,930mm
● 全幅:1,850mm
● 全高:1,895mm
● ホイールベース:3,000mm
● エンジン形式:直4DOHC+モーター
● 最大出力:197ps
● 最大トルク:21.0kgm
● ミッション:電気式CVT
JC08モード燃費:19.4km/L

【トヨタヴェルファイア(ガソリン車)】
[排気量2.5L]
● 全長:4,930mm
● 全幅:1,850mm
● 全高:1,880mm
● ホイールベース:3,000mm
● エンジン形式:直4DOHC
● 最大出力:182ps/6,000rpm
● 最大トルク:24.0kgm
● ミッション:CVT
● JC08モード燃費:12.8km/L

[排気量3.5L]
● 全長:4,930mm
● 全幅:1,850mm
● 全高:1,880mm
● ホイールベース:3,000mm
● エンジン形式:直4 DOHC (D4-S)
● 最大出力:280ps/6,200rpm
● 最大トルク:35.1kgm
● ミッション:6AT
● JC08モード燃費:9.5km/L

新型ヴェルファイア特別仕様車ゴールデンアイズ登場!

ゴールデンアイズとは

トヨタ ヴェルファイア

新型ヴェルファイアから上位モデルの特別仕様車として、「ゴールデンアイズ」が登場すると話題です。
ゴールデンアイズとはその名の通り、黄金のヘッドライトが搭載されているモデル。黄金のヘッドライトだけでなく、ラグジュアリー度が高まった装飾、装備が搭載されています。

ゴールデンアイズモデルの価格

トヨタ ヴェルファイア ヘッドランプ 2016年

メーカー希望小売価格は、2.5リッターが392万6291円(2WD)、417万6655円(4WD)。3.5リッターは431万7055円(2WD)、451万1455円(4WD)となっています。

ゴールデンアイズモデルの高級仕様はライトだけじゃない!

新型ヴェルファイアゴールデンアイズは、「Z」グレードをベースにした高級モデルです。黄金のライトの他に、ダークメッキ仕様のフロントグリルと高輝度塗装のホイール、黒木目調本革巻き4本スポークステアリングホイール、ウルトラスエード素材のシートを装備しています。

特にシートに関しては、黒色を基調とした中に金色のドットが散りばめられています。肩部分のシートにはクロコダイル調の合成皮革が採用されています。

トヨタ ヴェルファイア スマートキー

ゴールド加飾のスマートキーも見逃せないアイテムです。

金色を基調としてキーもこだわりのゴールデンアイズ仕様。ルーフヘッドライニングと挟み込み防止機能のパワーバックドア、AC100V・100Wのコンセントも装備されています。

新型ヴェルファイアの燃費は?

JC08モード燃費(カタログ燃費)は?

JC08モードでの燃費は以下の通りです。ハイブリッド車はエコカー減税100%適用となり、自動車取得税と重量税が免税となります。また、エンジン車2.5Lの場合は、エコカー減税により、自動車取得税が40%、重量税が25%減税されます。エンジン車3.5Lはエコカー減税の適用外となります。

【トヨタヴェルファイア(ハイブリッド車)】
[排気量2.5L+モーター]
 18.4km/L
 └エコカー減税対象車

【トヨタヴェルファイア(ガソリン車)】
[排気量2.5L]
 11.4km/L
 └エコカー減税対象車

[排気量3.5L]
 9.5km/L
 └エコカー減税非対象車

実燃費は?

気になる実燃費ですが、だいたいの車はJC08モードの70~80%程度が実燃費に近いと言われています。
ヴェルファイアの実燃費及びJC08モード達成率は以下の通りです。

【トヨタヴェルファイア(ハイブリッド車)】
[排気量2.5L+モーター]
 13.18km/L(達成率約72%)

【トヨタヴェルファイア(ガソリン車)】
[排気量2.5L]
 8.41km/L(達成率約74%)

[排気量3.5L]
 7.97km/L(達成率約83%)

(出展:e燃費 http://goo.gl/ccHaeg)

新型ヴェルファイアの価格は?

幅広いニーズに対応できる価格設定

新車購入 お金 現金 費用

376万~704万円と、幅広いニーズに対応できる価格設定となっています。
ヴェルファイアは、その外観の派手さから、一見手が届かないように見られがちですが、「新車のミニバンが欲しい!」と思っている人であれば購入できてしまうような価格設定になっています。特に、ヴェルファイアはカスタム部分の比重が大きくなっていますので、車体価格で300万円代から購入可能となっています。

アルファードと比較しても多くのグレードが用意されていますので、自分の好みに会った選択ができます。ヴェルファイアはアルファード同様に、ミニバンが欲しいと思っている人ならば、予算が限られた人でも購入を検討できます。また、より高級なミニバンが欲しいという余裕のある方には、より魅力的なオプションを選択していくことにより、高級車同等の価格帯も用意されています。

グレード別価格一覧

● HYBRID Executive Lounge/Executive Lounge[3.5L]
 7,036,691円(消費税込み)

● HYBRID ZR“G EDITION”/HYBRID ZR
 5,501,127円(消費税込み)

● HYBRID V“L EDITION”/HYBRID V
 5,356,800円(消費税込み)

● HYBRID X
 4,155,055円(消費税込み)

● ZA“G EDITION”[3.5L]/Z“G EDITION”[2.5L]
 4,173,709円(消費税込み)

● ZA[3.5L]/Z“A EDITION”[2.5L]/Z[2.5L]
 3,754,473円(消費税込み)

● VL[3.5L]/V[2.5L]
 4,842,327円(消費税込み)

● X[2.5L]
 3,197,782円(消費税込み)

● SA“Cパッケージ”[3.5L]/S“Cパッケージ”[2.5L]
 4,173,709円(消費税込み)

● SA[3.5L]/S“Aパッケージ”[2.5L]/S[2.5L]
 3,754,473円(消費税込み)
--------------------------------------------
※エコカー減税について
ハイブリッド車であれば、エコカー減税として、取得税及び重量税が100%免除されます。また、排気量2.5Lのエンジン車であっても、エコカー減税として。取得税40%及び重量税25%が減免されます。排気量3.5Lのエンジン車には、エコカー減税は適用されません。

出典:http://toyota.jp/

ヴェルファイアの値引きの相場は?

新型ヴェルファイア(2015年モデル)の値引き情報を表にまとめると、車両価格とオプション料の値引を合わせて25~30万円が相場のようです。

中には、50万円以上の値引を引き出した方もいらっしゃいますが、様々なグレードとオプションが用意されているヴェルファイアですので、値引前の価格も高かったものと考えられます。

上級グレードを選ばれる方やオプションを多く追加されるような方でない場合は、30万円を目標に値引き交渉を行うことをおすすめします。

新型ヴェルファイアvs従来のヴェルファイアの比較

フロントデザイン(新型ヴェルファイア)

トヨタ ヴェルファイア ZA “Gエディション” 2015年

新型ヴェルファイアのフロントデザインは、旧型ヴェルファイアから、更に押しの強い、迫力あるデザインとなっています。フロントフェイスに、旧型ヴェルファイアよりも大きなメッキグリルを装備し、左右に張り出した吸気口も拡大。標準装備でカスタマイズを行ったかのような、より大胆なデザインとなっています。

フロントデザイン(旧型ヴェルファイア)

トヨタ ヴェルファイア 2011年

旧型ヴェルファイアも、クロームメッキを強調したデザインとなっています。

新型ヴェルファイアのインテリアは、エクステリアのド派手さから一転、落ち着いた高級感を意識させるようにデザインされています。もし、インテリアもエクステリア同様に派手にしたい場合はカスタマイズで対応可能となっています。

ダッシュボードのデザインは基本的に旧型を踏襲していますが、ダッシュボード上部がワイドに広がっていくデザインになっていることや、素材が変わったことにり、旧型ヴェルファイアから高級感が増しています。具体的な素材は、フロントフェイスを意識したメッキや木目調パネルが使用されています。

ルーフ照明

旧型ヴェルファイアにも搭載されていたルーフのイルミネーションは、新型ヴェルファイアでは16色×4段階のLEDイルミネーションと変更されています。

元々は1色のみの間接照明でしたが、色の変更と調光が可能となることにより、車内の雰囲気ガラッと変えたり、演出を行えるようになりました。

新型ヴェルファイアの助手席

トヨタ ヴェルファイア 助手席スーパーロングスライドシート

新型ヴェルファイアでは、新しく床下に大容量の床下収納が装備されました。また、3列目シートを薄くすることにより、シートを折り畳んだ際に、より広いラゲージスペースを確保することができるようになりました。

これにより、高さのある荷物の収納や、スペアタイヤ等の収納も可能となりました。

その他比較

● 全長:+60mm
● 全幅:+20mm
● 全高:-10mm
● ホイールベース:+50mm
● メーター:4眼タイプから2眼タイプへ
● 直列4気筒エンジンは2.4Lから2.5Lへ
● 折りたたみ式サイドテーブルの
 ボトルホルダーが2つから4つへ増加
● 2列目シート操作レバーが1本のレバーで
 座席の前後左右の移動ができるようになった
● 低重心化・新サスペンションの導入により、
 操縦安定性や乗心地、静粛性が向上

ヴェルファイアの口コミは?

口コミ 評判

主な口コミは「デザイン」と「乗心地」が焦点に

ヴェルファイアを購入した人から口コミは以下の3点について重点的に言及されています。
評価されている口コミには、ヴェルファイアの購買層は拘りのある人が多いためか、一部では厳しい口コミが寄せられています。

しかしながら、高級感や居住性といったヴェルファイアの特徴は高く評価されており、大型高級ミニバンとしての強さを伺うことが出来ます。

①デザイン
:フロントマスクが特徴的な高級感のあるデザイン
 一部からは「ハリボテ感」や「好みが別れる威圧的なデザイン」との声も 

②エンジン性能
:2.5Lのモデルでも、多人数乗車で急な上り坂を登るようなシーンを除いて、力不足は感じない

③乗り心地
:敏感な人は気になる乗り心地だが、設備が充実しており居住性が極めて高い

口コミサイトで評価の高い口コミをピックアップ

【総合評価】
 2015年1月にデビュー。これで2代目となるヴェルファイアは先代の印象を受け継ぎ、とくにエアロ仕様のZ系はシャープさを増したフロントマスクが印象的だ。見た目のインパクトも大きいが、インテリアの仕立ても見逃せない。インパネは本革を模したステッチ入りの表皮を採用。木目調パネルや金属調加飾の採用により、クラウンにも引けを取らない高級感を漂わせるまとまりを見せる。ゆったりとくつろげるキャビンは居心地にすぐれ、サードシートも実用的なスペースが確保されている。大人が乗り込むにはピッタリの仕立てで、充実した装備内容も居心地のよさに貢献する。

【良い点】
 2.5LハイブリッドはEVモード時の走行距離こそ短めだが、2トンを超えるボディでも十分なゆとりを感じさせる。経済性の高さもさすがで高速走行、一般道でもガソリン車を大きくリードする経済性を見せつけている。

【悪い点】
 高級感や充実した装備内容にこだわるあまり、価格設定は決して安くはない。

出典:http://www.goo-net.com/

【総合評価】
  トヨタの最上級ミニバン。2015年1月にフルモデルチェンジを受け、持ち前のフロントマスクはさらに迫力を増し、ブライトモールの採用などで一段と高級感を増している。ハイブリッドと3.5LV6モデルには高級感と機能性を高めたエグゼクティブラウンジを設定。700万円をオーバーする高級仕様だが、ゆったりとくつろげるセカンドシートは一度乗ったら病みつきになること必至の居心地のよさ。大事なゲストをもてなすには最適な仕様となっている。

【良い点】
  パワーユニットは2.5LのTHS-II。ボディは2トンを超える重さだが、日常の足として使うにはこれで十分。落ち着きのある乗り味、高い静粛性もLクラスミニバンにふさわしいもの。

【悪い点】
  大きさを意識させられるボディは狭い場所に入る際や駐車ではそれなりに苦労する。

出典:http://www.goo-net.com/

【総合評価】
 ヴェルファイアの最大の凄さは、広い室内。ライバルであるエルグランドよりも明らかに広く(3列目の足元広さがぜんぜん違う)、日本で正規に買えるミニバンとしてはもっとも広い空間を用意しています。あと、新型になってインテリアの上質感も大幅にアップしましたね。2.5Lモデルは、リーズナブルな価格が魅力。動力性能はシリーズ中でもっとも低いですが、多人数乗車で急な上り坂を登るようなシーンでもなければ力不足は感じません。

【良い点】
 広い室内。リーズナブルな価格。上質なインテリア。お買い得感は、3.5Lモデルやハイブリッドよりも断然高いです。

【悪い点】
 信号待ちなどアイドリング時に、2列目シートに微振動が伝わってきます。敏感な人は気になるかも。

出典:http://www.goo-net.com/

外見もかっこよく車内も広いのでとてもおすすめの車種です。
又、外見も今風なので長く乗れる車だと思います。

出典:http://www.goo-net.com/

あきがこないデザイン(外観・内装ともに)であり、またファミリーのお出かけには大変重宝する車である。(7人乗りに限るが、特に2列目シートは疲れにくい)
その辺りは昔から言われているさすがトヨタと思わせるところがある。

出典:http://www.goo-net.com/

新車を購入を検討の方は全国のディーラーへ

トヨタ ヴェルファイア 35型 2016年

新型エルグランドとの違いを初め、新旧ヴェルファイアの比較、基本スペックから燃費・価格・口コミまで紹介してきましが、いかがでしたしょうか。

販売台数や口コミからわかるように、アルファードと比較し、新しいものが好きな方や、車のデザインに拘りを持っている方が多く検討されていることもわかります。とは言え、「最高級サルーン」を謳うトヨタのミニバンの質は非常にレベルが高いものだと言えます。

カスタマイズの幅広さもヴェルファイアの特徴ですが、多くのタイプの中から選ぶことによって、乗った時には「所有感」を実感できる車なのかもしれません。

新型ヴェルファイアは、全国の「ネッツ店」にて販売されています。ご購入をご検討の方や試乗などに興味のある方は、一度お近くのネッツ店へ立ち寄ってみるのも良いのではないでしょうか。

新型ヴェルファイア マイナーチェンジの最新情報はこちら

日産のライバル社が気になる方はこちら

ミニバンを検討されている方の参考になる記事はこちら!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す