ヴェゼル徹底攻略|実燃費・口コミ・最新値引き価格・ライバル車比較など

SUV人気No.1のホンダ ヴェゼル。同じコンパクトSUVの中でもマツダ CX-3やスバル XVと迷われる方が多いようです。価格はどれも200万~300万円。迷って後悔しないように、ヴェゼルとCX-3、XVを徹底比較します!同じコンパクトSUVなのに意外と違う各車種の特徴とは?

ホンダ ヴェゼル徹底攻略【目次】

■ヴェゼルとは?概要と車名の由来!
 ∟先代のモデルから振り返る
■ヴェゼルはHR-Vからどこがフルモデルチェンジした?
 ∟新型で大きく変わった点を紹介
■ヴェゼルの人気のオプション・グレードは?
 ∟人気のグレード、純正オプションまで紹介
■ヴェゼルのデザイン・インテリアの評判は?
 ∟室内の快適性、こだわりを紹介
■ヴェゼルのエンジン・燃費・走り性能の評価は?
 ∟エンジンの進化を解説
 ∟実燃費は実際どのくらい?
■ヴェゼルのライバル車との徹底比較!
 ∟日産ジュークやマツダCX-3との燃費など比較
■ヴェゼルの最新値引き価格の相場は?
 ∟限界値引き、購入方法のポイントまで紹介
■ヴェゼルを動画で最終チェック
 ∟わかりやすい試乗レポート動画などを紹介
■ヴェゼルの口コミ・評判は?
 ∟口コミからユーザーの評価をチェック
■ホンダのクロスオーバー!ヴェゼル
 ∟おわりに

ホンダ ヴェゼルはどんな車?

出典:http://www.honda.co.jp/

ヴェセルはコンパクトSUVに分類され、平均月販売台数は約8,000台と、国内で最も売れているSUVです。

”クーペ・ミニバン・SUVの融合”というホンダらしいコンセプトでつくられた車で、海外では「HR-V」の車名で販売されています。

出典:http://www.honda.co.jp/

ヴェセルの外観は、クーペとSUVを組み合わせたデザインとなっています。

ボディ上半分は、フロントからルーフ、サイドからリアに向けた流線的な形状、下半分はSUVとらしい安定感のあるデザインとなっており、前方から見ると台形のようなスタイルとなっています。

また、コンパクトなボディからは想像つかないような広い室内空間を確保しており、室内空間はミニバン並の居住性を実現しています。

出典:http://www.honda.co.jp/

【スペック(一部)】
〈外観〉
全長  :4,295mm
全幅  :1,770mm
全高  :1,605mm
ホイールベース:2,610mm
トレッド  :前1,535mm
     後1,540mm
地上高 :2WD…185mm
     4WD…170mm
〈室内〉
長さ  :1,930mm
幅   :1,485mm
高さ  :1,265mm
〈原動機〉
-エンジン
最大出力:132ps/6,600rpm
最大トルク :15.9kg-m/4,600rpm
-モーター
最大出力:29.5ps/1,313~2,000rpm
最大トルク :16.3kg-m/0~1,313rpm
〈その他〉
燃費  :21.6~27.0km/L
重量  :1,270~1,380kg

ヴェゼルはHR-Vからどこがフルモデルチェンジした?

HR-V

出典:http://www.honda.co.uk/

HR-Vは、かつてないハイライダースタイルを作り上げ、使いやすさと、走り、安全、環境など、全ての要素を盛り込み、既存のカテゴリには収まらない革命的なクルマである事から、SUVではなく、「ジェットフィール・ハイライダー」と呼んでいたそうです。
英語では、「Hi-rider Revolutionary Vehicle」となり、その頭文字からHR-Vと命名されました。

2006年2月まで販売されまして当時では、1.6L4気筒エンジンを搭載していました。

ヴェゼル

ヴェゼルは、新たに生まれ変わり、シャープでスタイリッシュな、外観デザインになりました。また、ハイブリッドモデルも登場したことにより実現した低燃費により人気を集めています。

モーターもEV発進が可能な1モーターシステム「SPORT HYBRID i-DCD」にて、新しい時代を感じさせるモデルになりました。

また、細かいスペックを確認していきますとトレッドフロント(前輪車輪軸)+65mm、リア(後輪車輪軸)+85mm、全長+200mm、全幅+75mm、全高+25mm、室内長+125mm、室内幅+165mm、室内高+65mm、グレードにより最大+110kgの車両重量、タイヤサイズは1インチアップになっています。

そして、エンジンは1.6L4気筒エンジンから1.5L4気筒ハイブリッドエンジンへ、排気量ダウンサイジングと新世代モーターの導入が行われ、エンジンスペックは圧縮比+1.9、最高出力+7psプラスモーター+15.5ps、最大トルク+1.2kgf・mプラスモーター+8.3 kgf・m、燃費も+8.6km/Lとなっています。

現在のヴェゼルは新世代技術のエンジンで、低排気ながらも2.0Lクラスの車にも劣らない性能を誇っています。

ホンダセンシング

ミリ波レーダーと単眼カメラによる精度の高い検知能力にて安全運転を支援するホンダセンシング!事故に合わない社会の実現を目指して走行時も停車時も安心で快適な8つの先進機能を搭載したグレードがあります。

衝突軽減ブレーキ(車両、歩行者を検知して音、表示にて警告、緊急時は自動ブレーキ)
歩行者事故低減ステアリング(10~40km/hで歩道に寄り歩行者検知によりステアリング制御)
ACC(高速道路でクルーズコントロール中、前走車を検知して自動加速、自動減速)
LKAS(高速道路でレーンからはみ出ない様、ステアリング操作支援)
路外逸脱制御(一般道でステアリングとブレーキを併用して居眠り運転防止)
誤発進制御(前方の障害物を検知してアクセルを強く踏んでも急加速を制御)
先行車発進おしらせ(表示と音で前に停車していた車が発車した事をおしらせ)
道路標識認識(マルチインフォメーションディスプレイに標識を表示させ注意)

出典:http://www.honda.co.jp/

この8つのシステムのホンダセンシングにより、ドライバーにとって安心で、安全な、緊急回避の運転をうながす事が出来ます。

ヴェゼルの人気のオプションやグレードは?

ブラックレザーシート(ブラックxアイボリー)

ヴェゼルでは、高級感をより一層、演出するレザーシートも選べます。

カーナビゲーションシステム

ヴェゼルのオプションとして是非、検討したいのがカーナビゲーションです。メーカー純正のホンダインターナビを選ぶと、ホンダで車検を受け続ける限り無料でリンクプレミアムクラブの多彩な情報が使えまして、リヤカメラやETCとも連動して操作方法もスマートホンのように簡単になっていて使いやすく便利になっています。

ヴェゼルのおすすめグレードは?

おすすめグレードはヴェゼルの最も売れ筋のグレードの「ハイブリッドZホンダセンシング4WD」です。
このグレードはレザーシートやパワーシートのオプションも選べ、17インチのスポーツタイプのアルミホィールにパフォーマンスダンパーも標準装備で足回りもしっかりとした設定になります。またエクステリアでは、ボディロアガーニッシュがボディ同色となるスマートなグレードなのです。

ヴェゼルのインテリアも、プラチナクロームメッキのアクセントが効いていて、スムースレザーのステアリングやレザーシートを選ばなくても、ジャズブラウンのコンビシートを選べます。

このコンビシートは、プライムスムースという、しっとりとした質感で、上質な演出とともに、汚れやシワに強い事も魅力です。

車両価格:2,886,000円(税抜き価格 2,672,223円)

また、FF専用設計にて、ハイブリッドRSホンダセンシングというグレードも、新たに設定されました。

ハイブリッドRSホンダセンシングFF

ハイブリッドRSホンダセンシングFFでは、専用フロントグリル、専用LEDフォグライトガーニッシュ、専用ロアガーニッシュ、クリスタルブラックのドアミラー、18インチアルミホィールなどのエクステリアをグレードアップさせて、インテリアでは滑らかな質感で光沢感のあるウルトラスウェードという素材のシートを採用したスポーティーな、おすすめのモデルです。

車両価格:2,770,000円

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す