初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ新型カローラスポーツ】ライバル7車種徹底比較

トヨタの新型ハッチバック「カローラスポーツ」のライバルは国内外5ドアハッチバック!ライバルになる7車種と、スペックや装備などを徹底比較します。12代目カローラとして、シリーズの先陣を切って投入された新型カローラスポーツ。最新のトヨタセーフティセンスなど、価格以上の充実装備が魅力です。ライバル車はどの車に?

新型カローラスポーツが発売開始!

新型カローラスポーツ

2018年6月26日、トヨタは新型ハッチバック「カローラスポーツ」の販売を開始しました。

新型カローラスポーツは、2018年3月に国内販売を終了した2代目「オーリス」の実質的な後継車種にあたる5ドアハッチバックです。カローラシリーズとしては、12代目新型へのフルモデルチェンジに際して、先陣を切って発売されるモデルとなります。

今回新型カローラスポーツでは、車載通信機DCMを全車に標準搭載することで、遠隔で走行アドバイスや車両診断を受けられる「eケアサービス」や「LINEマイカーアカウント」といった、コネクティッド機能を充実させています。

また、TNGAプラットフォームの採用により、乗って楽しい上質な走りと乗り心地を実現しました。パワートレインには、1.8Lハイブリッドと1.2Lガソリン直噴ターボの2種類がラインナップされています。

新型カローラスポーツについて詳しくはこちら

ライバル車との比較ポイント

新型カローラスポーツ

新型カローラスポーツとライバル車の比較で注目すべきポイントは、走りとエンジンスペックです。

新型カローラスポーツは「スポーツ」の名を冠するだけあって、走りにも重きを置いています。ライバル車との比較では走りの質を左右するトランスミッションや装備の違いにも注目する必要があるでしょう。
また、走りに直結するエンジンスペックも、ライバル車との比較ポイントとして非常に重要です。

なお、新型カローラスポーツと比較を行うライバル車7車種にはハイブリッドの設定がないため、比較はガソリン車のみで行っています。
また、複数のガソリンエンジンが設定されている車種に関しては、新型カローラスポーツの価格帯に近いグレードのエンジンで比較を行いました。

カローラスポーツとオーリスとの比較が気になる方はこちらも

ホンダ シビックハッチバック

シビックハッチバック フロント

シビックハッチバック リア

シビックハッチバック 内装

ホンダ・10代目シビックの5ドアハッチバックモデル「シビックハッチバック」。日本国内では2017年の9月に発売され、走りを楽しみたいユーザーからの支持を集めています。

パワートレインには1.5Lの直噴ターボエンジンを搭載しており、出力でカローラスポーツのガソリンエンジンを大きく引き離します。また、CVTの他に6速MTが選択できるという点も走りにこだわるユーザーには好評で、現時点でCVTしか選択肢がないカローラスポーツとの明確な違いになっています。(カローラスポーツのMT車は2018年8月発売予定)

安全装備としては、先進運転支援システムの「ホンダセンシング」を標準搭載。次世代型の「トヨタセーフティセンス」を標準搭載するカローラスポーツとともに、政府が定めるサポカーの区分で「サポカーS<ワイド>」に適合する高い安全性能を有しています。

カローラスポーツとシビックハッチバックのどちらを買うかで迷っている場合、エンジンスペックを基準にして選ぶようにするといいでしょう。

カローラスポーツとシビックハッチバックの価格

新車車両価格
カローラスポーツ214万~269万円
シビックハッチバック280万円

シビックハッチバックはモノグレード構成で、価格はカローラスポーツよりもワンランク上に設定されています。

カローラスポーツとシビックハッチバックのスペック比較

ボディサイズ・乗車定員

カローラスポーツシビックハッチバック
全長4,375mm4,520mm
全幅1,790mm1,800mm
全高1,460mm1,435mm
ホイールベース2,640mm2,700mm
車両重量1,310~1,400kg1,320~1,360kg
乗車定員5名5名

シビックハッチバックのボディは、全長以外がカローラスポーツとほぼ同じサイズです。

エンジン(ガソリン)・トランスミッション・燃費

カローラスポーツシビックハッチバック
エンジン1.2L 直4直噴ターボ1.5L 直4直噴ターボ
最高出力85kW[116PS]134kW[182PS]
最大トルク185N・m[18.9kgf・m]6速MT:240N・m[24.5kgf・m]
CVT:220N・m[22.4kgf・m]
トランスミッションCVT6速MT/CVT
駆動方式FF/4WDFF
JC08モード燃費17.2~19.6km/L17.4~18.0km/L

シビックハッチバックのエンジンは1.5Lですので、出力・トルクともにカローラハッチバックのエンジンを上回っています。

シビックハッチバックについて詳しくはこちら

シビックハッチバックとカローラスポーツのより詳細な比較記事はこちら

マツダ アクセラスポーツ

アクセラスポーツ フロント

アクセラスポーツ リア

アクセラスポーツ 内装

マツダ・アクセラセダンの5ドアハッチバックモデル「アクセラスポーツ」。現行の3代目モデルは、マツダの新世代技術「スカイアクティブテクノロジー」を全面採用して開発されており、「人馬一体」の走りを魅力としています。

アクセラのエンジンラインナップは1.5Lガソリンと1.5Lクリーンディーゼルとなりますが、今回はガソリンモデルをカローラスポーツのライバルとして比較します。

アクセラスポーツのトランスミッションは6速ATの他、よりダイレクトな走りを楽しめる6速MTも選択可能です。足回りの装備では、4輪にかかる加速度を統合的にコントロールすることで、スムーズな挙動制御を行う「G-ベクタリング コントロール(GVC)」を搭載。

対するカローラスポーツの一部モデルは、ショックアブソーバーの減衰力を4輪独立に制御することで挙動制御を行う「AVS」により、アクセラスポーツとはまた違った乗り味に仕上がっています。

アクセラスポーツの安全装備としては、先進安全技術の「i-アクティブセンス」が全車標準搭載されており、カローラスポーツと同じ「サポカーS<ワイド>」の適合車となっています。

カローラスポーツとアクセラスポーツのどちらを買うか迷っている場合、実際に試乗して、走りの質を確かめてから選ぶことをおすすめします。

カローラスポーツとアクセラスポーツの価格

新車車両価格
カローラスポーツ214万~269万円
アクセラスポーツ183万~331万円

アクセラスポーツのガソリン車は、カローラスポーツのガソリン車と同価格帯で販売されます。

カローラスポーツとアクセラスポーツのスペック比較

ボディサイズ・乗車定員

カローラスポーツアクセラスポーツ
全長4,375mm4,470mm
全幅1,790mm1,795mm
全高1,460mm1,470mm
ホイールベース2,640mm2,700mm
車両重量1,310~1,400kg1,260~1,520kg
乗車定員5名5名

アクセラスポーツのボディは、カローラスポーツとほぼ同じサイズです。

エンジン(ガソリン)・トランスミッション・燃費

カローラスポーツアクセラスポーツ
エンジン1.2L 直4直噴ターボ1.5L 直4直噴
最高出力85kW[116PS]82kW[111PS]
最大トルク185N・m[18.9kgf・m]144N・m[14.7kgf・m]
トランスミッションCVT6速MT/6速AT
駆動方式FF/4WDFF/4WD
JC08モード燃費17.2~19.6km/L17.8~20.4km/L

アクセラスポーツのガソリンエンジンはカローラスポーツのガソリンエンジンと比較して、出力こそ同等ですがトルクでは引けを取っています。

アクセラスポーツについて詳しくはこちら

アクセラスポーツとカローラスポーツのより詳細な比較記事はこちら

次のページ

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!