初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【三菱新型アウトランダーPHEV フルモデルチェンジ最新情報】新旧比較!日本発売日は?

三菱新型アウトランダーPHEVのフルモデルチェンジ最新情報!新型アウトランダーPHEVはパワートレインを一新し、燃費と走行性能を大幅に強化。デザインも細部に高級感を演出する変更がされています。2018年9月に欧州で先行販売され、やや遅れて日本でも販売される見通しです。三菱新型アウトランダーPHEVがどのように変わるのか、外装、内装、スペックなどの点から見ていきます。

三菱アウトランダー PHEV フルモデルチェンジ!欧州では9月発売

フルモデルチェンジされた欧州仕様の三菱 新型アウトランダーPHEV

三菱自動車は、ミドルサイズSUV『三菱 アウトランダーPHEV』の2019年モデルを、2018年9月から欧州市場に投入することを発表しました。
三菱 アウトランダー PHEVは、2013の発売以来、14万台を販売している世界でもっとも売れているSUV。そのうち10万台を占めるのは充電インフラの整っている欧州市場。また、米国の自動車科学グループ「Best 5 All-Around Performance 2018」賞を受賞し、三菱 アウトランダーは優れた性能をもつSUVであることが認められています。
フルモデルチェンジを果たす三菱新型アウトランダー PHEV 2019年モデルでは、エンジンを含むハイブリッドシステムに大幅な改良を加え投入される見通しです。
欧州で発表されている三菱 新型アウトランダーPHEVについて解説していきます。

日本仕様のアウトランダーPHEVについてはこちら

外装はほとんど変わらないフルモデルチェンジ

欧州仕様の三菱 新型アウトランダーPHEV

日本仕様の現行型三菱 アウトランダーPHEV

リアスポイラーの追加

三菱新型アウトランダーの外装に大きな変更点はありませんが、細部の変更で質感を向上させています。
高速域での空力特性向上のため、リアスポイラーが追加されたのがもっともわかりやすい変更点です。

細部で高級感の増したフロントフェイス

ラジエターグリルとLEDヘッドライト、LEDフォグランプ周りのデザイン変更と、前後バンパー下に設けられるスキッドプレートのデザインが複雑化され、より高級感が増されています。
ヘッドライトはハイビームもLEDへと変更されました。

内装も大きな変化なしか?

欧州仕様の三菱新型アウトランダーPHEVの内装

日本仕様現行型三菱 アウトランダーPHEV インパネ

メーター内表示の変更

三菱新型アウトランダーの内装にも大きな変更はなく、メーター内表示変更とダッシュボード加飾処理、シートの仕上げ変更に留められます。
メーターは、エンジンとモーターの稼動状態を表示するパワーメーターが、より視認性のよいデザインへと改良されました。

シートの素材の変更

シートは滑り止めのキルティング加工が施された本革表皮となり、よりサポート性を高めた新形状のシートが採用されます。
インテリアは高級感と機能性を高めた最小限の変更と言えるでしょう。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!