初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【自動ブレーキ】国産車・外車全メーカーの機能を徹底比較!最強は?

国産車・外車全メーカーの自動ブレーキ機能を比較。「作動する対象」「作動速度」「夜間対応」などの自動ブレーキ搭載車を選ぶポイントを挙げ、最強の自動ブレーキを採用しているのはどのメーカーなのかを検証しました。しっかり確認してこれぞという1台を選びましょう。

自動ブレーキとは?

自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)は、衝突被害を軽減するために車のシステムが警告を促し、ブレーキのアシストや自動でブレーキを作動する装置のことです。

カメラやレーダーなどで前方の自動車や歩行者を検知、衝突の恐れがあるときはドライバーに警告します。その後ブレーキを踏んだ場合はアシストをし、ブレーキ操作がなく追突や衝突が避けられないとシステムが判断したら自動的にブレーキを作動します。

近年は軽自動車にも搭載されていることが多く、新車を購入するときは自動ブレーキ付きを選ぶことも多くなっているでしょう。
「自動ブレーキ」といっても、名称や機能は各メーカーによって異なります。国産車・外車全メーカーの機能を徹底比較します。

自動ブレーキについて詳しくはこちら

【国産メーカー別】自動ブレーキの特徴とデメリット

【トヨタ】トヨタ セーフティセンス(第2世代) / プリクラッシュセーフティ

トヨタ アルファード

・対象:車両(昼夜)、歩行者(昼夜)、自転車(昼)
・作動速度:10〜180km/h(対車両)、10〜80km/h(対歩行者、自転車)

最新のトヨタ セーフティセンス(第2世代)には、昼夜対応の対車両・対歩行者・対自転車の自動ブレーキが搭載されています。歩行者事故の69%は夜間に発生するという考えのもと開発され、より安心して運転できるようになりました。

デメリットは新しく登場した「トヨタ セーフティセンス(第2世代)」はアルファードとヴェルファイアのみの搭載と車種が限られている点です。今後、新しく開発されるモデルへの展開も期待しましょう。

トヨタ セーフティセンス(第2世代)についてはこちら

【日産】インテリジェント・エマージェンシーブレーキ

日産 セレナ e-POWER

・対象:車両(昼)、歩行者(昼)
・作動速度:10〜80km/h(対車両)、10〜60km/h(対歩行者)

現在の日産の自動ブレーキの主流は「インテリジェント・エマージェンシーブレーキ」です。昼間の運転に対応していて、車両・歩行者へ適用されます。

単眼のフロントカメラで車両や歩行者を検知し、衝突の可能性があると警報音とメーター内のインテリジェント エマージェンシーブレーキ表示で警告します。衝突回避動作が不十分な場合は再度警告、軽いブレーキが自動的にかかり、さらに衝突の危険が高まると強いブレーキが自動でかかります。

日産は車間距離を維持しながら走行できる「インテリジェント クルーズコントロール」の技術もいち早く取り入れています。

デメリットは自転車への対応および夜間対応ではない点です。

【ホンダ】ホンダセンシング・衝突軽減ブレーキ(CMBS)

ホンダ フリード

・対象:車両(昼)、歩行者(昼)
・作動速度:5km/h~(対車両)、5km/h~(対歩行者)

ホンダの自動ブレーキにはホンダセンシング・衝突軽減ブレーキ(CMBS)が多く採用されています。ミリ波レーダーと単眼カメラで車両と歩行者を検知すものです。

作動速度も5km/hからと低速時にも作動し、市街地や街なかでも安心して走行できます。衝突の危険を感知すると警報だけでなく、振動での警告やシートベルトの引き込みで安全を確保することも特徴です。

デメリットは対自転車や夜間対応がない点といえます。
作動速度といった性能は十分に発揮されているので、今後の期待が高まります。

ホンダセンシングについてはこちら

【マツダ】i-アクティブセンス / アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート

マツダ CX-3

・対象:車両(昼)、歩行者(昼・夜)
・作動速度:4〜80km/h(対車両)、10〜80km/h(対歩行者)

マツダはコンパクトカーからハイエンドモデルまで、全グレードにサポカーSワイドに該当していることが特徴です。

マツダの自動ブレーキは、対歩行者、対車両の自動ブレーキを搭載しているのがマツダのi-アクティブセンス アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)です。単眼カメラで歩行者、車両を検知するしくみで、一部の車種(CX-3、アテンザ)では夜の対歩行者検知も可能となりました。

デメリットは夜間の対歩行者検知可能な車種が少ないこと、夜間の対車両検知はまだできないことです。

i-アクティブセンスについてはこちら

【スバル】アイサイト(ver.3) / プリクラッシュブレーキ

スバル レヴォーグ

・対象:車両(昼)、歩行者(昼)、自転車(昼)
・作動速度:1〜160km/h

スバルのアイサイトは市販車で自動ブレーキが実用化された世界初のシステムです。ステレオカメラを使った方法で、歩行者や自転車の検知もできる点は独自性があり、高く評価されています。

アイサイトver.3ではカメラからの画像をカラーで認識可能、前方の車両のブレーキランプの点灯も把握できるようになりました。より人間の目に近い判断ができます。車両、歩行者、自転車の検知もしっかりできて、「さすがスバル!」といえるでしょう。

デメリットは夜間の検知ができないことです。
昼間の車両、歩行者、自転車の検知が可能な点は大きなメリットですので、今後は夜間の検知との組み合わせに大きく期待です。

アイサイトについてはこちら

【三菱】e-Assist(e-アシスト) / FCM(衝突被害軽減ブレーキシステム)

三菱 エクリプスクロス

・対象:車両(昼)、歩行者(昼)
・作動速度(レーザーレーダー・カメラ):5〜80km/h(対車両)、5〜65km/h(対歩行者)
・作動速度(カメラ):10〜80km/h(対車両)、10〜60km/h(対歩行者)

三菱のe-Assist FCM(衝突被害軽減ブレーキシステム)は、対車両・対歩行者の自動ブレーキです。FCMとは「Forward Collision Mitigation system」の略です。
エクリプスクロスにはレーザーレーダーとカメラを組み合わせたFCM、eKワゴンといった軽自動車にはカメラで検知するFCMが搭載されています。

デメリットは、しくみと性能が異なる2種類の自動ブレーキがあることです。
購入する前にしっかりと確認しましょう。

【スズキ】セーフティ サポート

デュアルセンサーブレーキサポート

スズキ クロスビー

・対象:車両(昼)、歩行者(昼)
・作動速度:10〜100km/h(対車両)、10〜60km/h(対歩行者)

スズキ クロスビーに採用されているデュアルセンサーブレーキサポートは、単眼カメラとレーザーレーダーを組み合わせた自動ブレーキです。自動ブレーキ対自動車の作動速度が100km/hまでと、他のメーカーに比べて速い速度にも対応していることが特徴といえます。

自動ブレーキ以外にも全方位モニター用カメラで真上から見ているような映像が見られるので、縦列駐車や狭い道の運転が苦手な方にもおすすめです。

デメリットは対自転車ではない点です。街乗りが多いスズキの車は対自転車の自動ブレーキが搭載されると、より頼もしくなるでしょう。

デュアルカメラブレーキサポート

スズキ ソリオ

・対象:車両(昼)、歩行者(昼)
・作動速度:5〜50km/h(対車両)、5〜30km/h(対歩行者)

スズキ ソリオに採用されているデュアルカメラブレーキサポートは、スバル アイサイトと近いステレオカメラ方式です。車両、歩行者にも対応。ステレオカメラのワイパー作動範囲にあるため、雨天時にも自動ブレーキが作動することがメリットです。

デメリットは同じ方式のスバル アイサイトと比べると、対自転車がないことと作動速度の範囲が狭いことです。街乗りでは十分なレベルといえますが、少し物足りなさを感じるかもしれません。

レーダーブレーキサポートⅡ

スズキ バレーノ

・対象:車両(昼)
・作動速度:5〜100km/h(対車両)

スズキ バレーノに採用されているレーダーブレーキサポートⅡは、ミリ波レーダー方式の自動ブレーキです。レーダーブレーキサポートⅡもデュアルセンサーブレーキサポートと同様、作動速度は100km/hと、速い速度でも対応可能で、高速道路の運転でも心強いでしょう。

デメリットは対車両のみのため、デュアルセンサーブレーキサポート搭載、デュアルカメラブレーキサポート搭載のモデルと比べると見劣りします。
とはいえスズキはさまざまな方式の自動ブレーキを採用しているので、今後の展開にも期待が高まります。

【ダイハツ】スマートアシスト(スマアシ)

スマートアシスト3(スマアシ3)衝突回避支援ブレーキ

ダイハツ タント

・対象:車両(昼)、歩行者(昼)
・作動速度:4〜100km/h(対車両)、4〜50km/h(対歩行者)

ダイハツ最新の自動ブレーキはスマートアシスト3(スマアシ3) 衝突回避支援ブレーキです。対車両は4~100km/h、対歩行者は4~50km/hで作動します。
ステレオカメラを使った自動ブレーキで、歩行者もしっかり検知。搭載車のラインナップも幅広く、タント、ムーヴ、ムーヴ キャンバスやウェイクなど人気のモデルに採用されています。

デメリットは対車両、対歩行者のみという点です。

女性や高齢者にも人気の軽自動車。対自転車と夜間対応のスマアシの登場もこれからありそうです。

スマートアシスト2(スマアシ2) 衝突回避支援ブレーキ

ダイハツ ブーン

・対象:車両(昼)
・作動速度:4〜50km/h(対車両)

「スマートアシスト2 衝突回避支援ブレーキ」はレーザーレーダー方式の自動ブレーキです、ダイハツのコンパクトカー、ブーンとトールに採用されています。対車両・対歩行者で、機能は十分といえるでしょう。

デメリットはすでにスマートアシスト3が登場し、多くのダイハツ車はスマアシ3が搭載されている点です。今後のモデルチェンジでスマートアシスト3へ切り替わることに期待しましょう。

スマートアシスト3についてはこちら

自動ブレーキを搭載した国産車は「サポカー」に

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す