初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【新型ジムニー/シエラ 新旧徹底比較】ラダーフレーム進化!リジットアクスル健在!変更点まとめ

2018年7月5日、スズキ新型ジムニー/ジムニーシエラが20年ぶりのフルモデルチェンジを果たしました。新型ジムニーは、大きく外観が変更されますが、伝統のラダーフレームとリジットアクスルは健在。新旧ジムニーの変更点を徹底比較し解説します。

【2018年7月5日】スズキ ジムニー/シエラが新型4代目へフルモデルチェンジ!

2018年7月5日、フルモデルチェンジを果たした新型ジムニーが公式発表。1998年に登場した3代目スズキ ジムニーから20年を経て、ついに4代目へと進化を遂げました。

さて、ジムニー20年ぶりのフルモデルチェンジでは一体どのような進化を果たしているのでしょうか。新型がどう変わったのか気になるところです。

この記事では、新型と先代の軽自動車ジムニーと普通車のジムニーシエラの違いに焦点をあてて徹底的に比較していきます。ジムニーの旧型も合わせて検討している人は特に、必見です!

【南明奈#おため試乗】アッキーナが新型ジムニーを最速取材!

クルマ好きなアッキーナこと、南明奈が、話題の車をレビューする「南明奈#おため試乗」。新型ジムニーの事前取材会にお邪魔してきました。

動画で紹介しきれなかった、新型ジムニー/ジムニーシエラの細かな変更点については、MOBYの記事で解説します。

新型ジムニー/ジムニーシエラについて詳しくは以下記事から!

外装デザインは先祖返りした強いクロカン色へ

スズキ ジムニー(軽自動車)のエクステリアデザイン新旧比較

公開された新型4代目ジムニーの外装デザイン

先代 3代目ジムニーの外装デザイン

先代 3代目ジムニー

先代 3代目ジムニー リア

新型ジムニーシエラのエクステリアデザイン

公開された新型ジムニーシエラの外装デザイン

新型 ジムニーシエラ

先代 ジムニーシエラ

先代 ジムニーシエラ

軍用車両ウィリスMB/フォードGPWをモチーフに造られた初代ジムニーは、世代を重ねるごとに乗用車らしくデザインに変更されてきましたが、新型の4代目ジムニーでは再び軍事色の強かった2代目ジムニーのようなスクエアデザインへと逆戻り。
やや飾り気はなくなりましたが、分厚い鉄板を思わせる力強い造形、正統派クロカン4WDの印象を見る人に与えます。

クロカンについて詳しくはこちら

水平垂直がはっきりしたスクエアボディは、とくにオフロードで車両姿勢の視覚的な把握を補助する傾斜計としても機能します。
バンパーや、シエラに装備されるオーバーフェンダーは、無塗装の独立した形状となっており、傷や破損した際にも容易な交換が可能になるでしょう。
それぞれが独立したシンプルな灯火類も、素早い交換を可能とした軍事車両にみられる合理的な設計です。

これまでジムニーが築き上げてきた特徴を残しつつ機能性と合理性を追求した結果の先祖返りと言えます。

特別仕様の新型ジムニーはこんなデザインかも!? こちらの記事もおすすめです!

内装デザインはさらなる機能性重視の設計へ

スズキ ジムニー(軽自動車)

新型4代目ジムニーのインパネ周りとシート

先代 3代目ジムニーの内装

スズキ ジムニー 2014年型 インパネ

スズキ ジムニー 2014年型 シート

3代目ジムニーもシンプルな内装でしたが、新型4代目ジムニーはさらにシンプルな内装になっています。
徹底した水平基調のインテリアは、エクステリアと同様に車両の姿勢を把握しやすいための配慮がなされ、各ウィンドウも四角い平面ガラスを採用。

ダッシュボード周りはガラスへの映り込みを防ぐ黒で統一された内装色は、運転に集中するための設計のためでしょう。フロントサイドウィンドウには、フロントタイヤ周りを視認できるように一段低くなったクランク形状として良好な視界を確保したことがうかがえます。

メーターは前方視界とメーターの視認性に配慮した二眼のメーターを備え、スイッチ類もあらゆる状況で感覚的に操作できるように一箇所に集中して配置された様子が画像から読み取れます。大型化されたスイッチはグローブを付けても操作できるように配慮されているように思えます。

新型4代目ジムニーは飾り気を廃して、機能性を重視したインテリアとなったのが特徴的です。

【エンジン・スペック】新型と先代モデルを比較

R06A型エンジン。画像は2011年型のMRワゴンのもの。

ジムニーエンジンスペック 新旧比較

新型ジムニー(4代目)先代ジムニー(3代目)
エンジン種類直列3気筒ターボ
(非ハイブリッド)
直列3気筒ターボ
(非ハイブリッド)
エンジン型式R06AK6A
最高出力47kW[64PS]/6,000rpm47kW[64PS]/6,500rpm
最大トルク96N・m[9.8kg・m]/3,500rpm103N・m[10.5kg・m]/3,500rpm

新型ジムニーは「R06A型」エンジンを搭載します。現在のスズキの軽自動車は先代ジムニーを除きすべて「R06A型」エンジンを採用しています。

R06A型エンジンは燃費性能に有利で運転しやすいエンジン出力の特性を持つロングストロークエンジンが最大の特徴で、ターボを搭載したモデル、ハイブリット化されたエンジンがラインナップされています。

「R06A型」エンジンについてはこちら

ジムニーシエラエンジンスペック 新旧比較

新型ジムニーシエラ先代ジムニーシエラ
エンジン種類直列4気筒NA(自然吸気)
(非ハイブリッド)
直列4気筒NA(自然吸気)
(非ハイブリッド)
エンジン型式K15BM13A
最高出力75kW[102PS]/6,00065kW[88PS]/6,000rpm
最大トルク130N・m[13.3kg・m]/4,000118N・m[12.0kg・m]/4,000rpm

新型ジムニーシエラには新開発の「K15B型」エンジンが搭載されます。

スペックこそとくに目立った点はありませんが、排出ガスレベルはEURO4を達成しており、燃費性能と動力性能を両立した実用エンジン、ノンターボでマイルドなパワーは悪路走行では有利となるでしょう。

新型ジムニー/シエラは燃費向上か

ジムニー燃費新旧比較

新型ジムニー(4代目) 先代ジムニー(3代目)
WLTC/JC08モード燃費13.2~16.2 13.6〜14.8
実燃費-10.3〜13.6km/L
[単位]km/L

*新型ジムニーの数値はWLTCモード燃費、先代ジムニーの数値はJC08モード燃費。
*実燃費は編集部調べ。

新型ジムニーの燃費はWLTCモードのみ、先代ジムニーの燃費はJC08モードのみ公開されているため、一概に比較はできません。新型ジムニーの実燃費は、先代モデルとほとんど差はないと予想できます。

ジムニーシエラ燃費新旧比較

新型ジムニー(4代目) 先代ジムニー(3代目)
WLTC/JC08モード燃費13.6~15.012.6〜13.6
実燃費-11〜13km
[単位]km/L

*新型ジムニーシエラの数値はWLTCモード燃費、先代ジムニーシエラの数値はJC08モード燃費。
*実燃費は編集部調べ。

ジムニー同様、ジムニーシエラでも新型ジムニーシエラの燃費はWLTCモードのみ、先代ジムニーシエラの燃費はJC08モードのみ公開されているため、一概に比較はできません。実燃費は先代モデルとほとんど差がないことが予想できます。

新型ジムニーは強化された新設計ラダーフレームを採用

新型ラダーフレーム

はしご状のラダーフレーム構造からなる高剛性シャシーは、ジムニーの特徴のひとつです。
今回公開された4代目ジムニーのラダーフレームの画像からは基本的な形状こそ先代と同じもの、車体と平行して走る2本のフレームの間に「X」型のような補強がされていることがわかります。

これは、車体全体をねじるような力に対して十分な強度を保つことに大きな貢献をすることでしょう。

ラダーフレームについて詳しくはこちら

3リンク式リジットアクスルサスペンションはれっきとした伝統に

廃止のうわさもあった、ジムニーのもうひとつの特徴であるリジットアクスルは継続して採用されます。先代と同じく3リンク式リジットサスペンションとなっています。
リジット式サスペンションはジムニーの伝統と確固としたものとなりました。

リジットアスクルは悪路走行時、特に車体が傾いた場合、設置している片輪に車重がかかることと、四輪独立懸架と比較してロードクリアランス(地面から車体底面部までの距離)をかせげることからジープをはじめとしたクロカン4WDに多く採用されています。

サスペンションの基本的な構造、四輪独立懸架について詳しくお知りになりたい方は下記の記事をご覧ください。

副変速機付きパートタイム4WDの駆動方式も先代と変わらず

新型ジムニーの駆動方式は先代同様、副変速機付きのパートタイム4WDとなりました。
副変速機は、悪路や雪道などで威力を発揮するスーパーローギアを有したもので、クロカン4WDでよく採用されているトランスミッション形式です。
トランスミッションもラダーフレーム同様、ジムニーの伝統を確固たるものとしました。

今回の発表では明らかになっていませんが、先代までのジムニーには採用されていないデフロックやLSDが、ハスラーに採用される「ブレーキLSDトラクションコントロール」が新型ジムニーにも採用されることが期待されます。
ブレーキLSDとは、ブレーキ制御を利用した疑似敵なLSDですが、空転したタイヤだけにブレーキをかけることで、空転していない方のタイヤに動力伝達しトラクションを確保するブレーキ制御だけでLSD効果を実現したトラクションコントロールシステムとなっています。

「LSD」について詳しくは下記の記事をご覧ください。

また、新型ジムニーはスズキの軽自動車に多く採用される、傾斜地での発進で後退を防ぐ「ヒルホールドコントロール」、急な下り坂で車速を一定に保つ「ヒルディセントコントロール」の採用も期待されます。

新型ジムニーにも先進安全技術を採用

「スズキ デュアルセンサーブレーキサポート」の作動イメージ

国土交通省は、2018年2月24日以降に生産される車の保安基準を一部改定し、「横滑り防止装置」を装着しなければならないことが義務化され、横滑り防止装置のない3代目ジムニーは2月早々と生産を終了しました。
ジムニーシエラは横滑り防止装置を装備していましたが、歩行者保護に関わる安全基準クリアできていなかったために、ジムニーと同時に生産を終了しました。

※横滑り防止装置について詳しくは下記の記事をご覧ください。

新型ジムニーには改定された保安基準に適合する衝突安全性はもちろん、他のスズキ車と同様の自動ブレーキを備えるスズキの予防安全装備「スズキ セーフティーサポート」が搭載されます。

最新の「スズキ セーフィティーサポート」の標識認識機能には、認識できる道路標識が追加され、従来までの「車両侵入禁止」に加え「最高速度」「はみ出し通行禁止」と「補助標識の終わり」を自動認識し、メーターに表示されるようになるなどさらにドライバーの安全運転を促す機能が強化されています。

【グレード構成】新型と先代モデルを比較

新型ジムニー(軽自動車)

3代目ジムニーのグレード構成は、ベーシックグレードのXGと上位グレードのXCのみでしたが、新型ジムニーではXG・XL・XCの3グレードがラインナップされます。
ベーシックグレードのXG、装備を追加したXLは、スズキセーフティサポートがオプション装備。
最上級グレードのXCは豪華装備とスズキセーフティサポートが標準装備となり、それぞれのグレードに5MTと4ATのトランスミッションが用意されます。

新型ジムニーシエラ

先代では、モデル途中で単一グレード化され、トランスミッションの違いだけだったジムニーシエラ。新型のグレード構成は、スズキセーフティサポートがオプション装備となるベーシックグレード「JL」と装備の充実とスズキセーフティサポートの標準装備される上位グレードの「JC」の2グレードがラインナップします。

新型ジムニーのグレード構成について詳しくはこちら

【価格】新型と先代モデルを比較

ジムニー車両価格 新旧比較

新型ジムニー(4代目)先代ジムニー(3代目)
新車車両価格146〜184万円123〜148

新型ジムニーの新車車両価格はエントリーモデルで約20万円ほど値上げされています。新しいエンジンや改良されたラダーフレーム、走行システムの追加や安全装備の追加など多くの変更が加えられたことを考慮すると、妥当な値上げだと言えます。

ジムニーシエラ車両価格 新旧比較

新型ジムニーシエラ先代ジムニーシエラ
新車車両価格176〜202万円167〜168万円

ジムニーシエラの方は、ジムニーよりも安全装備の変更点が少ないため十数万円の価格増に抑えられています。

4代目新型ジムニーはどう進化した?

先代ジムニーまでに採用されたラダーフレーム、副変速機付きパートタイム4WDリジットアクスル式サスペンンションの3つの要素は4代目の新型になっても継承され伝統となりました。
ラダーフレームは強度を増した設計へと進化しましたが、3つの伝統要素については「熟成」といった言葉のほうがしっくりくるのではないでしょうか。
外装デザインについては、進化というよりジムニーの基本に戻った印象を受け、進化したものといえば安全性能ぐらいです。

しかし、このフルモデルチェンジは、ジムニーのファン、車好きの多くの人に強い印象を与えるものとなり特に、昭和から平成の時代の流れとともにカーライフを送ってきた人々の心には刺さってくれそうな1台となるでしょう。

今後の続報で、新型ジムニーに試乗インプレッションがお届けできれば、データ上の情報からはわからない新型ジムニーの進化の一面がお伝えできるかと思います。
ご期待ください!

【アンケート結果発表】新型ジムニーと旧型ジムニー、どちらが人気?

新型ジムニーがカッコいい!という声がネット上で多く見受けられますが、その一方で前のモデルの方が好きだった、という声も。果たして本当に新型ジムニーのほうが人気なのか、世間の声を知るため、MOBY編集部ではツイッターで独自にアンケート調査を実施しました。

その結果がこちら。

新型ジムニーvs旧型ジムニー アンケート

© MOBY

結果はなんと約8割が「新型ジムニーの方が好き」と回答。人気の高い旧モデルに軍配があがる可能性すら想定していましたが、まさかの新型ジムニーの圧勝でした。

旧モデルが9度のマイナーチェンジを経て完成度を高めていったように、新型ジムニーもこれからますます愛される車になることでしょう。新型ジムニーの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください!

スズキ新型ジムニーの関連記事

スズキの新型車最新情報はこちら

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!