初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【最新2016年】ぶつからない車ランキングTOP10!自動ブレーキを評価で徹底比較

毎年、数多くの自動車が販売されますが、どのような車に乗るのか決める時に大切となるのが、デザイン・価格・燃費・走行性能等あるかと思います。中でも、どんな車でも重要なのは、車の安全性です。ここでは、予め車が衝突することを回避してくれるような機能を備えた「ぶつからない車」をランキング形式にて紹介します。

ぶつからない車ランキングとは?

安全性の高い車=ぶつからない車

トヨタ 衝突回避支援ブレーキ機能 (対車両)

「ぶつからない車ランキング」とは、予め車が衝突することを回避してくれるような機能を備えた車を点数付けし、ランキング形式にしたものです。

点数付けは政府(国土交通省)と独立行政法人(自動車事故対策機構)が行っている「予防安全性能アセスメント」の点数を利用します。

「予防安全性能アセスメント」は、安全な車の情報をユーザーに提供するとともに、自動車メーカーに安全な車の開発を促し、実際に交通事故の死傷者を減らすことに貢献しています。

なお、評価点の構成は、「被害軽減ブレーキ」が32点、車線の「はみ出し警報」が8点満点、「後方視界情報」が6点の全46点満点となっています※。

※2014年までは「後方視界情報」は評価に入っていませんでした。

ぶつかった時に安心?の頑丈な車についてはこちら

10位:トヨタ オーリス

トヨタ オーリス HYBRID GPackage 2016年

ぶつからない車ランキング10位は、トヨタ「オーリス」です。
評価点は【44.3/46点】です。

評価点の内訳は、
被害軽減ブレーキ:30.3点/32点
はみ出し警報  :8点/8点
後方視界情報  :6点/6点

被害軽減ブレーキで1.7点減点されており、はみ出し警報と後方視界情報は満点となっている。

被害低減ブレーキの1.7点の減点理由は、40~50km/h以降での衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)テストで良い成績が残せず、55km/h~60km/hのAEBSテストは行われない結果となったからです。

安全装備は、トヨタ独自の衝突回避支援パッケージ“Toyota Safety Sense C”を搭載しており、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーとなっています。

なお、“Toyota Safety Sense C”は一部グレードで標準、他はオプションとなっています。

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


9位:トヨタ ヴィッツ

トヨタ ヴィッツ 特別仕様車F LED Edition 2015年

ぶつからない車ランキング9位は、トヨタ「ヴィッツ」です。
評価点は【45/46点】です。

評価点の内訳は、
被害軽減ブレーキ:31点/32点
はみ出し警報  :8点/8点
後方視界情報  :6点/6点

被害軽減ブレーキで1点減点されており、はみ出し警報と後方視界情報は満点となっています。

被害低減ブレーキの1点の減点理由は、45~50km/hでの衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)テストで良い成績が残せず、55km/h~60km/hのAEBSテストは行われない結果となったことが理由です。

安全装備はオーリスと同様、トヨタ独自の衝突回避支援パッケージ“Toyota Safety Sense C”を搭載しており、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーとなっています。

なお、“Toyota Safety Sense C”は一部グレードで標準、他はオプションとなっています。

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


8位:スズキ スペーシア

スズキ スペーシア 2015年

ぶつからない車ランキング8位は、スズキ「スペーシア」です。
唯一の軽自動車でのランクインとなっており、評価点は【45.8/46点】です。

評価点の内訳は、
被害軽減ブレーキ:31.8点/32点
はみ出し警報  :8点/8点
後方視界情報  :6点/6点

被害軽減ブレーキで0.2点減点されており、はみ出し警報と後方視界情報は満点となっています。

被害低減ブレーキの0.2点の減点理由は、45~50km/hでの衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)テストで良い成績が残せず、55km/h~60km/hのAEBSテストは行われない結果となったことが理由です。理由はヴィッツと一緒ですが、ヴィッツより若干成績が良かったので、8位となっています。

安全装備は、スズキ独自の「デュアルカメラブレーキサポート」「誤発進抑制機能」「車線逸脱警報機能」「ふらつき警報機能」「先行車発進お知らせ機能」を搭載しており、ステレオカメラを利用した検知センサーとなっています。

なお、安全装備はオプションとなっています。

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


7位:スバル エクシーガ クロスオーバー7

スバル エクシーガ クロスオーバー7 ACTIVE STYLE 2016年

ぶつからない車ランキング8位は、スバル「エクシーガ クロスオーバー7」です。
評価点は【45.9/46点】です。

評価点の内訳は、
被害軽減ブレーキ:31.9点/32点
はみ出し警報  :8点/8点
後方視界情報  :6点/6点

被害軽減ブレーキで0.1点減点されており、はみ出し警報と後方視界情報は満点となっています。

被害低減ブレーキの0.1点の減点理由は、45~50km/hでの衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)まで行われたものの、55km/h~60km/hのAEBSテストは行われない結果となったことが理由です。50km/hまでは満点なだけに、本来は満点に限りなく近いと考えられますが、結果8位となっています。

安全装備は、スバル独自の「アイサイト」シリーズを搭載しており、後方視界情報に関しては、「リヤビューカメラ」を搭載しています。

なお、後方視界情報機能である「リアビューカメラ」はオプション装備となっています。

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


その他の○○な車ランキングはこちら

満点で1位が複数?

1~6位は、なんと全車満点の1位となっています。
●1位:トヨタ カローラアクシオ
●1位:トヨタ シエンタ
●1位:トヨタ ランドクルーザー
●1位:レクサス LX
●1位:スバル レガシィ
●1位:スバル レヴォーク
順にご紹介します。

1位:トヨタ カローラアクシオ

トヨタ カローラアクシオ 特別仕様車 HYBRID G 50Limited 2016年

ぶつからない車として「予防安全性能アセスメント」にて満点を獲得したトヨタのカローラアクシオ。

安全装備は、トヨタ独自の衝突回避支援パッケージ“Toyota Safety Sense C”を搭載しており、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーとなっています。

なお、“Toyota Safety Sense C”は一部グレードで標準、他はオプションとなっています。

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


1位:トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ HYBRID G 2015年

ミニバンとして唯一ランクインしているのが、トヨタ シエンタです。評価点は満点で予防安全評価で1位となっています。

安全装備は、他のランクインしているトヨタ車と同様にトヨタ独自の衝突回避支援パッケージ“Toyota Safety Sense C”を搭載しており、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーとなっています。

なお、“Toyota Safety Sense C”はオプションとなっています。

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


1位:トヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザーも予防安全評価が満点として、1位にランクインしています。

安全装備は、トヨタ独自の衝突回避支援パッケージ“Toyota Safety Sense P”を搭載しており、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーとなっています。また、後方視界情報は、「ブラインドスポットモニター」「リヤクロストラフィックアラート」「マルチテレインモニター」が搭載されています。

なお、「ブラインドスポットモニター」は一部グレードに標準装備、一部グレードでオプション装備、「リヤクロストラフィックアラート」「マルチテレインモニター」は一部グレードのみオプション装備可能となっています。

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


1位:レクサス LX

レクサス LX570 2015年

レクサスもトヨタのブランドの一つですが、レクサスLXも他のトヨタ車同様に予防安全評価が満点として、1位にランクインしています。
安全装備は、レクサス独自の”Advanced Pre-Crash Safety System”及び”Pre-Crash Safety System”が搭載されており、ミリ波レーダーとステレオカメラを併用した検知センサーとなっています。

なお、”Advanced Pre-Crash Safety System”及び”Pre-Crash Safety System”は一部グレードで標準装備またはオプション装備となっています。

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


1位:スバル レガシィ

スバル レガシィB4 Limited 2016年

やはり残る1位はスバル車でした。
まずは、スバルのフラッグシップであるレガシィです。
レガシィも「予防安全性能アセスメント」評価が満点でした。

レガシィの安全装備は、最新「アイサイト」シリーズ(アイサイトver3)が搭載されており、後方視界情報に関しては、「リヤビューカメラ」を搭載しています。

なお、後方視界情報機能である「リアビューカメラ」はオプション装備となっています。

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


1位:スバル レヴォーグ

最後の1位は、スバル レヴォーグです。

レヴォーグの安全装備は、レガシィと同様に、最新「アイサイト」シリーズ(アイサイトver3)が搭載されており、後方視界情報に関しては、「リヤビューカメラ」を搭載しています。

なお、後方視界情報機能である「リアビューカメラ」はオプション装備となっています。

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


満点続出の「ぶつからない車」

トヨタ レーダークルーズコントロール 作動イメージ

ぶつからない車ランキング、いかがでしょうか。
2014年では、3車種のみが満点でしたが、今回はTOP10中6車種が1位という、満点続出でした。

特に、トヨタの「Toyota Safety Sense」シリーズやスバルの「アイサイト」シリーズの技術が大きく影響しています。

これらの予防安全装備は、今後、車を選択するにあたってますます重要な要素となってきます。
「予防安全性能アセスメント」はの評価は今後とも更新され、満点の車が増えていくと考えられます。将来的には満点が一つの基準となるかもしれませんね。

車の安全に関連するおすすめの記事

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社