車の免許を取るならオートマとマニュアルどちらがおすすめ?

車の免許を取るときにオートマとマニュアルどちらのほうがいいのか悩みますよね。どちらのほうが多く取得されているのか、オートマとマニュアルの違い、実際に免許を持っている人の意見、日本と海外の違いなど、様々な観点でのおすすめを調べてみました。

オートマ(オートマチック・トランスミッション)とは

オートマ(オートマチック・トランスミッション)はギアチェンジをするためのクラッチがなく、走行条件に合わせてギアチェンジを自動でしてくれます。
オートマのほうが運転が簡単ということになります。

マニュアル(マニュアル・トランスミッション)とは

マニュアル(マニュアル・トランスミッション)はギアチェンジをするためのクラッチがあります。
走行条件に合わせた操作を手動ですることになります。
運転が好きな人はマニュアルのほうが楽しいかもしれません。

オートマとマニュアルの免許の違いってなに?

オートマで免許を取ると、教習時間がマニュアル車より少なくなります。
しかしマニュアル車の運転はできません。

マニュアルで免許を取ると、教習時間はオートマに比べ多くなりますが、オートマ車も運転することができます。
教習所の料金も、オートマのほうがマニュアルより教習時間が少ないため少し安くなっています。

オートマとマニュアルの性能的な違いは?

オートマとマニュアルの主な違いはなんでしょうか。
多くの人は、クラッチの有無や運転の操作性は把握していると思います。
日本ではオートマの普及率がとても高く、多くの企業の営業車でもオートマの普及が進みました。

【オートマの強み】
・ギアチェンジする必要がない。
・一家に一台オートマ車があれば、気軽に誰でも運転ができる。
・免許取得時の費用が安く済み、教習時間の短縮にもなる。
・日本の場合、オートマ車のラインナップが多い。
・エンストの心配が少ない。

【マニュアルの強み】
・走行に合わせてギアチェンジができるため、燃費がオートマ車と比較すると良い。
・マニュアル車の免許を取れば、就職時の範囲が広がる。
・走りが好きな方には、楽しんでドライブができる。
・外車に乗りたい方には、選択肢の幅が広がる。

重複してしまう箇所もありますが、ざっくりとこんな感じにまとめられます。

免許を取った人はどう思っているの?本音調査!!

普通自動車免許を所持している社会人422人を対象に、オートマとマニュアルのどちらを選んだのか、選んだ理由などを調査しています。

いろんな意見がありますね。
それでは実際にはどちらの免許のほうが多く取られているのでしょうか。

オートマとマニュアルどちらの免許を取る人が多いのでしょう

普通免許のMT免許とAT免許の取得割合について調べてみました。
AT免許が平成21年に50%に達し、以降も増加傾向が続いてます。

※表の取得者数は普通免許試験の合格者数をもとにしています
※免許取消や失効となり、自動車教習所で再取得した人も新規取得者として含まれています
※参考資料:運転免許統計

出典:http://1license.com/

Q.持っている普通自動車免許は「AT限定免許」ですか?
【男性】
はい......24.5%
いいえ......75.5%
【女性】
はい......81.9%
いいえ......18.1%

男女でくっきりと分かれました。まだまだ男性には「男ならMT免許!」と見栄を張る人が少なくなさそうです。その点女性は合理的といえますね。

出典:http://news.ameba.jp/

平成3年に普通自動車のオートマ限定ができるまでは、マニュアルで免許を取ることが当たり前でした。
オートマ限定ができてからもオートマ車しか運転できないことに対するイメージや、社用車にマニュアルが多いことなどの様々な理由から、マニュアルで免許を取る人のほうが多かったのです。

しかし、近年では操作のしやすさなど、オートマ車が主流になっています。
男女比では男性はマニュアル免許を取る人がまだ多いのですが、オートマ限定免許を取る人も増えてきました。

オートマ車とマニュアル車どちらが売れている?

1980年代はMT車の販売台数の方が多く1990年代に逆転、徐々にMT車販売台数が減っていき2011年度ではAT車比率が98.5%になりました。
時代と共にAT車の普及が強まってきたのが分かります。

出典:http://menkyo.bz/

マニュアル車も販売していますが、比率を見てみると販売車数は圧倒的にオートマ車だということがわかりますね。

日本ではオートマが主流ですが、海外はどうなのでしょう?

数々の有名メーカーが名を連ねるヨーロッパでは、クルマはMT車が主流となっています。
その割合は85%以上にも上るほどです。

出典:http://carnext.jp/

しかし、大西洋を隔てて反対側にあるアメリカでは10台中9台はAT車であり、その割合はほぼ半世紀の間、変わっていません。

出典:http://carnext.jp/

海外や日本でのオートマとマニュアルの比率は、国それぞれの交通事情・ガソリンの値段・人々の所得状況でも違うのですね。

さいごに・・・

日本で免許を取る場合、オートマ限定免許で十分だと言えます。
しかし仕事上マニュアル車の運転が必要であったり、海外旅行先でレンタカーを借りることがある場合はマニュアルで免許を取るほうがいいと思います。

もしオートマ限定で免許を取っても、教習所にてオートマ限定解除のための追加講習を受け見極めで合格すれば、限定解除となります。

参考までに、現在の日本の新車登録台数のうち、マニュアル車の登録比率は1〜2%ほどです。

自分のライフスタイルに合わせて免許を取るといいですね。

人気の合宿免許プランの現在の最安値はこちら

└→合宿免許ドリーム

その他のおすすめ関連記事はこちら!

最も取得者の多い国家資格である運転免許。18歳以上になれば競って大学生を初め、多くの方が取得します。時間の余裕のある主婦でも時間の無い社会人でも、今からでも運転免許の取得したいという方も多いでしょう。仕事や学校と両立したい方や自分のペースで運転免許を取得したい方もいらっしゃるかと思います。ここでは、「費用が高い」「時間が無い」と悩むあなたのために、あまりしられていない運転免許の取得方法について解説しています。

運転免許をとりたいけど、お金がちょっと厳しい……。教習所へ通うとなると、平均で30万円前後。合宿免許にしても18万円前後はかかってしまいますよね。しかし、地域を限定せずに全国の教習所を候補にすると、意外と安いプランを提案しているところがたくさんあるんです。そこで今回は『できるだけ安く済ませたい!格安で通える合宿免許教習所3選』をご紹介します。

自動車免許を取得するために、ポピュラーな方法の一つが「合宿」。通学教習よりも比較的スピーディーに取ることができ、費用が安いのも魅力です。しかし、せっかくならそんな合宿教習の中でも、出来れば格安のところを利用したいですよね。近くで激安のところがないかな?とお探しのあなたのために、最適な合宿プランが見つかるサイトをご紹介します!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す