初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【今買えるガルウィングドア車とカスタム方法】メリット・デメリットは?

スーパーカーが採用するガルウィングドアのメリット・デメリットについて解説します。またガルウィングドアへのカスタム方法や、現在販売されるガルウィングドア、歴代の有名なガルウィングドアを採用する車を紹介します。

ガルウィングとは?

一般的な車のドアは「ヒンジドア」と呼ばれる横開きのドア。「ヒンジ」とは「蝶番」のことをいい、家屋のドアについている開閉軸と同じ機構です。スーパーカーやレーシングカーの象徴ともいえる「ガルウィングドア」は、横開きのヒンジドアに対して、縦に開くドアを指しますが、上に開くドアすべてが「ガルウィングドア」ではありません。

ランボルギーニ カウンタックのように、ドア取り付け部を軸に垂直に持ち上がるものはハサミの動きを模して「シザードア」。フェラーリのようにAピラーを軸に持ち上がるドアは蝶が羽ばたくような動きから「バタフライドア」というのが正確な名称。

よく混同されがちなのですが、「ガルウィングドア」とは、あくまで「カモメの翼」のように、車の屋根部分のヒンジを軸に持ち上がる機構のみを指します。

ガルウィングなどの跳ね上げ式ドアの種類についてはこちら

ガルウィングドアをもつ歴代の名車

【世界初】メルセデス・ベンツ 300SL

ガルウィングドアがはじめて採用された車は、1954年に誕生したメルセデス・ベンツ 300SL。レーシングカーとして開発された300SLは、ボディ剛性確保のためにサイドシルが高くなりすぎてしまい、ヒンジドアでは乗り降りが非常に困難であるため、ガルウィングドアが採用されることになりました。

【現代に復刻】メルセデス・ベンツ SLS AMG

2010年に登場したメルセデス・ベンツ SLS AMGは、300SLのオマージュとして開発されたAMGの独自開発モデル。トレードマークとなったガルウィングドアはもちろん、至るところに300SLの特徴が再現されています。

【国産市販量産車で唯一】マツダ/オートザム AZ-1・スズキ キャラ

マツダ/オートザム AZ-1とOEM車であるスズキ キャラは、歴代国産スポーツカーのなかでもとくに異色の存在。軽自動車ながらも、個性的なスタイリングでスーパーカーのような迫力があります。あまりに車体が小さく、ヒンジドアでは乗り降りが困難なためガルウィングドアが採用されました。

限定販売では「三菱 スタリオン』

限定車ではあるものの、三菱 スタリオンにもガルウィング仕様が存在します。1989年より始まったテレビ朝日ドラマ「ゴリラ・警視庁捜査第8班」で、舘ひろし演じる伊達刑事の愛車であったガルウィングのスタリオンが限定5台で販売されました。

【バック・トゥ・ザ・フューチャー】デロリアン DMC-12

人気映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場したタイムマシーンであるデロリアン DMC-12もガルウィングを採用する数少ない車です。誕生したのは1981年にもかかわらず、いまだに新しさを感じる未来的なデザインのデロリアン。デザインを手がけたのは、有名カーデザイナーのジョルジェット・ジウジアーロです。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!