初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

フォルクスワーゲン新型up! GTI 発売開始!6速MTも採用でスペックと価格は?

最も小型のフォルクスワーゲン「up!」。2018年6月ついに「up! GTI」が日本でも発売開始となります。新型up! GTIのスペックや価格など、フォルクスワーゲンの歴史でもあるGTIシリーズにラインナップされた「up!」の実力を解説します。

フォルクスワーゲン新型「up! GTI」フルモデルチェンジ!600台限定発売開始

フォルクスワーゲン新型 up! GTI

フォルクスワーゲングループ ジャパンは、2018年6月8日に「up! GTI」を日本で正式発表。同日から全国フォルクスワーゲン正規ディーラーでの600台限定発売を開始しました。

GTIシリーズの初登場は1976年の「ゴルフGTI」。そこから始まったフォルクスワーゲンの伝統とも言えるGTIシリーズは、コンパクトカー市場を牽引するモデルとして長く時代を支えています。

今回は「up! GTI」だけではなく「ゴルフGTI」「ポロGTI」も同時発表。GTI3兄弟がそろい踏みの、フォルクスワーゲンGTI史上に残る記念年となりそうです!新型up! GTIのスペックや価格など、最新情報をご紹介します。

フォルクスワーゲン up! の詳細はこちら

新型up! GTIは直噴1.0Lターボ搭載でスペックは?

フォルクスワーゲン新型 up! GTIのエンジン

新型up! GTIのパワートレインは1.0L(正確には「999cc」)のエンジンに6速MTを組み合わせており、。最高時速196km/hに達します。エンジンの最大トルクは2,000〜3,500rpmで発揮されますので、街中での渋滞でもストレスなく走らせることができるでしょう。

高速道路では、レッドゾーンまで引っ張らずスピードにのせることに注意しながらシフトチェンジをすれば、気持ちよく加速できます。しかし、GTIの本領を発揮できるのはワインディングでしょう!5,000〜5,500rpmでのシフトチェンジは最大出力を十分に発揮でき、本来のGTIとしてのキビキビとした走りを体感できます。

また新型 up! GTIのエンジンはup! としてはじめて「ガソリンエンジン用粒子フィルター」の触媒コンバーターを採用。欧州の最新排出ガス基準である「Euro6」に適合しています。

フォルクスワーゲン 新型up! GTIのパワートレインスペック

エンジン種類直列3気筒DOHC
インタクーラー付ターボ
排気量1.0L
最高出力85[116]/5,000〜5,500
最大トルク200[20.4]/2,000〜3,500
トランスミッション6速MT
駆動方式FF
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型up! GTIのエクステリア(外装)デザイン

フォルクスワーゲン新型 up! GTI

フォルクスワーゲン新型 up! GTI

新型up! GTIのエクステリアデザインは、フロントラジエターグリルを二分化するような赤いストライブと右ヘッドライト横に取り付けられている「GTI」エンブレムが目を引きます。

ラジエターグリルから覗くハニカムデザインの格子は、可愛らしいノーマルのup! とは異なるホットハッチバックとしての引き締まったフロントマスクです。

フォルクスワーゲン 新型up! GTIのボディサイズ

全長全幅全高
3,6251,6501,485
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4201,0004
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

新型up! GTIのインテリア(内装)デザイン

フォルクスワーゲン新型 up! GTIの運転席

フォルクスワーゲン新型 up! のインパネ

新型up! GTIのインテリアで目に入るのは「クラーク柄」と呼ばれる、タータンチェックのファブリックシートでしょう。ステアリングやシフトノブはレザーを使用した専用アイテムとなっています。

インストゥルメントパネルの中央上部には、「VW純正インフォテイメントシステム」スパートフォンフォルダーがあり、スマートフォンにダウンロードした専用アプリ「Volkswagen maps+more」にて、up! GTIのインフォテイメントシステムと連携することができます。

フォルクスワーゲンによる宣伝フレーズ「足が速いだけで、モテる時代は終わりました。」の通り、新型up! GTIは走りに徹したドライビングを楽しむだけではなく、最新の技術で移動時間を楽しむことができる、新しい現代の新GTIとしての魅力を備えています。

次のページ

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!