初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ポルシェ新型911 PHEV(プラグインハイブリッド)は2021年発売か!スペックや価格を予想

次世代のポルシェ新型911(992型)に、PHEV(プラグイン ハイブリッド)モデルが追加されることがほぼ確定的となりました。最新情報から新型911に搭載されるPHEVのスペックや価格を予想します!

次世代新型911に「PHEV」を設定か?

ポルシェ次世代 新型911 PHEVの予想レンダリングCG

次世代新型911にPHEVモデルが設定される可能性が濃厚です。

ポルシェのCEO「オリバー・ブルーメ」氏はジュネーブモーターショー2018にて、8代目となる新型911の次期型(992型)に「PHEV(プラグイン ハイブリッド)モデル」の設定を示唆。911史上もっとも強力な911となるだろうとメディアに語りました。

ポルシェは今まで911のPHEV搭載についての噂を否定していましたが、このブルーメ氏の発言により911のPHEV搭載計画の事実を認めた形となりました。

上はMOBYが入手した新型911 PHEVの予想レンダリングCGです。小さく「e-hybrid」の文字が入っているのが見て取れます。

新たな歴史を迎えることになるポルシェ 911シリーズ。「新型911 PHEV」のスペックや価格に関する最新情報や最新予想をお届けします!

新型911(992型)について詳しくはこちら

プラグインハイブリッドは新型911「カレラ」と「ターボ」に搭載予定

ポルシェ新型911ターボ(スパイショット)

《参考》ポルシェ パナメーラ4 E-ハイブリッドの充電口

新型911に搭載されるPHEVシステムは、「カレラ」と「ターボ」にそれぞれ設定されるようです。PHEVシステムの採用となれば、 パナメーラ4 E-ハイブリッドのように、ボディに充電口が備えられるでしょう。

現行ターボの駆動方式はすべて4WDですが、現行カレラの駆動方式には「RR」と「4WD」が存在します。このことからカレラにPHEVシステムを搭載するのかについては疑問が残ります。よって、現行ターボに合わせ、4WDの設定がある「カレラ4」「カレラ4S」シリーズのみにPHEVを搭載する可能性が高いでしょう。

そうすることで「カレラ」のエントリーモデルの価格を大きく引き上げることなく、選択肢のあるラインナップ構成とすることができます。

ポルシェ新型パナメーラとカイエンのPHEVシステムを搭載?

ポルシェ カイエンS E ハイブリッド

パナメーラターボS Eハイブリッド

新型911に搭載されるPHEVシステムは、2種類となるようです。
カレラには「カイエンS Eハイブリッド」に近いPHEVシステムを、ターボには「パナメーラターボS Eハイブリッド」のPHEVを搭載すると予想されています。

「Sモデルの4WD+PHEV」となっているカイエン / パナメーラからのPHEVシステムを利用するということを考えると、カレラは「カレラ4S」のみがPHEVとなることもあり得ます。

さらに、新型911は新世代のプラットフォーム「MMB」を採用することでトレッドが拡大され、PHEVを搭載するスペースが確保されます。また先、進運転支援システム(ADAS)を搭載されることも明らかにされています。

ポルシェ新型カイエンやパナメーラのPHVモデルについてはこちら

ポルシェ新型911 PHEVのスペック・航続距離を予想

ポルシェ パナメーラ4 E-ハイブリッドのメーター

新型911カレラは、搭載予定の「カイエンS Eハイブリッド」をベースとしたPHEVシステムの合計最高出力は420PS程度と予想されています。
また、新型911ターボの「パナメーラターボS Eハイブリッド」の電気モーターを合わせた最高出力は700PSになると予想されています。これはハイパフォーマンスカー「911GT2 RS」と同等の実力です。

さらに加速時のエンジンアシスト「エレクトリック・ブースト」機能も装備する予想もあり、新型911のPHEVモデルは次期型911(992型)のフラッグシップモデルとなる可能性が高いでしょう。

参考までに、新型911ターボのPHEVモデルのスペックは、0-100km/h加速 3.3秒を、電気モーターのみで走行する「Eモード」での最大航続距離は60kmを目指しているといわれています。

ポルシェ 911GT2 RSについてはこちら

ポルシェ新型911 プラグインハイブリッドの発売日と価格予想

カレンダー 日程 発売日

©Shutterstock.com/ Laborant

新型911(992型)のワールドプレミアは、2018年10月に開催される「パリモーターショー2018」が有力候補となっていますが、ここではPHEVの発表はないと思われます。
新型911のPHEVモデルはまだ開発途中であるため、ワールドプレミアは早くて2年後の2020年中となり、発売日は2021年になる見込みです。

新型911 PHEVモデルの価格の予想は以下の通りです。

カレラ 4 / 4S ベース1,500〜1,800万円
ターボS ベース3,000〜3,500万円

ベースとなるモデルによって価格変動があると思われますが、新型911のフラッグシップとなれば価格も最高峰になることは間違いないでしょう。

ポルシェ911にPHEVモデルがラインナップされることは、911だけでなくポルシェの歴史を大きく変え、EVの新時代が見えてくるような気がしますね。
今後のポルシェの動向に注目が集まります!

ポルシェ注目のEVについてはこちら

ポルシェの新型車に関するおすすめ記事

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!