初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ガラスコーティングの洗車時などの注意点と耐久性は?ワックスがけNG!おすすめ商品も

ガラスコーティング後、機械式洗車機はOK?

ガラスコーティング後の洗車機の利用は、あまりおすすめできません。

洗車機の利用でガラスコーティングが剥がれることはありませんが、手作業での洗車と比較すると細かい洗車傷が目立ち、洗車傷の蓄積によって撥水性や防汚性も低下してしまいます。

ガラスコーティングを施した車は、簡単な汚れなら水で流すだけで落とせるので、よほど急いでいるわけでもない限り、手作業での洗車をおすすめします。

洗車機の選び方や使い方についてはこちら

洗車機で車のガラスコーティングをするのはアリ?

ガラスコーティングした車の正しい洗車方法とは?

ガラスコーティングは水洗いだけでOK?

ガラスコーティングは防汚性が高いため、普段は簡単な水洗いだけでOKです。

洗車の手順としては、まず車体全体を水で濡らし、細かい埃や汚れを落とします。
次に水を含ませたタオルやスポンジで、車体表面をこすり洗いしましょう。
この際、強くこすったり円を描くように洗うと細かい洗車傷が目立ってしまうので、一定方向に向かってゆっくりと撫でるように洗う必要があります。

汚れを落とせたら一度車体全体を水で洗い流し、マイクロファイバークロスなどの吸水性の高い布を用いて丁寧に水分を拭き取りましょう。

手洗い洗車についてはこちら

油脂汚れには脱脂剤を使おう

ガラスコーティングにも、水洗いだけでは落とせない汚れがあります。それは、アスファルトから飛散したピッチやタールなどの油脂成分の強い汚れです。

油脂成分の強い汚れは、脱脂剤を染み込ませたウエスで優しく拭き取り、最後は脱脂剤の成分が残らないように水でしっかり洗い流しましょう。

ガラスコーティングの上からのワックスがけはNG?

ガラスコーティングの上からワックスがけを行うことについては、何も問題はありません。

ガラスコーティングした車はワックスがけをする必要はありませんが、どうしてもツヤや輝きがほしいなどワックスがけをする場合はノーコンパウンドタイプのワックスを使いましょう。

ただし、コーティングの種類によってはワックスがけNGの場合があるため、取り扱い説明書やコーティング担当者に必ず確認してください。

また、ディーラーや業者によるコーティング保証に加入している場合、保証書で禁止されている事項を行うと保証対象外となってしまう場合があります。保証を気にする方は、ワックスがけや洗車機の前に保証書の禁止事項を確認することをおすすめします。

おすすめガラスコーティング剤5選

硬化ガラスコーティング剤 ピカピカレインPREMIUM

ガラスコーティング剤の専門メーカー・ピカピカレインの製品です。
無機質ガラスの皮膜を形成し、塗装を傷から守ります。
撥水性と親水性の長所をあわせもつ、「滑水性」という特性を備えています。
効果は約3年間持続するので、コストパフォーマンスも抜群です。

ガラスコーティング剤 SUPER (スーパー) ピカピカレイン 親水性

ピカピカレインの親水性ガラスコーティング剤です。
3年間効果が持続し、塗装を強力に保護します。

バイク用 硬化型ガラスコーティング剤 ピカピカレイン

ピカピカレインのバイク用滑水性ガラスコーティング剤です。
細かな傷ができやすいバイクの塗装を保護し、効果は約3年間持続します。

ガラスコーティング剤 HYPER (ハイパー) ピカピカレイン 撥水性

ピカピカレインの撥水性ガラスコーティング剤です。
他のピカピカレイン製品と同様に、効果は約3年間持続します。

業務用ガラスコーティング剤30ml 完全硬化型 SHF Glass Coat Pro

コーティング専門店のプロが使用している業務用ガラスコーティング剤です。
1本30mlでアルファードなどの大型ミニバンにも施工できます。
施工用のマイクロファイバータオルが3枚付属します。

ガラスコーティングした車の洗車におすすめのグッズ3選

ガラスコーティング メンテナンス剤 ナノピカピカレイン 滑水性

ピカピカレイン製ガラスコーティング剤用のメンテナンス剤です。
洗車後にスプレーしてふき取るだけで、ツヤとガラス皮膜を維持できます。

[TARO WORKS] 洗車 スポンジ マイクロファイバークロス 手洗い 傷防止 グローブ ブラシ

マイクロファイバー製の高性能洗車スポンジです。
手にはめて使えるので、ガラスコーティングを繊細に優しく洗うことができます。
軟らかなマイクロファイバーは細かな傷も付けません。

【 CARZOC / カーゾック 】洗車タオル マイクロファイバータオル 洗車職人のこだわり 洗車ふき取り 2枚セット 超吸水

マイクロファイバー製のふき取り用吸水タオルです。
抜群の吸水性と速乾性を兼ね備え、ガラスコーティングにも傷をつけず優しく水をふき取れます。
2枚セットで便利な携帯用ケースも付属しており、コストパフォーマンスは抜群です。

ガラスコーティングした車の3つの注意点

定期的な手洗い洗車を忘れずに

ガラスコーティングがいくら汚れにくいと言っても、1か月以上洗車をしなければさすがに汚れが目立ってきます。気付かないうちに水だけでは落とせない、厄介な汚れが付着している場合もあるので、メンテナンスも兼ねた月1回の定期的な洗車を忘れないようにしましょう。

ガラスコーティングした車の洗車は、なるべく手洗いで行うようにしましょう。
洗車機を使用すると、細かい傷が蓄積され、耐久性や撥水性などを低下させてしまいます。

おすすめ洗車グッズはこちら

メンテナンスは説明書に従ってこまめに

ディーラーや業者による「◯年保証」を謳うガラスコーティングであっても、施工時のきれいさがそのまま何年も続くということはありません。コーティングの効果は日常の汚れによって徐々に悪化してしまうので、車をきれいに保ちたいのであれば、こまめなメンテナンスが必要です。

状態が悪く見えるのは「ガラスコーティングが取れた」のではなく、「汚れでコーティング効果が薄くなった」ため。こまめにメンテナンス剤を使用すれば効果はほぼ復元できます。

ガラスコーティングのメンテナンスについては、各商品に合った液体メンテナンス剤やメンテナンスクリーナーが付属されていることが多いです。取り扱い説明書に従って、専用のカーシャンプーやメンテナンス剤を使用しましょう。

青空駐車はNG

耐久性が高いガラスコーティングですが、さすがに野ざらしでは直射日光や風雨によって、コーティングの劣化が早まってしまいます。
美しいツヤと保護力を長く保つためにも、屋根のある駐車場やガレージなどで保管するようにしましょう。

車のコーティングに関連する記事はこちら

おすすめのカー用品についてもチェック!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す