初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

7人乗りSUV全16車種(国産車・外車)一覧比較!人気・おすすめは?

世界的な人気車種となっているSUV。そのSUVに更なる機能性を持たせた7人乗りSUVが続々と誕生しています。ここでは、国産車・外国車問わず、日本で購入できる現役の7人乗りSUVを網羅してご紹介致します。ボディサイズの比較・価格比較・重量とエンジンパワーの比較などして、自分に合った7人乗りSUVの選択をしたいですね。

7人乗りSUVとは?

7人乗り車内・インテリア

出典:©Shutterstock.com/ Alexey Ryazanov

SUVとは、 英語で「スポーツ用多目的車」を意味する「Sport Utility Vehicle」の各単語の頭文字を取った略語です。
SUVは大径のタイヤを履き車高の高い外装をしていることが最大の特徴です。
そのSUVの中で、特に3列シートを持ち乗車定員を7人としているものが「7人乗りSUV」と呼ばれています。

7人乗りSUV「国産車7車種」

トヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー特別仕様車 ZX “G-FRONTIER”2016年型

ランドクルーザーは、トヨタが生産・販売する、8人乗りの大型SUVです。性能・操作性が非常に高く、世界で最も有名なSUVと言われるほど、世界的な評価も高いです。国連や砂漠を走行するアラブの富豪、紛争地に向かう軍などでも利用されています!

最高級SUVとしての装備も備えており、走破性だけでなくインテリアも高級サルーンの様な豪華なものとなっています。

なお、海外ではレクサスブランドとして「レクサスLX」として販売されています。レクサスLXは他社の超最高級SUVと並ぶ価格設定で、1100万円ほど。

7人乗り価格:約500~650万円

トヨタ ランドクルーザー特別仕様車 ZX “G-FRONTIER”2016年型 内装
ZX
全長4,950mm
全幅1,970mm
全高1,870mm
燃費6.7km/L
重量2,690kg
最高出力315PS/5,600rpm
最大トルク46.9kgm/3,400rpm

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザープラド

ランドクルーザーの派生モデルとして誕生したのが、ランドクルーザープラドです。
ランドクルーザーよりもコンパクトになっており、5人乗りのグレードと7人乗りのグレードが揃えられています。

ボディがコンパクトになった分、ランドクルーザーよりも重量が軽いのですが、エンジンパワーは同等のパワーを持っており、オフロードでの走破性も引けを取りません。

2017年9月にマイナーチェンジが行われ、安全装備トヨタセーフティセンスPを全車標準搭載としています。
また、「TZ-G」のグレードに4種類のシーンから選べるドライブモードセレクトを搭載しました。

7人乗り価格:約354~536万円

トヨタ ランドクルーザープラド 特別仕様車 ZX G-FRONTIER 2016年 内装
TZ-G
全長4,825mm
全幅1,885mm
全高1,835mm
燃費11.2km/L
重量2,320kg
最高出力177PS/3,400rpm
最大トルク45.9kgm/1,600~2,400rpm

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


日産 エクストレイル

日産・エクストレイル モードプレミア2016年

2013年のフルモデルチェンジ以降、エクストレイルもガソリン車の一部グレードで3列7人乗り仕様が販売されています。

ボディサイズは、3列7人乗りを揃える車種の中で最もコンパクトなサイズととなっていますが、写真(下)を見ての通り、3列目はかなり狭く、子供が座れる程度の広さしかありません。
非常用や、子供用で使用する分には問題ありませんが、大人数で旅行などになると厳しいかもしれません。

また2015年には2列シートの5人乗りハイブリッドモデルが追加され、2017年のマイナーチェンジにより「プロパイロット」をオプションで追加できるようになりました。

価格は3列7人乗りのSUVとしては最安となっています。

7人乗り価格:約262~348万円

日産・エクストレイル モードプレミア2015年 内装
20X エクストリーマX 3列4WD
全長4,670mm
全幅1,820mm
全高1,715mm
燃費20.6km/L
重量1,580kg
最高出力147PS/6,000rpm
最大トルク21.1kgm/4,400rpm

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


三菱 アウトランダー

三菱 アウトランダーPHEV 2015年型

三菱が生産・販売するアウトランダーのガソリン車モデルは3列7人乗りとなっています(プラグインハイブリッド車モデルは2列5人乗り)。
他の3列7人乗りシートのSUVの中で最も車高が低くデザインされています。

重量のあるSUVですがPHEVのハイブリッドモデルでは、電気のみでの走行で60km/L、ハイブリッド走行でも20km/Lという低燃費。
選ぶならやはりPHEVモデルがオススメです。

7人乗り価格:約250~320万円

三菱 アウトランダーPHEV 2015年型 内装
24G ナビパッケージ4WD
全長4,695mm
全幅1,870mm
全高1,710mm
燃費14.6km/L
重量1,570kg
最高出力169PS/6,000rpm
最大トルク22.4kgm/4,200rpm

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


三菱 パジェロ

三菱 パジェロ SUPER EXCEED 2016年

パジェロは日本を代表するクロスカントリー4WDです。
最盛期は、クロカン4WDとパジェロがほぼ同義であったほどでした。最新の4WDシステムを搭載しており、タイヤが空転してしまう様な状態でも、走破できる性能を持っています。

過酷なレース(パリ・ダカールラリー)で優勝したり、好成績を残したりしています。そのため、ヨーロッパ圏での知名度も高い、ロングセラーモデルとなっています。

現在は4代目として、7人乗りのロングモデルと5人乗りのショートモデルを揃えています。

7人乗り価格:約375~493万円

三菱 パジェロ SUPER EXCEED 2016年 内装
ロング SUPER EXCEEDディーゼル
全長4,900mm
全幅1,875mm
全高1,870mm
燃費10km/L
重量2,290kg
最高出力190ps/3,500rpm
最大トルク45.0kgm/2,000rpm

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


スバル エクシーガ・クロスオーバー7

スバル エクシーガ クロスオーバー7 ACTIVE STYLE 2016年

元々はワゴンとミニバンのいいとこ取りであった「エクシーガ」が、SUVとして生まれ変わったのが「エクシーガ・クロスオーバー7」です。分類としては、やや小さいミドルサイズのSUVとなります。

ボディサイズもコンパクトで、3列目はどうしてもタイトになってしまっていますが、必要十分な実用的広さを確保しており、多目的な用途に対応しています。

装備されているのは1世代前の安全装備(アイサイトver2)ですが、他と比較してもまだまだ優位性は保障されていますので、ファミリーカーとしても安心して利用できます。

価格も、3列7人乗りSUVとしては最安値域であるため、お買い得感もあります。
7人乗り価格:275万円

スバル エクシーガ クロスオーバー7 ACTIVE STYLE 2016年 内装
クロスオーバー7
全長4,780mm
全幅1,880mm
全高1,670mm
燃費13.2km/L
重量1,620kg
最高出力173ps/5,600rpm
最大トルク24.0kgm/4,100rpm

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


マツダ CX-8

新型 マツダ CX-8 外装 エクステリア (3)

7人乗りミニバン・MPVが2016年に現行ラインナップから外れて1年半。
2017年9月に発表されたマツダ 新型CX-8は7人乗りミニバンとSUVの役割を同時に担うモデルとして注目されています。
SUVであるCXシリーズに注力するマツダはCX-8を、3列シートの実用性と走りの楽しさを兼ね備えた「新型3列シートクロスオーバーSUV」と位置付けました。

5人乗りのCX-5と比べると3列になった分、車長は長くなっていますが車幅は同じというこだわりは、日本の道路規格内での最大サイズを追求した結果とのこと。
それでいて重量やエンジンパワーの増したCX-8の燃費はCX-5とさほど変わらないというのだから驚きです。

FFモデルで価格は320万~396万円ですが、「サポカーS・ワイド」に該当する先進安全技術の搭載や、内装(インテリア)の上質化などを考えればかなりお得だといえるでしょう。

7人乗り価格:約320~354万円

新型「マツダ CX-8」 XD L Package ディープレッド内装
XD PROACTIVE
全長4,900mm
全幅1,840mm
全高1,730mm
燃費17.6km/L
重量1,810kg
最高出力190PS/4,500rpm
最大トルク45.9kgm/2,000rpm

最新の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


マツダCX-9は日本導入ならず

マツダの新型SUV「CX-9」

マツダ CX-9 新型 2015年
マツダ CX-9 新型 2015年 内装

SUVに力を入れるマツダ。
まずは北米から発売が開始されるマツダの7人乗り新型SUV「CX-9」。
日本への導入が期待されていたマツダCX-9でしたが、メーカーが日本への導入はない、と発言したことで残念ながら可能性はなくなってしまいました。

マツダCX-9に関してはこちら

3列シートSUVのうち、買うならどれ?【投票受付中】

スバルが新型3列シートSUV「CX-8」の発売を発表したことで、国産7人乗りSUVの競争はより一層激しくなることは間違いありません。

ご紹介した6車種の国産7人乗りSUVのうち、あなたならどれを選びますか?

【みんなの意見】投票受付中!あなたは多数派?

Q. 【国産7人乗りSUV対決】3列シートSUVのうち、買うならどれ?

世界的なSUV人気に伴い、現在では日本の自動車メーカーも多くのSUVを製造・販売していますが、その中でも3列7人乗りの大型SUV...

  • トヨタ ランドクルーザー
  • トヨタ ランドクルーザー プラド
  • 日産 エクストレイル
  • 三菱 アウトランダー
  • 三菱 パジェロ
  • スバル エクシーガ クロスオーバー7
  • 新型 マツダ CX-8に期待!
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る
Powered by

外車(輸入車)8車種

BMW X5

BMW X5 2015年

X5は、BMW初のSUVです。

X5は、2000年10月発売が開始されていて、フルモデルチェンジを経て、現在のモデルは2013年から日本へ導入されており、3列シート装備車も販売されています。

全高が低いスポーティなデザインとなっており、全長は長いものの、3列目シートは狭く、子供が乗れる程度となっています。

エンジンに関しても、さすがBMWと言えるパワーを誇っており、価格も国産車と比較すると300万程度高くなっています。
また、クリーン・ディーゼル・エンジンを搭載したモデルもあり、非常に評価が高い様です。

7人乗り価格:865万円

BMW X5 2015年 内装
X5 xDrive35d
全長4,910mm
全幅1,940mm
全高1,760mm
燃費14.0km/L
重量2,200kg
最高出力258ps/4,000rpm
最大トルク57.1kgm/1,500~3,000rpm

中古車情報
システムメンテナンス中


フォード エクスプローラー

フォード エクスプローラー 2016年

エクスプローラーはフォードが米国で生産するSUVです。
米国ではSUVの売り上げで14年連続No.1となっている人気車種です。

国産車と比較して、全長が長く広めの室内空間を確保しています。
また、重量1,720kgにも関わらず、最大トルクが35.2kg-mとハイパワーなエンジンを搭載しています。
アメリカンサイズで換算すると、ミドルサイズより大きいくらいの様ですが、日本で考えれば、十分フルサイズ。
非常に大きな車だと感じると思われます。

価格は、「ランドクルーザー」と「ランドクルーザープラド」と同価格帯に属しています。

7人乗り価格:460~550万円

フォード エクスプローラー 2016年 内装
フォードエクスプローラーリミテッド
全長5,020mm
全幅2,000mm
全高1,805mm
燃費データ無し
重量1,720kg
最高出力294ps/4,000rpm
最大トルク35.2kgm/4,000rpm

中古車情報
システムメンテナンス中


リンカーン ナビゲーター

リンカーン ナビゲーター

出典:©iStockphoto.com/edaldridge

ナビゲーターは、リンカーンの大型高級SUVです。
日本市場へは2008年から導入されており、その存在感から正式導入前から人気の高い車種となっています。

3列7人乗りSUVの中では、最大のボディサイズと重量を誇り、エンジンもその分パワフルなものを搭載しています。

室内空間は非常に広く、3列目シートも大人がくつろげるサイズとなっています。
さらに、二列目シートヒーターや、リアビューのカメラなど、高級、ラグジュアリーという言葉に恥じない贅沢な装備です。

7人乗り価格:1,028万円

ナビゲーター
全長5,290mm
全幅2,010mm
全高1,980mm
燃費データ無し
重量2,770kg
最高出力385ps/5,250rpm
最大トルク63.6kgm/2,750rpm

中古車情報
システムメンテナンス中


キャデラック エスカレード

エスカレード ESV プラチナム(GMT900) 2009年

エスカレードは米国の高級SUVの頂点に立つ車種です。
2015年になって初めて日本市場に導入され、ちらほら見かけることも多くなってきました。
高級SUVと言われて、最初に連想されるのはほとんどの方がこの車なのではないでしょうか。

フロントマスクに、LEDライトをふんだんに使用することで、エクステリアのゴージャス感が際立って演出されています。インテリアも、それに引けを取らないきらびやかさ。
さらには、エンジンに関しても、V型8気筒の4WDと、インテリア、エクステリア、性能共に、SUVの頂点のなに恥じぬものとなっています。

価格は、高級SUVにふさわしく1,149万円となっています。

7人乗り価格:1,149万円

エスカレードプラチナム
全長5,195mm
全幅2,065mm
全高1,910mm
燃費データ無し
重量2,590kg
最高出力426ps/5,600rpm
最大トルク63.5kgm/4,100rpm

中古車情報
システムメンテナンス中


シボレー キャプティバ

シボレー キャプティバ

出典:©iStockphoto.com/Sjoerd van der Wal

キャプティバは、シボレーが米国で生産している7人乗りSUVです。
2011年から日本への輸入が正式にスタートしています。

輸入車のSUVとしては珍しく国産車よりも全長と比較して全高が高いモデルとなっており、重量やエンジンパワーに関しても、国産車と同様のスペックとなっています。

ミドルサイズのSUVとして、お手頃サイズで、なおかつ、輸入車にしては比較的安価です。

SUVがほしくて人とあまり被りたくない、少しユニークな車が欲しいという方にはオススメです。
また、上位のラグジュアリーモデルでも500万円を切る価格て購入できます。

7人乗り価格:369万円

キャプティバ
全長4,690mm
全幅1,850mm
全高1,790mm
燃費データ無し
重量1,830kg
最高出力167ps/5,600rpm
最大トルク23.5kgm/4,600rpm

中古車情報
システムメンテナンス中


ランドローバー レンジローバースポーツ

ランドローバー レンジローバースポーツ

出典:©iStockphoto.com/Sjo

レンジローバースポーツは、SUVの王道を走り続けるランドローバー社のレンジローバーシリーズの1つです。
ランドローバー史上最速といわれるこの車の特徴は、なんといってもエンジン性能のパワフルさ、操作性、軽量化にとる燃費の良さ、安全性です。

性能に加え、イギリスの上質感が受けるのか、日本ではかなり人気のモデルとなっています。

5人乗り仕様ですが、オプションで7人乗りを選択できるようになっています。

ボディサイズは米国産の車種程大きくなく、比較的標準的なサイズとなっています。

また、エンジンパワーに関しては、7人乗りSUVとしては最もパワフルな63.8kg-mを誇り、重量もエンジンパワーと比して低く抑えられており、より機敏でダイナミックな走りが可能となっています。

価格幅はありますが、最上級モデルでは、1,340万円と7人乗りSUVの最高額となっています。

7人乗り価格:850~1,340万円

オートバイオグラフティーダイナミック
全長4,885mm
全幅1,985mm
全高1,800mm
燃費7.8~8.4km/L
重量2,410kg
最高出力510ps/6,500rpm
最大トルク63.8kgm/2,500rpm

中古車情報
システムメンテナンス中


ボルボ XC90

ボルボ XC90

出典:©iStockphoto.com/Tramino

XC90は、北欧スウェーデンの自動車メーカーであるボルボが生産・販売するSUVであり、現在のモデルが2代目となっており、全てのグレードで7人乗りのモデルとなっています。

2016年北米トラック&SUVオブ・ザ・イヤーをダントツ1位で受賞しており、2015年に発売された新型車やフルモデルチェンジした車の中でも特に高い評価を受けています。

2016年1月27日に日本導入を発表し、日本でも購入できるようになっています。

XC90は全車AWDのみの設定となり、トップグレードの「T8」はプラグインハイブリッド車となっており、モーター補助により最大出力407PSを発生させることが可能となっています。また、モーターのみで35.4kmの走行が可能となっています。

車両価格はガソリン車が774~909万円、PHV車である最上級グレードは1,009万円となっています。

XC90 T6 AWD
全長4,950mm
全幅1,960mm
全高1,775mm
燃費11.7~12.7km/L(T8 PHVモデル:15.3km/L)
重量2,080kg(T8 PHVモデル:2,320kg)
最高出力320ps/5,700rpm
最大トルク40.8kgm/2,200~5,400rpm

中古車情報
システムメンテナンス中


新型アウディQ7が新登場!

2016年3月16日に販売開始!

アウディ Q7 2016年

アウディから7人乗り新型SUV「Q7」が日本へ正式導入されました。

▼詳細情報は以下記事をご確認ください!

輸入7人乗りSUVのうち、買うならどれ?【投票受付中】

アウディやBMW、ボルボなどの欧州高級車ブランド以外に、アメリカの自動車メーカーからも多くの3列シートSUVが発売されています。

ご紹介した輸入7人乗りSUVのうち、あなたならどれを選びますか?

【みんなの意見】投票受付中!あなたは多数派?

Q. 【輸入7人乗りSUV】3列シートの外車SUVのうち、買うならどれ?

アウディやBMWなどの欧州高級車ブランドに加え、アメリカの自動車メーカーからも多くの7人乗りSUVが販売されており、いずれも...

  • BMW X5
  • フォード エクスプローラー
  • リンカーン ナビゲーター
  • キャデラック エスカレード
  • シボレー キャプティバ
  • ランドローバー レンジローバースポーツ
  • ボルボ XC90
  • アウディ Q7
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る
Powered by

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!