初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

フォルクスワーゲン新型ゴルフ ハイブリッド採用でフルモデルチェンジは2019年か!スペックや価格予想

2019年にフルモデルチェンジが予想されているフォルクスワーゲン ゴルフ。新開発の48Vマイルドハイブリッドシステムが搭載か!スクープ画像や最新情報をもとに、新型ゴルフのスペックや価格を予想します。フラッグシップとなる「新型ゴルフR」や高性能ディーゼルの「新型ゴルフ GTD」についても。

【最新情報】ゴルフは新型8代目へフルモデルチェンジか

新型ゴルフ(8代目)テストミュールのスクープ画像

フォルクスワーゲンは、2019年にフルモデルチェンジを予定している新型ゴルフ(8代目)に新しいハイブリッドシステムを採用するようです。

ドイツのニュルブルクリンクでスクープされた新型ゴルフのテストミュール(開発中のパワートレインとボディ)からは、仕様を予想することができるヒントが見えてきます。
フォルクスワーゲン新型ゴルフ(8代目)の最新情報をお届けします!

フォルクスワーゲン新型ゴルフのエクステリア(外装)

新型ゴルフ(8代目)テストミュール

新型ゴルフ(8代目)テストミュール

新型ゴルフ(8代目)テストミュール

今回のフルモデルチェンジで8代目となる新型ゴルフは、「MQBプラットフォーム」を採用することで約50kgの軽量化を実現しています。テストミュールのボディはホイールベースが延長されていますので、後部居住空間が拡大され快適性も向上しているでしょう。

フォルクスワーゲン ゴルフはコンパクトカーのベンチマークとして各自動車メーカーが注目する車。モデルチェンジのたびに、馴染みのあるボディシルエットに新鮮なデザインを採用しています。

上のスパイショットではフロント・リアともカモフラージュされていませんが、あくまでもミュールということですので、新型ゴルフのデザインには今後手が加えられる可能性が高いです。

MQBプラットフォームを採用したモデル・新型ポロについてはこちら

フォルクスワーゲン新型ゴルフのインテリア(内装)

新型ゴルフ(8代目)テストミュールのフロントシート

新型ゴルフ(8代目)テストミュールのコックピット

新型ゴルフのインストルメントパネルのLCDディスプレイは新しく採用される装備の1つです。ダッシュボードの空白部分には、インフォテイメントとHVACコントロール ディスプレイが搭載される可能性があるようです。その下に見えるATシフターは「トゥアレグ」に採用されている新型のものが装着されていることがわかります。

自動運転技術については、フォルクスワーゲン グループであるアウディで実現された「レベル3」の搭載も噂されています。コックピットもアウディに倣い「デジタル・コックピット」と呼ばれるテーマで開発・デザインされた新しいデザインとなると予想されています。

新型トゥアレグについてはこちら

アウディが採用した自動運転レベル3やデジタルコックピットはこちら

新型ゴルフのパワートレイン

新型ゴルフ:搭載予想エンジン
エントリーモデル1.0L 直列4気筒ターボ TSI(ガソリン)
1.2L 直列4気筒ターボ TSI(ガソリン)
GTI2.0L 直列4気筒ターボ TSI(ガソリン)
ディーゼル1.5L 直列4気筒ターボ TDI

新型ゴルフのパワートレインは、数種類のエンジンが提供される予定です。
またパサートに続き、ディーゼル エンジンの復活も予想されています。

新型ゴルフRは48Vハイブリッドを搭載か?

フォルクスワーゲンの48V マイルドハイブリッド機構

現行ゴルフの欧州仕様には12Vマイルドハイブリッドシステムが用意されています。新型ゴルフのラインナップには48Vハイブリッドシステムが広く採用されると予想されています。

なかでも新型ゴルフRは、史上最強のパフォーマンスを持った四輪駆動車となると予想されています。新型ゴルフRにはもちろん新開発の48Vマイルドハイブリッドシステムが組み合わされ、ライバル車を追随することになるのでしょう。

48Vマイルドハイブリッドシステムは、エンジンに48Vのベルト一体型スタータジェネレーターと、48Vのリチウムイオンバッテリーを組み合わせたものです。低負荷走行時(高速道路)ではエンジンを停止して、惰性走行にて100km走行あたり最大0.3Lの燃料が節約可能。始動時には、電気的ブーストをかけて駆動トルクを増加させることでエンジンをスムーズに始動。減速時にはスタータジェネレーターがバッテリーに「電力を蓄える機能」も備わる予定です。

新型ゴルフR(48Vハイブリッド)のスペックを予想

新型ゴルフRに搭載されるパワートレインには、フラッグシップモデルとしてのパワーが求められますので、既存の「2.0TSIエンジン」を355PSまでチューンナップして、前出の48Vマイルドハイブリッドシステムと組み合わせることが予想されます。トランスミッションは6速MTと7速DCTでしょう。

新型ゴルフRのスペックは、0-100km/h加速:4.5秒以下 / 最高速度:250km/h(リミッター作動)となる予想です。

マイルドハイブリッドについてはこちら

次のページ

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!