初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【2.6万人が選んだ】7人乗り/3列シートのSUV最新人気ランキング!

「7人乗り/3列シートSUVの中で最も購入したいモデル」を選ぶアンケート投票を実施。合計投票数2.6万人から得たアンケート結果を元に作成した、7人乗り/3列シートSUV最新人気ランキング国産車編&輸入車編を発表します!

【合計回答者2万6千人】3列シート7人乗りSUV、買うならどれを選ぶ?

世界的にSUV人気が高まる中、国内外のメーカーから続々と新型車が投入され、競争が激化しつつある国内SUV市場。
新型のマツダ「CX-8」を筆頭とした3列シート7人乗りSUVは、実用性とレジャー性を両立した性能から、アウトドア志向のSUVユーザーだけでなく、いままでミニバンに乗っていたファミリー層からも注目を集めています。

ファミリーカーとしてSUVを選ぶ時代が来ていると言っても過言ではないようです。

この記事では、2017年までに発売された7人乗りSUV全車種のうち、「最も買いたいモデルを選ぶ」アンケートを実施し、約2万人の回答から人気ランキングを作成しました。

ユーザーの生の声を元にした最新の7人乗り/3列シートSUV人気ランキング。購入を検討している方は必見です!
それでは早速見ていきましょう!

※国産車と輸入車のアンケートは別々に行っています。
回答者2.6万人は、国産車編と輸入車編の合計です。

※アンケートは、MOBYの記事中で行ったもので6/25日時点の集計を元にしています。

【国産車編/回答者2万人】3列7人乗りSUV人気ランキング

まずは、国産車編から見ていきましょう。
2017年までに発売された3列シート/7人乗りモデルの設定があるSUVは全7車種です。その中から、最も買いたいモデルを選んでいただきました。
最も人気を集めたのはどの車種だったのでしょうか。
第1位から順番に発表していきます。

結果はこちら!

【1位】マツダ CX-8(7,287票)

ミニバンの代替として投入された新型SUV

2位に大差をつけ、最も票を得たのは2017年12月に発売された大型SUV、マツダ CX-8です。
CX-8はマツダがミニバンから撤退し、ビアンテやプレマシーといった車種の代わりに投入した新型SUV。ミニバンユーザーを獲得することを戦略に掲げ、SUVとしては3列目のシートにかなり余裕があります。

広い室内空間に加え、エクステリアデザインも人気の要因です。近年評判の高いマツダの「魂動デザイン」が採用され、まさにCX-3、CX-5の兄貴分としての高級感と存在感があります。
デザイン性と広い室内空間、乗り心地の良さをあわせ持ち、マツダCXシリーズのフラッグシップにふさわしい車といえるでしょう。

7人乗り、3列シートSUVを検討しているならまず選択肢に入れるべきだといえます。

マツダ CX-8の口コミ評価・評判

「高級感・デザイン性抜群のエクステリア」
「値段以上の質感をもつインテリア」
「動力性能は十分」
「ディーゼル車がかなり経済的」

マツダ CX-8 7人乗りモデルの基本スペック

現行モデル発売年2017年12月
車両価格320万〜419万
ボディサイズ全長:4,900mm
全幅:1,840mm
全高:1,730mm
ホイールベース:2,930mm
エンジン直4 2.2L ディーゼルターボ
エンジンスペック最高出力:140kW(190PS)/ 4,500rpm
最大トルク:450N・m(45.9kgf・m)/ 2,000rpm
トランスミッション/駆動方式6速AT / 2WD・4WD

マツダ CX-8の中古車価格

最新「CX−8」中古車情報!

本日の在庫数 43
平均価格 356.9万円
本体価格 303〜419.9万円
Pick up!
Pick up!

マツダ CX-8について詳しくはこちら

【2位】スバル エクシーガ クロスオーバー7(3,363票)

国内スバル最後の3列シート車

エクシーガ クロスオーバー7は、スバルがかつて製造・販売していた3列7人乗りSUVです。
2008年発売のミニバン「エクシーガ」に大幅な改良を施した7人乗りクロスオーバーSUVとして、2015年4月に販売を開始しました。
販売終了は2018年3月30日。現時点でエクシーガ クロスオーバー7は、国内市場におけるスバル最後の3列シート車となっています。

生産終了モデルであるにもかかわらず、エクシーガ クロスオーバー7は第2位にランクインを果たしました。実用性の高さだけでなく、エクステリアデザインの評判も高いことが人気の要因でしょう。

生産が終了してしまったのが残念ですが、スバルには別の新型SUV計画もあるとのこと。海外専売モデルであるアセントにも日本導入を望む声が大きく、スバルの3列シートSUVは根強い人気があるといえます。

エクシーガ クロスオーバー7は、スバルがかつて製造・販売していた3列7人乗りSUVです。
2008年発売のミニバン「エクシーガ」に大幅な改良を施した7人乗りクロスオーバーSUVとして、2015年4月に販売を開始しました。
販売終了は2018年3月30日。現時点でエクシーガ クロスオーバー7は、国内市場におけるスバル最後の3列シート車となっています。

スバル エクシーガ クロスオーバー7の口コミ評価・評判

「存在感のあるエクステリア」
「抜群の走行安定性」
AWDによるタフな走り」
「ファミリーカーとしての実用性が高い」
「可もなく不可もない燃費性能」

スバル エクシーガ クロスオーバー7の基本スペック

販売期間2015年4月~2018年3月
車両価格275万
ボディサイズ全長:4,780mm
全幅:1,800mm
全高:1,670mm
ホイールベース:2,750mm
エンジン水平対向4気筒 2.5L
エンジンスペック最高出力:127kW(173PS)/ 5,600rpm
最大トルク:235N・m(24.0kgf・m)/ 4,100rpm
トランスミッション/駆動方式CVT / 4WD

スバル エクシーガ クロスオーバー7の中古車情報

最新「エクシーガ」中古車情報!

本日の在庫数 294
平均価格 81.3万円
本体価格 9.5〜209.8万円
Pick up!
Pick up!

スバル エクシーガ クロスオーバー7について詳しくはこちら

【3位】トヨタ ランドクルーザー(2,862票)

トヨタを代表する4WDオフローダー

ランドクルーザーは、1954年から製造・販売されている大型SUVです。
トヨタを代表する4WD車であり、その耐久性・走破性は国内外で高く評価されています。
現行型の200系ランドクルーザーは、2007年9月に発売されました。

日本の大型SUV、オフロードの代名詞。その名を世界に轟かせるランドクルーザーは3位という結果になりました。
1位になっても不思議ではないほどの走行性能や積載量などのスペックを誇るランドクルーザーですが、日本の道路事情ではオーバースペックだったのかもしれません。

ランドクルーザーは高級車にも分類され、内装・外装ともに高い評価を得ています。
車格や価格の部分からも手が出にくく、その分あこがれの車の一つといえるでしょう。

トヨタ ランドクルーザーの口コミ評価・評判

「頼りがいのあるエクステリア」
「3列目の広さはおまけ程度」
「乗り心地がいい」
「ヘビー級エンジンの割に静粛性が高い」
「燃費はかなり悪い」

トヨタ ランドクルーザーの基本スペック

現行モデル発売年2007年9月
車両価格473万~684万
ボディサイズ全長:4,950mm
全幅:1,980mm
全高:1,880mm
ホイールベース:2,850mm
エンジンV8 4.6L ガソリン
エンジンスペック最高出力:234kW(318PS)/ 5,600rpm
最大トルク:460N・m(46.9kgf・m)/ 3,400rpm
トランスミッション/駆動方式6速AT / 4WD

トヨタ ランドクルーザーの中古車情報

最新「ランドクルーザー」中古車情報!

本日の在庫数 243
平均価格 548.4万円
本体価格 248.4〜999万円
Pick up!
Pick up!

トヨタ ランドクルーザーについて詳しくはこちら

【4位】トヨタ ランドクルーザー プラド(2,510票)

ライトなランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザープラドは、1984年から製造・販売されているSUVです。
初代モデルは70系ランドクルーザーのライトデューティとして登場。現行の4代目モデルは2009年の9月から販売されています。
ランドクルーザーほどではないものの十分な室内空間と走行性を誇り、車体が小さい分日常用としてはランドクルーザープラドの方が手軽です。

トヨタ ランドクルーザー プラドの口コミ評価・評判

「迫力のあるエクステリア」
「日常用として十分な動力性能」
「ディーゼルならコスパはそれなり」
「質感はランクルより落ちる」
「室内の静粛性が高い」

トヨタ ランドクルーザー プラドの基本スペック

現行モデル発売年2009年9月
車両価格354万~536万
ボディサイズ全長:4,825mm
全幅:1,885mm
全高:1,850mm
ホイールベース:2,790mm
エンジン直4 2.8L 直噴ディーゼルターボ
直4 2.7L ガソリン
エンジンスペック最高出力:130kW(177PS)/ 3,400rpm(ディーゼル)
最大トルク:450N・m(45.9kgf・m)/ 1,600~2,400rpm(ディーゼル)
トランスミッション/駆動方式6速AT / 4WD

トヨタ ランドクルーザー プラドの中古車情報

最新「ランドクルーザープラド」中古車情報!

本日の在庫数 1,433
平均価格 261.9万円
本体価格 39.8〜696.9万円
Pick up!
Pick up!

トヨタ ランドクルーザー プラドについて詳しくはこちら

【5位】日産 エクストレイル(1,850票)

半自動運転「プロパイロット」を搭載した日産の主力SUV

エクストレイルは、2000年から販売されている日産の主力クロスオーバーSUVです。
2013年12月に発売された現行型の3代目エクストレイルですが、2017年のマイナーチェンジで外装が大幅に刷新され、半自動運転機能「プロパイロット」が搭載されました。

プロパイロットとは、高速道路での渋滞の際に、前方車を追尾する半自動運転機能。完全に手放しをすることはできませんが、運転のストレスを大幅に軽減できます。
ドライバーをサポートする先進機能の搭載も人気の秘訣の一つといえます。

ハイブリッドモデルも設定されており、より”普段使いできるSUV”としての印象を感じさせます。

日産 エクストレイルの口コミ評価・評判

「スタイリッシュなエクステリア」
「プロパイロットが便利」
「ロードノイズが多く、乗り心地はあまりよくない」
「必要十分な走行性能」
「燃費はそれなりにいい」

日産 エクストレイルの基本スペック

現行モデル発売年2013年12月
車両価格220万~384万
ボディサイズ全長:4,690mm
全幅:1,820mm
全高:1,730・1,740mm
ホイールベース:2,705mm
エンジン直4 2.0L 直噴ガソリンハイブリッド
直4 2.0L 直噴ガソリン
エンジンスペック総出力:138kW(188PS)/ 6,000rpm(ハイブリッド)
総トルク:367N・m(37.4kgf・m)/ 4,400rpm(ハイブリッド)
トランスミッション/駆動方式CVT / 2WD・4WD

日産 エクストレイルの中古車情報

最新「エクストレイル」中古車情報!

本日の在庫数 4,003
平均価格 176.5万円
本体価格 8〜380.2万円
Pick up!
Pick up!

日産 エクストレイルについて詳しくはこちら

【6位】三菱 アウトランダー(1,446票)

7人乗りの本格オンロードSUV

三菱 アウトランダーは、2005年から製造・販売されているクロスオーバーSUVです。
現行の2代目アウトランダーは2012年10月から販売されており、ランキング1位のCX-8と対照的に根強い人気のあるモデルといえます。
三菱 アウトランダーは電子制御4WDシステムによる、本格的なオンロード走行性能を特長としています。
ダイナミックシールドによる個性的なフロントフェイスも人気の理由といえるでしょう。

三菱 アウトランダーの口コミ評価・評判

「フロントデザインの力強さが魅力的」
「ノンターボでなかなかパワフルなエンジン」
「三菱らしい本格的な4WD性能」
「偽装するほど燃費は悪くないと思う」
「若干固めの乗り心地」

三菱 アウトランダーの基本スペック

現行モデル発売年2012年10月
車両価格254万~328万
ボディサイズ全長:4,695mm
全幅:1,810mm
全高:1,710mm
ホイールベース:2,670mm
エンジン直4 2.4L ガソリン(4WD)
直4 2.0L ガソリン(2WD)
エンジンスペック最高出力:124kW(169PS)/ 6,000rpm(2.4L)
最大トルク:220N・m(22.4kgf・m)/ 4,200rpm(2.4L)
トランスミッション/駆動方式CVT / 2WD・4WD

三菱 アウトランダーの中古車情報

最新「アウトランダー」中古車情報!

本日の在庫数 386
平均価格 125.7万円
本体価格 19〜287万円
Pick up!
Pick up!

三菱 アウトランダーについて詳しくはこちら

【7位】三菱 パジェロ(822票)

三菱が世界に誇る4WD

三菱 パジェロは、1982年から製造・販売されているSUVです。現行型の4代目パジェロは、2006年の10月に発売されました。
パリ ダカール・ラリーにおける輝かしい戦績から、世界的にも高い知名度を誇り、その走破性脳は折り紙付き。日常使いをするにしても、雪の日や山道へ入った時などの安心感が違います。

走行性能やエンジンの性能から、余裕のある走りを楽しみたい方にはうってつけの車種といえるでしょう。

三菱 パジェロの口コミ評価・評判

「さすがの4WD性能」
「落ち着いたデザイン」
「車格を考慮すれば妥当な燃費性能」
クリーンディーゼルが力強い」
「インテリアの質感が不満」

三菱 パジェロの基本スペック

現行モデル発売年2006年10月
車両価格328万~495万
ボディサイズ全長:4,900mm
全幅:1,875mm
全高:1,870mm
ホイールベース:2,780mm
エンジン直4 3.2L ディーゼルターボ
V6 3.0L ガソリン
エンジンスペック最高出力:140kW(190PS)/ 3,500rpm(ディーゼル)
最大トルク:441N・m(45.0kgf・m)/ 2,000rpm(ディーゼル)
トランスミッション/駆動方式5速AT / 4WD

三菱 パジェロ

最新「パジェロ」中古車情報!

本日の在庫数 341
平均価格 155.9万円
本体価格 22〜449万円
Pick up!
Pick up!

三菱 パジェロについて詳しくはこちら

国産車編 3列7人乗りSUV人気ランキング 結果まとめ

アンケート結果をグラフにまとめてみました。新型車であるCX-8の人気の高さが改めてわかります。
2018年以降に登場した新型車はこの中で、CX-8のみです。この人気の高さを受けて、他メーカーも新型3列シート7人乗りSUVを市場に導入する動きもあるようです。
3列シート7人乗りSUVの購入を検討している方は、新型車の情報も見逃さないようにしましょう。

【輸入車編/回答者6千人】3列7人乗りSUV人気ランキング

外車・輸入車の3列シート7人乗りの設定があるSUVは、国産車と比べ価格帯の高い車種が多くなります。
海外の使用シーンに合わせたSUVは堂々たる車格のモデルも多く、フルサイズSUVなど大型の車種なら輸入車を見ないわけにはいかないでしょう。
外車・輸入車の3列シート7人乗りSUVはボディサイズもエンジンの排気量も幅広く、利用シーンに沿って選択しやすいといえます。

【1位】アウディ Q7(1,732票)

アウディ最大級のクロスオーバーSUV

アウディQ7は、2006年から製造・販売されている大型クロスオーバーSUVです。
2016年3月に発売された2代目Q7は、全長5m超というアウディのクロスオーバーSUVラインナップで最大級のボディを持ちます。その大きさは国産SUVで最大級のランドクルーザーより大きいほど。

現行のアウディQ7は素材の見直しにより、軽量化と安全性の向上が図られています。
スポーティかつエレガントなエクステリアデザインは初代から受け継がれ、アウディQ7の存在感につながっています。

アウディ Q7の口コミ評価・評判

「高級・上質なアウディデザイン」
「十分な動力性能」
「エアサスの乗り心地がいい」
「単純にかっこいい。女性ウケも抜群でした」
「日本ではボディが大きすぎる」

アウディ Q7の基本スペック

現行モデル発売年2016年3月
車両価格812万~938万
ボディサイズ全長:5,070mm
全幅:1,970mm
全高:1,705・1,735mm
ホイールベース:2,995mm
エンジン直4 2.0L 直噴ガソリンターボ
V6 3.0L 直噴ガソリンスーパーチャージャー
エンジンスペック最高出力:245kW(333PS)/ 5,500~6,500rpm(V6)
最大トルク:440N・m(44.9kgf・m)/ 2,900~5,300rpm(V6)
トランスミッション/駆動方式8速AT / 4WD

アウディ Q7の中古車情報

最新「Q7」中古車情報!

本日の在庫数 95
平均価格 468.2万円
本体価格 119.9〜968万円
Pick up!
Pick up!

アウディ Q7について詳しくはこちら

【2位】ボルボ XC90(1,110票)

世界中で高く評価されている北欧デザインのSUV

ボルボ XC90は、2002年から製造・販売されている高級SUVです。
2016年1月に発売された現行の2代目XC90は、全世界で50以上の賞を受賞するなど、非常に高く評価されています。日本では2017年にRJCインポート・カー・オブ・ザ・イヤーも受賞しました。
高級モデルであるXC90は内外装ともに、質感の高い仕上がりになっています。
排気量は特出したものではないものの、インタークーラー付きターボチャージャーの採用により軽快な走り出しを実現しています。

ボルボ XC90の口コミ評価・評判

「ミニバンに匹敵する使い勝手」
「安全装備がかなり充実している」
「2.0Lながらパワフルなエンジン」
「ボルボらしい北欧デザインがかっこいい」
「価格は高いが、その価値を感じられた」

ボルボ XC90の基本スペック

現行モデル発売年2016年1月
車両価格779万~1,049万
ボディサイズ全長:4,950mm
全幅:1,960mm
全高:1,760・1,775mm
ホイールベース:2,985mm
エンジン直4 2.0L 直噴ガソリンターボ
直4 2.0L 直噴ガソリンターボ+スーパーチャージャー
直4 2.0L 直噴ガソリンターボ+スーパーチャージャー+PHV
エンジンスペック最高出力:235kW(320PS)/ 5,700rpm(ガソリン+スーパーチャージャー)
最大トルク:400N・m(40.8kgf・m)/ 2,200~5,400rpm(ガソリン+スーパーチャージャー)
トランスミッション/駆動方式8速AT / 4WD

ボルボXC90の中古車情報

最新「XC90」中古車情報!

本日の在庫数 101
平均価格 267.3万円
本体価格 29.9〜828万円
Pick up!
Pick up!

ボルボ XC90について詳しくはこちら

【3位】ランドローバー レンジローバースポーツ(787票)

ランドローバー史上最速のスポーツモデル

ランドローバー レンジローバースポーツは、2005年から製造・販売されているSUVです。
現行の2代目モデルは、2013年の11月に発売されました。
最新のレンジローバースポーツには最先端のインフォメーションシステムやヘッドアップディスプレイが搭載されています。
PHEVモデルもすでに予約受注が開始されており、7人乗りで燃費を求める方には一考に値する車種です。

ランドローバー レンジローバースポーツの口コミ評価・評判

「迫力のデザイン」
「洗練された道具としての高級感がある」
「余裕の動力性能」
「燃費は厳しい」
「高級車価格」

ランドローバー レンジローバースポーツの基本スペック

現行モデル発売年2013年11月
車両価格873万~1,681万
ボディサイズ全長:4,855・4,880mm
全幅:1,985mm
全高:1,800mm
ホイールベース:2,920mm
エンジンV6 3.0L ディーゼルターボ
V6 3.0L ガソリンスーパーチャージャー
V8 5.0L ガソリンスーパーチャージャー
エンジンスペック最高出力:280kW(380PS)/ 6,500rpm(V6ガソリン)
最大トルク:450N・m(45.9kgf・m)/ 3,500rpm(V6ガソリン)
トランスミッション/駆動方式8速AT / 4WD

ランドローバー レンジローバースポーツの中古車情報

最新「レンジローバー」中古車情報!

本日の在庫数 130
平均価格 628.5万円
本体価格 77〜2350万円
Pick up!
Pick up!

ランドローバー レンジローバースポーツについて詳しくはこちら

【4位】BMW X5(782票)

BMW初のクロスオーバーSUV

BMW X5は、2000年から製造・販売されているクロスオーバーSUVです。
BMWで初のクロスオーバーSUVとして開発されました。
2018年6月にフルモデルチェンジを行い、現行モデルのX5は3代目となっています。
4代目となったX5は新デザインのキドニーグリルに、大径ホイールがスポーティさを引き立てます。さらに車体は大型化し、先代モデルより乗車スペースが広くなっています。

BMW X5の口コミ評価・評判

「BMWらしいかっちりとしたデザイン」
「V8エンジンがかなりパワフル」
「車格なりの燃費性能」
「室内が広い」
「SUVとは思えないハンドリング」

BMW X5の基本スペック

現行モデル発売年2013年11月
車両価格919万~1,341万
ボディサイズ全長:4,910mm
全幅:1,940・1,985mm
全高:1,760mm
ホイールベース:2,935mm
エンジン直6 3.0L 直噴ディーゼルターボ
直6 3.0L 直噴ガソリンターボ
直4 2.0L 直噴ターボ+PHV
V8 4.4L 直噴ガソリンツインターボ
エンジンスペック最高出力:330kW(450PS)/ 5,500rpm(V8)
最大トルク:650N・m(66.3kgf・m)/ 2,000~4,500rpm(V8)
トランスミッション/駆動方式8速AT / 4WD

BMW X5の中古車情報

最新「X5」中古車情報!

本日の在庫数 319
平均価格 373.2万円
本体価格 27〜828万円
Pick up!
Pick up!

BMW X5について詳しくはこちら

【5位】フォード エクスプローラー(712票)

アメリカN0.1人気のフルサイズSUV

フォード エクスプローラーは、1990年から製造・販売されているフルサイズSUVです。現行の4代目モデルは2010年に発売されました。
アメリカにおいて、14年連続でSUV売り上げトップを記録しています。
全長は5mを超えるフルサイズSUVで、堂々としたエクステリアにファンがつくのもうなづけます。
なお、フォードが日本市場から撤退してしまったので、現在は正規輸入販売は行われていません。

フォード エクスプローラーの口コミ評価・評判

「堂々たるエクステリア」
「見た目より小回りが利く」
「燃費はかなり悪い」
「若干のパワー不足」
「価格が高い」

フォード エクスプローラーの基本スペック

現行モデル発売年2011年5月
車両価格489万~635万
ボディサイズ全長:5,020mm
全幅:2,000mm
全高:1,805mm
ホイールベース:2,860mm
エンジン直4 2.3L ガソリンターボ
V6 3.5L ガソリン
V6 3.5L ガソリンツインターボ
エンジンスペック最高出力:272kW(370PS)/ 5,500rpm(V6ツインターボ)
最大トルク:474N・m(48.3kgf・m)/ 3,500rpm(V6ツインターボ)
トランスミッション/駆動方式6速AT / 2WD・4WD

フォード エクスプローラーの中古車情報

最新「エクスプローラー」中古車情報!

本日の在庫数 247
平均価格 241.3万円
本体価格 18〜733.5万円
Pick up!
Pick up!

フォード エクスプローラーについて詳しくはこちら

【6位】シボレー キャプティバ(570票)

シボレーのロングライフSUV

シボレー キャプティバは、2006年から製造・販売されているSUVです。
日本では2011年7月より輸入が開始されました。
発売から一度もフルモデルチェンジをしておらず、モデルライフは今年で12年目を迎えます。
フルサイズSUVに比べ日本の道路事情にあった車格で、比較的手軽に所有できるアメリカ車のSUVといえるでしょう。

シボレー キャプティバの口コミ評価・評判

「引き締まったエクステリアがいい」
「日本でも運転しやすい大きさ」
「乗り心地はやや固め」
「燃費は悪い」
「なぜ日本で売れないのか不思議」

シボレー キャプティバの基本スペック

現行モデル発売年2011年7月
車両価格379万~414万
ボディサイズ全長:4,690mm
全幅:1,850mm
全高:1,790mm
ホイールベース:2,710mm
エンジン直4 2.4L ガソリン
エンジンスペック最高出力:123kW(167PS)/ 5,600rpm
最大トルク:230N・m(23.4kgf・m)/ 4,600rpm
トランスミッション/駆動方式6速AT / 4WD

シボレー キャプティバの中古車情報

最新「シボレーキャプティバ」中古車情報!

本日の在庫数 48
平均価格 306.8万円
本体価格 88〜414万円
Pick up!
Pick up!

シボレー キャプティバについて詳しくはこちら

【7位】キャデラック エスカレード(431票)

キャデラックの最上級SUV

キャデラック エスカレードは、1999年から製造・販売されているフルサイズ高級SUVです。現行の4代目モデルは2015年に発売されました。

V型8気筒6.2Lエンジンと6速ATを組み合わせたパワフルな動力性能と、贅を尽くした豪華な内外装を併せ持ち、キャデラックブランドの頂点に立つラグジュアリー・フルサイズSUVとして君臨しています。

キャデラック エスカレードの口コミ評価・評判

「全長5.2mのボディが圧倒的」
「高級ホテルのようなインテリア」
「安全・快適装備が充実」
「V8エンジンがかなり強力」
「価格が高い趣味の車」

キャデラック エスカレードの基本スペック

現行モデル発売年2015年
車両価格1,261万~1,361万
ボディサイズ全長:5,195mm
全幅:2,065mm
全高:1,910mm
ホイールベース:2,950mm
エンジンV8 6.2L 直噴ガソリン
エンジンスペック最高出力:313kW(426PS)/ 5,600rpm
最大トルク:623N・m(63.5kgf・m)/ 4,100rpm
トランスミッション/駆動方式8速AT / 4WD

キャデラック エスカレードの中古車情報

最新「キャデラックエスカレード」中古車情報!

本日の在庫数 243
平均価格 382.5万円
本体価格 45〜1361.9万円
Pick up!
Pick up!

キャデラック エスカレードについて詳しくはこちら

外車編 3列7人乗りSUV人気ランキング 結果まとめ

外車・輸入車編のアンケート結果です。2位に大きな差をつけ、1位はアウディQ7。
ドイツ車が人気を独占するかと思いきや、近年勢いのあるボルボが2位、レンジローバー スポーツが3位、BMW X5が4位となりました。

ドイツ車の人気はもとより、XC90と同じくSUVのXC60でカーオブザイヤー2017を受賞したボルボの勢いを感じます。

ミニバンよりも7人乗りSUVへ人気はシフト?

3列シート7人乗りSUVの人気ランキングをご紹介してきました。

2018年1月~4月の新車販売台数では、日産「セレナ」やトヨタ「シエンタ」、ホンダ「フリード」などが目立ち、まだまだ7人乗りミニバンの人気が底堅いという印象を受けます。
しかし、マツダ「CX-8」の販売台数が伸びるなど、7人乗りSUVにもまだ伸びしろがあるので、今後の市場展開によっては、ミニバンから7人乗りSUVへと人気がシフトしていくこともありえるでしょう。

7人乗りSUV市場これから更に伸びていく可能性大。購入を検討中の方は、新型車の最新情報も見逃さないように要チェックです!

7人乗りの車 国産・輸入車全36車種一覧はこちらから

SUVの新型車情報はこちらでチェック!

注目の新型SUVもチェック!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!