初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【復活】BMW CSLは新型M8・M4・M2に設定か!発売日や価格は?

BMWにおける「CSL」という名称には特別な意味があります。BMWは「CSL」を新たに商標登録したとの情報があり、M8・M4 ・M2で「CSL」が復活する可能性が浮上してきました。「CSL」が冠されると噂される新型Mシリーズの発売日や価格などを予想します。

【最新情報】BMWは「CSL」を新たに商標登録

BMW E9 CSL

BMWは、高性能モデルのMシリーズに「CSL」の名称を復活させると示唆しています。「CLS」とは、「Coupe Sport Lightweight」の略で、「軽量スポーツクーペ」という意味のとおり、徹底的な軽量化とチューニングをほどこしたサーキットスペックのスペシャルモデルです。

BMWは、すべてのMシリーズに「CSL」の名称を新たに商標登録していますが、由緒正しき「CSL」の名称が冠されるのはMシリーズの2ドアクーペのみとなるでしょう。長らく潰えていた市販モデルでの「CSL」の復活は、BMWファンを沸かせる話題となります。

BMW「CLS」とは?

BMW E9 CSL

「CLS」の名称がはじめて冠されたのは、1968年から1978年まで製造されたE9型2ドアクーペの3Lエンジン搭載モデル「BMW 3.0CS」。「BMW 3.0CSL」は、BMWがヨーロッパツーリングカー選手権で勝ち抜くために開発されたレース用ホモロゲーションモデルであり、生産台数はわずか1,039台のみ。

レーシングモデルには、軽量化は当然ながら、パフォーマンスアップのための空力パーツが無数に取り付けられたその風貌から「バットモービル」の愛称で呼ばれるようになりました。1973年のル・マン24時間耐久レースとヨーロッパツーリングカー選手権でのシリーズ優勝を始め、1975年以降、5年連続チャンピオンという輝かしい戦績を残した、BMWの伝説とも呼ばれる車です。

2017年のル・マン24時間耐久レースについてはこちら

新型M2・M4・M8に「CSL」を設定か?

BMW E46型M3 CSL 2003年

市販モデルで「CSL」モデルが設定されたのは「BMW 3.0CSL」と、2003年に登場した「BMW E46型M3 CSL」のみ。「BMW E46型M3 CSL」は、2000年に登場した「BMW E46型M3」のモデル末期に追加された高性能バージョンという位置づけでしたが、ただでさえ高性能なM3さらなる全面改良を施したフルチューンドモデルでした。

ボディラインナップ改定が行われ、新型M3は4ドア専用モデルとなり、旧M3クーペを引き継ぐのはM4。現行型M4にもハイパフォーマンスモデルの「M4 GTS」が設定されていますが、将来的には「CSL」へとモデファイされることでしょう。

BMW M4をはじめ、軽量かつ高剛性な2ドアクーペでこそ「CSL」真価が活かせるため、設定されるのは、「M2」「M4」「M8」のみになると予想できます。

M2・M4・M8についてはこちら

新型Mシリーズ CSLのスペックはどうなる?

BMW M4 GTS 2016年

「BMW E46型M3」を「CSL」化するにあたって変更点は、装備の簡素化とカーボンルーフによる軽量化をはじめ、エンジン・ブレーキ・サスペンション・カーボン製空力パーツの追加など、ありとあらゆる箇所に手が加えられました。

現行型BMW M4 GTSも軽量なカーボン素材を多用し30kgの軽量化されたうえ、エンジン出力は標準M4の431PSから500PSへとパワーアップが施されます。後部座席に張りめぐらされたロールケージは完全なサーキットスペックである特徴であり、「M4 GTS」は「CSL」と呼んでも差し支えないほどのチューニング内容。

実際に「CSL」がデビューするとなると、さらにオーディオやエアコンなどの快適装備撤去による軽量化が施されると思われますが、「新世代のCSL」が従来の古典的な手法を用いるかどうかは疑問が残ります。CSL化の具体的な手法やスペックの詳細はいまだ明かされていませんが、すくなくともM4に設定されるGTSを超えるスペックが与えられるのは間違いないと思われます。

新型Mシリーズ CSLの発売日・価格予想

BMW Concept M8 グランクーペ

BMW新型Mシリーズに設定されるCSLは、発売日、価格ともに正式な発表はおこなわれていません。詳しい情報が入り次第、この記事でお伝えします。

2018年内のデビューが噂されるBMW新型M8の発売と同時か、やや遅れてM2・M4・M8それぞれにCSLが追加され、限定販売されることが予想できます。日本で発売される場合は早くても2019年中の発売となるでしょう。
また、新型Mシリーズ CSLの車両価格は、M4 GTSが標準モデルより700万円ほど加算されていることから、最低でもM2 CSLが1,500万円、M4 CSLが2,000万円、M8 CSLが2,500万〜2,800万円ほどになると予想できます。

数量限定のうえ、決して安くはない価格の新型Mシリーズ CSL。とくにM8 CSLが販売されるとなれば、ファラーリ、ランボルギーニと肩を並べるスーパースポーツの車格になります。新型Mシリーズ CSLは、伝説を受け継ぐ「CSL」という名前を使う以上、過去最高のMモデルに仕上げられることは間違いないでしょう。CSLの公式発表に期待が高まります。

BMWの最新記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す