初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ポルシェ新型911スピードスター コンセプトが公開!スペックと価格や発売日は?

ポルシェ911(991型)にスピードスターが登場し、991型のフィナーレを飾ることがほぼ確実となりました。ポルシェスピードスターは、低く傾斜したフロントウインドウにソフトトップを備え、911をさらにスポーティーにしたモデルです。ポルシェ911(991型)スピードスターの価格やスペックなど最新情報をお届けします!

【最新情報】ポルシェ 911スピードスター コンセプトが世界初公開

ポルシェ 911スピードスター コンセプト

ポルシェは2018年6月9日、ツッフェンハウゼンで開催される「ポルシェ スポーツカー70周年」公式祝賀会の一環として、「911スピードスターコンセプト」のワールドプレミアを行うことを発表し、あわせてそのコンセプトモデルのイメージを公開しました。

911スピードスターは、伝統の限定モデル「スピードスター」シリーズの最新モデルに位置し、同時に911シリーズ最後の派生型となります。

それでは、発表されたコンセプトカーの情報をもとに、市販モデルのスペックや価格、発売日を予想していきます。

新型911スピードスターのワイド&ローなスタイリング

フロント

ポルシェ 911スピードスター スパイショット フロント

ポルシェ 911スピードスター コンセプト フロント

サイド

ポルシェ 911スピードスター スパイショット サイド

ポルシェ 911スピードスター コンセプト サイド

リア

ポルシェ 911スピードスター スパイショット リア

ポルシェ 911スピードスター コンセプト リア

かつての飛び石防止十字テーピングをモチーフにしたヘッドライト

ポルシェ 911スピードスター コンセプト ヘッドライト

新型911スピードスターの外装は、「ワイド&ロー」を強調する傾斜の強いフロントウィンドウや、モータースポーツ黎明期にポルシェが慣例としていた飛散防止の十字型テーピングをモチーフにしたヘッドライト、そしてソフトトップを格納するリアデッキのデザインが特徴です。
スパイショットとコンセプトカーのデザインを比較してみても、大きな違いが見られないことから、市販モデルはコンセプトカーに準する形になる可能性が高いです。

新型911スピードスターの無駄を極限まで省いた内装

ポルシェ911(現行型) 内装

ポルシェ 911スピードスター コンセプト 内装

ポルシェ新型911スピードスターの内装は、コンセプトカーと現行型とを比較すると、大きな違いがないことがわかります。

市販モデルは、インパネ周りは現行型から大きく変わらず、フロントシート後部のデザインはコンセプトカーのものが採用される可能性が高いでしょう。

ポルシェ新型911スピードスターのスペック

ポルシェ 911スピードスター コンセプト

新型911スピードスターのパワートレインは、現行911GTSの「3.0L フラット6ツインターボエンジン」を搭載し、最高出力:450PS / 最大トルク:550Nmを発揮するとの情報があります。

新型911スピードスターは、911GTSより軽量化されているためパワーウエイトレシオに優れ、911GTS以上にスポーティーな走りができるモデルとなるでしょう。

ポルシェ新型911スピードスターの発売日と価格は?

ポルシェ 911スピードスター コンセプト

ポルシェ 911スピードスター コンセプトの市販モデルは、2019年まで公開されることはないとされていますが、市販化を進めるか否かの判断は、”今後数ヶ月以内”に決定されることが噂されています。
新型911スピードスターの発売日については、市販化が決定されると仮定した場合、2019年後期~2020年前期が有力でしょう。

新型911スピードスターは、間違いなく限定生産モデルであり、価格にもプレミアが付くことが予想されます。
997スピードスターが、初代「356スピードスター」にちなんで356台を限定生産したように、今回の限定生産は、スピードスターの原点「356.001」が登場した1948年にちなんだ1948台となることが予想され、その価格は日本円にして1億円を超えるのではないかと言われています。

911の中古車情報はこちら

最新「911」中古車情報!

本日の在庫数 614
平均価格 904.6万円
本体価格 138〜3650万円
Pick up!
Pick up!

【おさらい】伝統のポルシェ スピードスターとは?

ポルシェ 356スピードスター 1956年式

ポルシェ911 スピードスター 歴代モデル
年式通称ベース車生産台数
1950年356スピードスター356約4,722台
1989年930スピードスター2代目911(930型)約2,065台
1993年964スピードスター3代目911(964型)約970台
2010年997スピードスター6代目911(997型)約356台

ポルシェ スピードスターは、ポルシェの伝統であり、限定モデルで過去68年の間に4つのモデルしか存在しないとても希少な存在です。
今回の新型911(991型)スピードスターは、8年振りの復活となる5モデル目のスピードスターです。

ポルシェ911スピードスターは、通常モデルよりフロントガラスが低く傾斜したオープン2シーターモデルで、ソフトトップを格納する「ダブルバブル」のハードカバーもスピードスターの専用アイテムです。911スピードスターは、低重心化と軽量化によりスポーティーな走りを実現した911の中でもよりストイックなモデルと言えます。

ポルシェ991型は世代交代し992型へ

実は、現行のポルシェ911(991型)は、新型911スピードスターをもって最後のモデルとなり、次期992型にバトンタッチすることとなります。

そして次世代の992型では、現行モデルをさらに昇華させた上に、PHEVモデルが投入される可能性が高く、バッテリー性能はポルシェ パナメーラよりも向上するといった情報もあります。

新型911(991型)スピードスター、新型911(992型)が同じステージでワールドプレミアされる可能性があり、登場が予想される2018年10月のパリモーターショーのポルシェ ブースには注目が集まることでしょう。

新型911(992型)の関連情報はこちら

ポルシェの新型車についてはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!