初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【マツダ新型CX-3 試乗】ガソリン・ディーゼルエンジンの進化で走りはどう変わった ?

2018年5月17日、マツダがコンパクトSUV「CX-3」のマイナーチェンジを発表。新型CX-3は、新技術を搭載したガソリンエンジンと1.5Lから1.8Lにパワーアップしたディーゼルエンジン、インテリアの質感向上など大幅に改良しています。メディア向けに開催された公道試乗会にて進化したスカイアクティブテクノロジーを取材した様子をお届けします。

【マツダ新型CX-3】マイナーチェンジ !

新型CX-3 公道試乗会の会場

2018年5月17日、マツダがコンパクトSUV「CX-3」のマイナーチェンジを発表。

今回のマイナーチェンジでは外装・内装の質感の向上、スカイアクティブエンジンの改良、予防安全機能の追加などが行われ、マツダは新型CX-3について、「人間中心」の思想のもと、あらゆる領域を深化させ、従来モデルから持っていた質のレベルを一段引き上げたと述べています。

今回は、横浜・みなとみらいにて開催された公道試乗会を取材した様子をお届けします。

【マツダ新型CX-3】主な改良ポイント

新型CX-3 (XD L-Package)

●フロントグリル
●インテリアデザインや素材
●電動パーキングブレーキ
●マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付]
●360度ビューモニター追加※オプション
●1.8L 直4気筒DOHC直噴ターボエンジン
●2.0L 直4気筒DOHCガソリンエンジン

マツダCX-3のマイナーチェンジの詳細情報はこちら

マツダCX-3のフルモデルチェンジ予想はこちら

【進化した走る歓び】新型CX-3のエンジンラインナップ

開発担当者は新型CX-3のパワートレイン(スカイアクティブ テクノロジー)について、「日常的に使用するシーンにおいて、さらに高いレベルで"走る歓び"と"優れた環境性能”の実現を目指した」と語っています。

新型CX-3のパワートレインには、2.0L 直列4気筒DOHC直噴ガソリンエンジンと、1.8L 直列4気筒DOHC直噴ディーゼルターボエンジンの2種類が用意されます。トランスミッションや駆動方式は、ガソリン車・ディーゼル車ともに、6速AT/6速MT、FF/4WDと幅広い選択が可能です。

マツダのスカイアクティブテクノロジーに関する記事はこちら

【ガソリンエンジン】SKYACTIV-G 2.0Lの試乗インプレッション

新型CX-3(20S PROACTIV S Package)

今回のガソリンエンジン(スカイアクティブ-G 2.0)では、全体的なトルクと燃費率ともに約1%~1.5%向上させています。
旧ガソリンエンジンに比べ、気持ち的にアクセルの踏み込みが少なく済んだように感じ、登坂シーンにおいてもその差は歴然。数値的には数%でも体感としては十分に得られるものでした。

新型CX-3旧型CX-3
エンジン種類直列4気筒DOHC直噴直列4気筒DOHC直噴
排気量2.0L2.0L
最高出力110[150]/6,000109[148]/6,000
最大トルク192[19.9]/2,800192[19.6]/2,800
トランスミッション6速AT/6速MT6速AT
駆動方式FF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

マツダの次世代エンジンに関する記事はこちら

【ディーゼルエンジン】SKYACTIV-D 1.8Lの試乗インプレッション

新型CX-3 (XD L Package)

ディーゼルエンジンは、排気量が1.5Lから1.8Lにアップされ、旧型より高回転域でのトルクが向上。試乗では、高速走行時の合流や追越し場面で違いを感じられ、旧型(1.5L)よりストレスなく加速します。

新型CX-3旧型CX-3
エンジン種類直列4気筒DOHC
直噴ディーゼルターボ
直列4気筒DOHC
直噴ディーゼルターボ
排気量1.8L1.5L
最高出力85[116]/4,00077[105]/4,000
最大トルク270[27.5]/1,600~2,500270[27.5]/1,600~2,500
トランスミッション6速AT/6速MT6速AT/6速MT
駆動方式FF/4WDFF/4WD
使用燃料軽油軽油
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ディーゼルエンジンに関する記事はこちら

【燃費も向上】進化したエンジンの燃費

今回の公道試乗会では、横浜・みなとみらい周辺を走行し、メーター上で12.3km/L(ガソリン)・17.3km/L(ディーゼル)という数値でした。

マツダは、今回の新型CX-3から従来のカタログで記載されたいた「JC08モード」での表記をやめ、「WLTCモード」という新しい表記で燃費数値を公表。

新型CX-3のWLTCモード表

【WLTCモード】
ガソリン車15.2km/L~16.2km/L
ディーゼル車19.0km/L~23.2Km/L
【市街地モード】
ガソリン車11.9km/L~12.9km/L
ディーゼル車16.0km/L~21.3Km/L
【郊外モード】
ガソリン車15.9km/L~16.7km/L
ディーゼル車19.1km/L~23.5Km/L
【高速道路モード】
ガソリン車17.2km/L~18.1km/L
ディーゼル車20.9km/L~24.4Km/L

WLTCモードとは

「WLTCモード」とは、国際的な測定方法で「市街地モード」「郊外モード」「高速道路モード」「WLTCモード(統合)」といった各モードでの数値を表すものです。これによりユーザーは、実際の使用環境に近い燃費数値を知ることができます。

WLTCに関する記事はこちら

【安定の乗り心地】足回りとタイヤを進化

新型CX-3 専用設計のタイヤ

タイヤの空気入れに関する記事はこちら

今回の改良ポイントのひとつでもある「操縦安定性・乗り心地・静粛性の進化」の領域では、走り出しの加速時に旧型にくらべ安定感が増したほか、ロードノイズが低減されより静粛性が向上したように感じられました。

今回、一部改良では異例のCX-3専用設計のタイヤを開発。これは、サイドウォール部分の柔軟性を高め、トレッド部分を硬めにチューニングすることで、路面から伝わる振動を滑らかにしつつ、路面との捻れを抑えることで安定した走りを実現。結果的に、操縦安定性が高まり、ロードノイズを低減できるという仕組みです。

【マツダ新型CX-3】グレード構成と価格

旧型CX-3が、約211万~約307万円という価格帯に対し、新型CX-3は約213万円~約309万円です。新エンジンやデザイン変更などの改良点から考えると、お得と言える金額と言えます。

ガソリンエンジン

20S2WD(FF)213万円
4WD235万円
20S プロアクティブ2WD(FF)233万円
4WD256万円
20S プロアクティブ
S パッケージ
2WD(FF)243万円
4WD266万円
20S L パッケージ2WD(FF)257万円
4WD280万円

ディーゼルエンジン

XD2WD(FF)244万円
4WD266万円
XD プロアクティブ2WD(FF)263万円
4WD286万円
XD プロアクティブ
S パッケージ
2WD(FF)273万円
4WD295万円
XD L パッケージ2WD(FF)283万円
4WD306万円

マツダ SUVシリーズの末っ子の今後はどうなる ?

世界的に激化しているSUVジャンル。国内でもコンパクトSUVは各社がぞくぞくとラインナップを揃えています。

マツダは、日本国内で3車種のSUV展開しており、2017年頭に2代目にモデルチェンジしたCX-5(2018年2月に一部改良)と2017年末に3列シートという大きな特長をもってデビューしたCX-8が存在。今回のCX-3は、2015年のデビュー。今回で4度目の改良となり、当初からするとGVC(Gベクタリングコントロール)やガソリンエンジンの追加などをおこない商品価値を高めてきました。

新型CX-3では、新エンジンの導入や専用設計タイヤの開発、インテリア質感の向上などで、ライバル車たちとの差を埋めていけるかが、今後のポイントとも言えます。

上位モデル2台の影に隠れつつもマツダSUVシリーズのエントリーモデルとして、頑張っている末っ子は、どこまで戦うことができるのか。今後も期待したいところです。

CX-3に関する記事はこちらから

マツダ車に関する記事はこちら

この記事の執筆者

金子 高志この執筆者の詳細プロフィール

1987年7月13日神奈川県逗子生まれ。 自動車イベントのプロデュース・ディレクションや自動車専門誌の営業経験を経て、現在はMOBY編集長 兼 ディレクター。 「クルマ業界が盛り上がる」をテーマに様々な角度から情報を発信予定。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す