初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【日産 ティーダ ラティオ 総合情報】中古車選びの注意点から実燃費や評価まで

【日産 ティーダラティオ】カタログ燃費・実燃費

初代ティーダラティオ・2代目ラティオのカタログ燃費・実燃費

初代ティーダラティオ2代目ラティオ
JC08モード燃費2WD:18.0
4WD:14.2
22.6
実燃費12~1411~15
[単位]km/L

2代目ラティオは初代ラティオよりもカタログ燃費では低燃費です。しかし、実燃費ではあまり差がないというデータが出ています。
どちらも昨今のエコカーと比較してしまうと、あまり燃費がいいとは言えません。

【日産 ティーダラティオ】ボディカラー

初代ティーダラティオ・2代目ラティオのボディカラー

初代ティーダラティオ2代目ラティオ
シルキーベージュ
ホワイトパール
サファイアブラック
ブリリアントシルバー
ホワイト
ブリリアントホワイトパール
ブリリアントシルバー
ホワイト

初代ティーダラティオの最終モデルは全5色、2代目ラティオの最終モデルは全3色のボディカラーが設定されていました。

【日産 ティーダラティオ】グレード構成と新車車両価格

初代ティーダラティオ・2代目ラティオのグレード構成と新車車両価格

初代ティーダラティオ2代目ラティオ
新車車両価格(税込)142万~196万円146万~179万円
グレード15S
15M
15G
15S FOUR
15M FOUR
S
X
G

初代ティーダラティオの最終モデルは、2WD車が3種、4WD車が2種の全5グレード構成でした。2代目ラティオの最終モデルは2WD車のみの全3グレード構成です。

日産 ティーダラティオの試乗レビュー・評価

初代ティーダラティオの試乗レビュー・評価

初代ティーダラティオのインターネット上の口コミ、評価を調べますと、次のようなものがありました。

「価格の割にお洒落で高級な内装にびっくり」
「外観はあまり特徴がない」
「市街地走行は〇、高速走行はいまいち」

2代目ラティオの試乗レビュー・評価

2代目ラティオのインターネット上の口コミ、評価を調べますと、次のようなものがありました。

「エクステリアの年齢層は高め」
「室内空間は広い」
「必要十分なエンジン性能」
「燃費はよくない」
「装備に対して価格が高め」

【日産 ティーダラティオ】中古車価格

初代ティーダラティオの中古車価格

最新「ティーダラティオ」中古車情報!

本日の在庫数 127
平均価格 31.1万円
本体価格 3.5〜75万円
Pick up!
Pick up!

2代目ラティオの中古車価格

最新「ラティオ」中古車情報!

本日の在庫数 56
平均価格 67.3万円
本体価格 35.3〜113万円
Pick up!
Pick up!

初代ティーダラティオに対して、2代目ラティオは中古市場での流通数が少なく、中古平均価格も初代の2倍以上となっています。

日産 ティーダラティオを中古で買うときの注意点

初代ティーダラティオの中古車を買う前にチェックしたい注意点

2007年7月~8月までに生産された初代ティーダラティオは、ハンドルの先につながるピニオンシャフトの挿入が不十分であったことから、リコールがアナウンスされました。改修措置を受けていない場合、ハンドルが操作できなくなる危険性があります。

該当する期間に生産された初代ティーダラティオを中古で購入する際には、リコールによる改修措置を受けているか、しっかりと確認するようにしましょう。

2代目ラティオの中古車を買う前にチェックしたい注意点

2012年9月から2014年7月までに生産された2代目ラティオは、CVT制御プログラムに不備があったことから、無償でのCVTプログラム書き換えがアナウンスされました。この書き換え措置を受けていない場合、CVTから異音や振動が発生し、最悪故障につながります。

該当する期間に生産された2代目ラティオを中古で購入する際には、CVTプログラムの書き換え措置を受けているか、しっかりと確認するようにしましょう。

日産 ティーダラティオのカスタム

初代ティーダラティオのカスタム車

Toshi Sugawaraさん(@toshi.san410)がシェアした投稿 -

初代ティーダラティオのカスタム車です。ホイールなどに変更が加えられ、かなりのシャコタン仕様となっています。

2代目ラティオのカスタム車

Ryota Watanabeさん(@ryt641)がシェアした投稿 -

2代目ラティオのカスタム車です。フロントグリルやヘッドライト、ホイールなどがカスタムされ、車高も下げられています。

日産 ティーダラティオの魅力は?

2代目ラティオ

ティーダラティオの魅力は、初代・2代目ともにフォーマルなエクステリアに集約されていると言っていいでしょう。年齢層高めのデザインは、5ナンバーのコンパクトボディに大人の魅力を与えています。

昨今の自動車と比較すると、実用性や燃費性能で厳しい面が目立ちますが、気に入ってしまえばあばたもえくぼで、長く楽しめる相棒となるはずです。

日産の新型車に関する記事はこちら

日産の注目の新型車について詳しくはこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す