初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【日産 ティーダ ラティオ 総合情報】中古車選びの注意点から実燃費や評価まで

日産がかつて販売していたティーダラティオは、上質なフォーマルデザインが魅力の5ナンバーセダンです。初代ティーダラティオと2代目ラティオについて、中古車選びの注意点から実燃費、試乗評価などの総合情報をまとめました。

日産 ティーダ ラティオとはどんな車?

初代ティーダラティオ

初代ティーダラティオ

初代ティーダ ラティオの発売日

ティーダラティオとは、日産がかつて製造・販売していた4ドアセダンです。初代モデルの「ティーダ・ラティオ」はコンパクトハッチバック「ティーダ」の派生モデルとして、2004年10月30日に発売。2012年まで販売が継続されました。

初代ティーダ ラティオのコンセプト

初代ティーダラティオは、くつろぎの室内空間にモダンで若々しいデザインを備え、小型セダンの新しい基準を創出する車として開発されました。

初代ティーダ ラティオの特長

・モダンで高級なインテリア
・ゆったりと足が伸ばせる広い室内空間
・しっかりとした走りと乗り心地

2代目ラティオ

2代目ラティオ

2代目ラティオの発売日

2代目モデルは、車名からティーダが外れて「ラティオ」として独立。2012年の10月5日に発売されました。国内販売は2016年の12月をもって終了しています。
ミャンマーでは2017年1月18日より現地生産を開始し、サニーの名称で販売されています。

2代目ラティオのコンセプト

ティーダ・ラティオの2代目モデルとなるラティオは、世界150カ国以上で販売するコンパクトセダン・グローバル戦略車として開発されました。フォーマルなエクステリア、広く快適な室内空間、高い環境性能と経済性など、世界各国で共通するニーズを高いレベルで満たしています。

2代目ラティオの特長

・フォーマルなエクステリア
・広く快適な室内空間
・高い環境性能と経済性

日産には"ティーダ"というモデルもあった!詳しくはこちら

【日産 ティーダラティオ】エクステリアデザイン(外装)

初代ティーダラティオのエクステリアデザイン(外装)

初代ティーダラティオ フロント

初代ティーダラティオ リア

初代ティーダラティオのエクステリアは、「スペーシャス(Spacious)&モダン(Modern)」をテーマにデザインされました。空間性を大切にしながら、モダンなディテールを効かせることで、進化したプロポーションとセダンとしての佇まいを美しく調和させています。

2代目ラティオのエクステリアデザイン(外装)

2代目ラティオ フロント

2代目ラティオ リア

2代目ラティオのエクステリアは、水平基調の堂々としたサイドビューや、大型ヘッドランプやグリルを採用したフロントスタイルなど、存在感と上級感を際立たせたデザインを特長としています。

【日産 ティーダラティオ】インテリアデザイン(内装)

初代ティーダラティオのインテリアデザイン(内装)

初代ティーダラティオ インパネ

初代ティーダラティオ シート

初代ティーダラティオのインテリアは、「コンフォート(Comfort)&モダン(Modern)」をテーマにデザインされました。高精度な造り込みにこだわりつつ、上質なアクセントを加えることで、「クラスを超えた、上質で知的な室内」を実現しています。
また、前後席ともゆったりと足が伸ばせるクラス最大の室内空間を確保しました。

2代目ラティオのインテリアデザイン(内装)

2代目ラティオ インパネ

2代目ラティオ シート

2代目ラティオのインテリアは、エンジンルームの最小化、燃料タンクの最適配置などにより、5ナンバーセダンとして1クラス上の広い室内空間を実現しています。

【日産 ティーダラティオ】ボディサイズ

初代ティーダラティオ・2代目ラティオのボディサイズ

初代ティーダラティオ2代目ラティオ
全長4,4304,455
全幅1,6951,695
全高2WD:1,535
4WD:1,540
1,495
ホイールベース2,6002,600
車両重量2WD:1,120・1,130
4WD:1,200・1,220
2WD:1,030・1,040
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

初代ティーダラティオと2代目ラティオのボディサイズは、どちらも5ナンバーサイズに収まっています。2代目ラティオの販売終了後は、日産のラインナップから5ナンバーセダンが消滅しました。

5ナンバーとは?詳しくはこちら

【日産 ティーダラティオ】エンジンスペック・パワートレイン

初代ティーダラティオ・2代目ラティオのエンジンスペック

初代ティーダラティオ2代目ラティオ
エンジン種類直列4気筒DOHC直列3気筒DOHC
排気量1.5L1.2L
最高出力80[109]/6,00058[79]/6,000
最大トルク148[15.1]/4,400106[10.8]/4,400
トランスミッションFF:CVT
4WD:4速AT
CVT
駆動方式FF・4WDFF
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

初代ティーダラティオのパワートレインには、当初1.8Lエンジンもラインナップされていました。後の仕様変更で1.8Lエンジンは廃止され、最終モデルでは1.5Lの直列4気筒エンジンのみのラインナップとなっています。
2代目ラティオには、1.2Lの直列3気筒エンジンが搭載されています。駆動方式はFF、トランスミッションCVTの設定です。

次のページ

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す