初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

自転車の飲酒運転で捕まったら免停になる?罰金の金額や違反点数など

自転車の飲酒運転で捕まったあとに自動車免許が免停になる可能性があります。自転車で飲酒運転をするとどのような罰則があるか、なぜ自転車の飲酒運転で免停になるのか、罰金の金額や違反点数など、自転車の飲酒運転について詳しく知っておきましょう。

自転車の飲酒運転で捕まったらどうなる?

自転車の飲酒運転で検挙された後に自動車免許証の停止(免停)になった事例があります。なぜ自転車の飲酒運転で免停処分になってしまったのでしょうか?それには自転車の飲酒運転についてよく知っておく必要があります。

「自転車はお酒を飲んだ後でも運転しても大丈夫」と思っている方もいるようですが、自転車は自動車と同じで、飲酒後に運転すると「道路交通法違反」として検挙されることがあります。

以下は飲酒運転を禁じる道交法の該当箇所です。

道路交通法(酒気帯び運転等の禁止)
第65条何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。

「車両等」については、以下で定義されています。

道路交通法(定義)
第2条 第8号車両:自動車、原動機付自転車、軽車両及びトロリーバスをいう。
第2条 第11号軽車両:自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽けん引され、
かつ、レールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む。)であって、身体障害者用の
車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のものをいう。

自転車は道路交通法が定める「軽車両」となるため、飲酒したあとに自転車を運転することは禁止されています。つまり、自動車と同様に「飲酒運転」で検挙されると重い罰則が適応されるのです。

軽車両についてはこちらでも詳しく

自転車の飲酒運転による罰則

自動車の飲酒運転の罰則には「酒気帯び運転違反」と「酒酔い運転違反」の2種類が規定されていますが、自転車の飲酒運転は「酒酔い運転違反」が適応されます。

(参考)
・酒気帯び運転違反:アルコールが血液1mL中3mg以上又は呼気1L中に0.15mg以上となる場合に車両を運転すること
・酒酔い運転違反:お酒のせいで正常な運転ができない状態で車両を運転すること


以下は「酒気帯び運転等」の罰則に関する道交法の該当箇所です。

道路交通法(罰則)
第117条の2次の各号のいずれかに該当する者は、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。
第117条の2
第1号
第65条(酒気帯び運転等の禁止)第1項の規定に違反して車両等を運転した者で、
その運転をした場合において酒に酔った状態(アルコールの影響により正常な運転が
できないおそれがある状態をいう。以下同じ。)にあったもの
道路交通法(罰則)
第117条の2の2次の各号のいずれかに該当する者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
第117条の2の2
第5号
(酒気帯び運転等の禁止)第三項の規定に違反して酒類を提供した者(当該違反により
当該酒類の提供を受けた者が酒に酔つた状態で車両等を運転した場合に限る。)

自転車の飲酒運転は「酒気帯び運転」であれば厳重注意のみとなりますが、「酒酔い運転」で検挙されれば自動車と区別なく同等な罰則が適応されます。

また飲酒後に自転車を運転するとわかっていながら、酒類を提供した者にも自動車の場合と同等な罰則が適応されます。

酒気帯び運転と酒酔い運転の違いについてはこちら

飲酒運転についてもっと詳しく知りたい方はこちら

自転車の飲酒運転で免停になる可能性もあり!

自転車の「酒酔い運転」で検挙された運転者が自動車免許を保有している場合、自動車運転免許まで影響が及ぶ可能性があります。

自動車運転免許と自転車の酒酔い運転は直接関係ありませんが、自転車の酒酔い運転の常習犯や悪質な違反者に限り、自動車免許を停止された事例がありました。
いずれ自動車でも飲酒運転を起こしかねないと判断され、事故の可能性を抑制するための措置ということになるのでしょう。

この運転免許の停止(免停)は、都道府県の条例によって対応が異なってきますが、東京都や愛知県では厳しい対応が取られており、過去に「180日以下の免許停止の処分」を言い渡した実績があります。

免停について詳しくはこちら

ノンアルコールのビールやカクテルなら大丈夫?

自転車の飲酒運転で自動車免許の点数や罰金はどうなる?

自転車の酒酔い運転の常習犯や悪質な違反者に限り、自動車免許の「免停」となる可能性があるとお伝えしましたが、自動車免許上での違反点数の加点や罰金はありません。

なぜなら、自転車の飲酒運転の常習犯や悪質な違反者に対する免停処分(30〜180日)は「点数制度によらない行政処分」であるため、違反点数の加点対象ではないからです。また、自転車による飲酒運転の罰則が適応されますので、自動車免許の罰金は発生しません。

しかし、自転車は反則金制度の対象外であるため、自転車で違反を起こせば「青切符」ではなく、いきなり「赤切符」が切られます。つまり、有罪が確定すれば前科者となってしまいます。

違反点数の加点や罰金制度について詳しくはこちら

自転車で気をつけたい道路交通法についてもチェック

飲酒をしたら乗り物を運転しないこと!

上記の通り、自転車の飲酒運転常習犯、悪質な違反者として検挙された場合、自動車運転免許の免停も課せられる可能性があります。

最近は飲酒運転でなくても、自転車に跳ねられた歩行者が死亡に至るという悲惨な交通事故もおこっています。自転車は自動車と同じ凶器になりうる乗り物であることを忘れず、飲酒した後は自転車を押して歩くようにしましょう。

交通違反について読んでおきたいおすすめ記事

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す