初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【三菱新型RVR】フルモデルチェンジは2019年か?価格やスペックなど予想点予想

三菱新型RVR最新情報!三菱のコンパクトクロスオーバーSUV・RVRがフルモデルチェンジを行うとうわさされています。EVやe-POWERモデルの追加など、さまざまなうわさがある新型RVR。新型RVRのうわさを検証し、価格やスペックに関する予想もまとめました。

三菱新型RVRフルモデルチェンジについてのうわさを検証!

現行型RVR

三菱新型RVRは日産ジュークとプラットフォームを共有?

三菱自動車がルノー・日産アライアンスの傘下に入ったことから、新型RVRは日産・ジュークとプラットフォームを共有する姉妹車になると、一部ネット上ではうわさされています。

2018年内の発売が予想されている新型ジュークには、ルノーと日産が共同開発したプラットフォーム「CMF(コモン・モジュール・ファミリー)」が採用されるというので、うわさが事実であれば、新型RVRも同様のプラットフォームを用いることになるでしょう。

三菱新型RVRにはEVモデルが追加される可能性も?

新型RVRには、新たにEV(電気自動車)モデルが追加されるといううわさもあります。
次期型ジュークでの登場が予想されている、日産・リーフのパワートレインを流用したEVモデルが、新型RVRにもラインナップされるというのです。
燃費の不正問題で大打撃を受けた三菱自動車にとって、新たなEVモデルの投入は、企業イメージの回復に大きく貢献することになるでしょう。

三菱新型RVRには「e-POWER」も登場か?

新型RVRには、「e-POWER」モデルが登場するといううわさもあります。
日産・ノートで初採用され好評を博した「e-POWER」は、エンジンを発電のみに使用して100%モーターの力で走る「シリーズ」方式のハイブリッドシステムです。

e-POWERは新型ジュークへの搭載も予想されているので、姉妹車とされる新型RVRに搭載される可能性も十分にありえます。

三菱 RVRについての記事はこちら

三菱新型RVRの外装と内装を予想!デザインはどうなる?

三菱新型RVRの外装を予想

グリップス・コンセプト

画像は、2015年のフランクフルトモーターショーで公開されたコンセプトクロスオーバーEV「グリップス・コンセプト」です。
新型ジュークの外装デザインが、これに近いものになるとされていることから、新型RVRでも同様のスタイルが採用されると予想できます。

ただし、フロントのデザインは日産車共通の「Vモーショングリル」ではなく、三菱車に共通する「ダイナミックシールド」が採用されるはずです。

参考:現行型RVRとグリップス・コンセプトのボディサイズを比較

現行型RVRグリップス・コンセプト
全長4,3654,100
全幅1,7701,890
全高1,6301,500
ホイールベース2,6702,580
車両重量1,350~1,430-
乗車定員54
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

三菱新型RVRの内装を予想

現行型RVR インパネ

新型RVRの内装に関してはまだほとんど情報がなく、どのようなデザインになるのかはわかりません。今後新しい情報が入り次第、この記事でお伝えします。

三菱新型RVRのエンジンスペックを予想!

現行型RVR エンジン

新型RVRのパワートレインにはEVとe-POWERの他、1.5L ディーゼルターボエンジンや1.6L ガソリンエンジンのラインナップが予想されてます。
詳細なスペックは不明ですが、燃費性能に関していえば、現行型RVRよりも大幅に向上することはまず間違いありません。

参考:現行型RVRのエンジンスペック・燃費性能

エンジン種類直列4気筒SOHC
排気量1.8L
最高出力102[139]/6,000
最大トルク172[17.5]/4,200
トランスミッションCVT
駆動方式FF/4WD
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
JC08モード燃費2WD:15.4
4WD:14.4~14.8
実燃費10~11
[単位]km/L

三菱新型RVRの発売日はいつ?価格はどうなる?

現行型RVR

新型RVRの発売日は、通常のエンジンを搭載したモデルが2019年の夏、EV・e-powerモデルについては2020年の中旬になると予想されています。
また価格に関しては、現行型RVRより20万円前後値上げされるとの予想です。
参考までに、現行型RVRの新車車両価格は、206万~254万円に設定されています。

MOBYでは、今後も三菱新型RVRに関する最新情報を追っていきます。

三菱の新型車に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す