初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ハイブリッド車とは?3タイプの実燃費や価格とメリット・デメリットを徹底比較!

各社しのぎを削り日々進化しているハイブリッドカー。ハイブリッドカーの中にも種類があり、トヨタ・ホンダ・日産が採用するハイブリッドシステムにはそれぞれ特長があります。各ハイブリッドシステムのメリット・デメリットを徹底比較し、代表車種の実燃費や価格から、燃費やコスパのいいハイブリッドカーを検証します。

ハイブリッド車とは?

ハイブリッド車を一躍有名にしたトヨタ プリウス(北米 2017年モデル)

ハイブリッドとは、複数の異なる方式を組み合わせたものを意味します。よって、ハイブリッド車の定義とは、内燃機関のエンジンと電動機のモーターを必要に応じて使い分けることでエネルギー効率を高めた車ということになります。

ハイブリッドの種類には「パラレル方式」「シリーズ方式」その二つを掛けあわせた「シリーズ・パラレル方式(スプリッド方式)」の3種類のハイブリッドシステムが現在主流となっています。

3種類のハイブリッドシステムを解説し、実燃費や価格とメリット・デメリットを徹底比較します。

ハイブリッドにいくつもの種類がある理由は?

ガソリンエンジンは低回転域での効率の悪さという基本特性をもっており、発進と停止を繰り返す市街地走行では燃費効率が大きく落ち込んでしまいます。

しかし、回転し始めから最大トルクを発生するという電気モーターの特性は、市街地走行で有効です。さらに電気モーターは回転を与えると発電機として機能するため、回生ブレーキとして減速時に電気をバッテリーに蓄え、必要なときにエネルギーを取り出すことができます。

ハイブリッドシステムにとって重要なのは、バッテリーに蓄えたエネルギーを「いつ」「どのように」「どれだけ」使うかということです。技術的要因や要求性能、コストの兼ね合いなどによりさまざまな答えがあるため、それぞれの用途にあわせたいくつもの種類のシステムを搭載したハイブリッドカーが登場することになりました。

【ホンダが採用】パラレルハイブリッドの仕組み

「パラレル」とは「並列」を意味します。エンジンパワーを、モーターがアシストする形で搭載されるのがパラレルハイブリッドです。

パラレルハイブリッドは燃費が悪くなりがちなゼロ発進時や、大きな出力が必要な加速時などにモーターによるアシストを加えることで効率のよく車を加速させ、消費燃料を抑えるように働きます。

構造も単純で重量増加も抑えられるため、小型車にも搭載が容易であり、排気量アップに近い効果を得られるのがパラレルハイブリッドの特徴です。

ホンダ フィット ハイブリッド

ホンダ フィットはホンダが販売するコンパクトカーです。フィット ハイブリッドに搭載されるパラレル・ハイブリッド「IMAシステム」は、軽量・シンプルに設計され、ハイブリッド化による重量増を徹底的に抑えたコンパクトカーに最適なハイブリッドシステムです。

初代フィットではアシストモーターによるアシストだけでしたが、2代目フィットでは、モーター単体での走行も可能となりました。

ホンダ フィット ハイブリッドについてはこちら

【日産e-POWER】シリーズハイブリッドの仕組み

シリーズ方式のハイブリッドシステムは直列方式とも呼ばれ、パラレル(並列)ハイブリッドと対比されることが多いです。

シリーズハイブリッドはエンジンと駆動系を完全に切り離し、エンジンは発電のみに使用し、駆動は電動モーターによって行います。エンジンは常に最適な回転数で効率よく発電することか可能であり、速度や走行環境によるエンジンの回転変動によるエネルギーロスが少ないのが特徴です。ただし、発電時と駆動時の動力と電力の変換ロスの大きさが課題です。

似た構想のハイブリッドシステムに「レンジエクステンダー」がありますが、レンジエクステンダーは基本的に電気自動車(EV)として走行し、非常時のみ小型エンジンによる発電を行う仕組み。そのため本格的なシリーズ・ハイブリッドとは明確に区別されています。

日産 ノートe-POWER

ノートe-POWERは、コンパクトハッチバックの日産 ノートにシリーズハイブリッドシステムをが搭載されたハイブリッドカーです。
電気自動車である日産リーフのパワートレインに、発電用にチューニングしたエンジンを搭載。さらにバッテリーも小型化させています。

日産 ノートe-POWERやe-POWERの仕組みについてはこちら

【トヨタが採用】シリーズ・パラレルハイブリッドの仕組み

多くのトヨタのハイブリッドカーに搭載されているのは、シリーズ方式とパラレル方式のメリットを合わせもつハイブリッドシステムです。

遊星歯車を使用することで、エンジン動力とモーター動力を自在に合成することを可能とし、走行状態にあわせてもっとも効率のよいエンジンとモーターの動作割合で駆動することができます。

自在に動力を分割できることから「スプリット方式」とも呼ばれています。もっとも効率のよいハイブリッドシステムですが、その複雑な構造と重量増加を招いてしまう点がデメリットです。

トヨタ アクア

トヨタ プリウスのパワートレインを、より取り回しの優れる小型車に移植することで誕生したハイブリッドカーがトヨタ アクアです。

誕生した2011年ころは、まだ実用性を備えたハイブリッド小型車というジャンルは珍しかったことに加え、燃費を最重視した設計により「世界でもっとも低燃費な乗用車」として爆発的なヒットを記録しました。

トヨタ アクアについてはこちら

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!