初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ロードノイズ対策3選!原因はタイヤ?遮音・防音に優れたおすすめ商品も

車が走るだけでどうしても発生してしまうのがロードノイズ。日々の快適なドライブにはロードノイズは気になる存在です。そこでロードノイズの原因や、3つの遮音対策、そして遮音・防音に優れたおすすめ商品、その口コミ・評価までご紹介します!

ロードノイズの原因はタイヤ?

車 音

©Shutterstock.com/ grmarc

ロードノイズとは、自動車の走行中にタイヤと路面の刺激によって発生した振動が、サスペンションをはじめとする懸架部分を通してボディに伝達され、騒音となったものをいいます。
ロードノイズの周波数は50~500Hzとされていて、20~50Hzのドラミングと呼ばれる低周波音もロードノイズに含めるのが一般的です。単純な結論ですが、ロードノイズの原因は、タイヤと路面にあります。

路面はアスファルトから砂利道などの悪路まで環境がさまざまですが、一方タイヤは車が走る上で空に浮くわけにもいかず、どうしても路面からタイヤを通して振動が伝導されてしまうのです。

サスペンションの仕組みについて詳しくはこちら

ロードノイズ対策①【周波数50~500Hzのノイズはマットで吸音!】

この対策の考え方としては、振動となって室内に伝わってしまったロードノイズは、乗員の耳に入るまでに吸収してしまおう!ということです。

まずは手始めに、フロアマットの下に吸音性のマットを敷いて、フロア下からのノイズの侵入を抑えましょう。他にも、エンジンルームやラゲッジルームなどの広いスペースに静音シートを貼りつけることで効果は増大します。

フロアマットに関する記事はこちら

ロードノイズ対策②【周波数20~50Hzのノイズはボディに伝えない!】

足回り サスペンション

©shutterstock.com / Mohd KhairilX

一度気になったらかなり不快なレベルであるにも関わらず、なかなか対策がしづらいのが周波数20~50Hzのロードノイズです。
この低周波のノイズを対策するには、振動をボディになるべく伝えないようにするのが一番です。

1つは、路面との重要な仲介役であるサスペンションのボルトに、ワッシャーをかませるとよいでしょう。
ワッシャーにはサスペンションのばね作用によるゆるみを低減させる役割を持っています。

もう1つ重要なのが、タイヤとサスペンションを収める「タイヤハウス」と呼ばれる空間に防音対策を施すことです。
本格的に対策する場合には、「制振シート」を貼ってボディフレームを構成する金属板の比重を上げ、振動を抑える方法があります。簡単な方法で対策したい場合は、タイヤハウス内に「制振スプレー」でゴム質の塗料を塗装するだけで、効果的に防音ができます。

タイヤハウスについての詳しい情報はこちら

ロードノイズ対策③【外から侵入してくるノイズは遮音!】

ロードノイズの大半は、タイヤからサスペンションをはじめとする懸架部分を通って内部に直接伝わるものですが、一部は車外で発生したノイズが空気中を伝わって車内に侵入してきます。
とくに、高速道路を走っているときは外からのロードノイズといえども、かなりの騒音です。

対策は非常にシンプルで、もっとも音が入ってきやすいドアまわりに防音テープを貼るのがベストでしょう。ドアの密着性を向上させ、ロードノイズだけでなく、風切り音まで低減できるのでおすすめです。

ロードノイズに最適!「エーモン静音計画」商品4選!口コミ・評価は?

上記に挙げた3つの対策にぴったりと当てはまるロードノイズ遮音商品は数多く存在します。
その中でも、自動車絡みのノイズに強いエーモン工業のシリーズ「エーモン静音計画」から売れ筋の商品を4つピックアップして、実際に利用したユーザーの口コミ・評価も合わせて紹介していきます。

ロードノイズ低減マット

フロアマット、トランクマットなどの下に敷くだけで、フロア下からのロードノイズの侵入を抑えることができます。

参考価格: ¥ 1,519
(2018年08月21日現在)

口コミ・評価

「とりあえずと2枚購入してトランクルームとリアのマット下に、敷くだけで十分にノイズが減りました!」
「ガァ~~という音がボォ~~と こもるような感じの音になりました。」
「施工はすぐに終わります。効果はこれ単体では限定的。複数の防音対策で出るのだと思います。」

タイヤハウス静音スプレー

タイヤハウス内に吹き付けるだけの簡単な施工で、タイヤハウス内から発生する不快なロードノイズをカットします。
その他にも、小石のはねあげや、水しぶきのはね上げ音を低減します。

参考価格: ¥ 1,178
(2018年08月21日現在)

口コミ・評価

「半信半疑で購入したものの予想以上に静音にびっくり!」
「ドライの路面でかなり静かになります。」
「私は軽自動車なので一本でほぼ4つのタイヤハウスをカバー出来ました。」

ロードノイズ低減プレート

フロントサスペンション固定ボルト部分に取り付けすることで、路面から発生する20-30Hz付近の振動を吸収し、不快なノイズを低減します。

在庫情報無し
(2018年08月21日現在)

口コミ・評価

「取り付けた直後の走り始めから効果がハッキリわかる。」
「制振・制音グッズは多く有りますが、コスパで言えば傑出していると思います。」
「マイルドな乗り心地になり細かい振動が無くなった。」

風切り音防止テープ

ドアまわりに貼るだけで、外からのロードノイズや風切り音を低減することができます。

参考価格: ¥ 1,460
(2018年08月21日現在)

口コミ・評価

「ドアを閉めた瞬間から密閉感が増し、走り出したら別の車に乗っているような感覚に。」
「コストパフォーマンスに対しては防音はものすごい効果ありますが、後続車のクラクションや緊急車両のサイレンは聞き取りづらくなる。」
「ちゃんと閉めないと半ドアになりやすいです。閉めるときの音に高級感出ました。」

ロードノイズは徹底遮断!快適なカーライフを

ロードノイズは楽しいドライブから日々の生活ドライブおいて、ちょっとしたストレスになる大敵です。路面から伝わるノイズを遮断する手段は3通りありました。
1つ目はタイヤから車内に伝わる前に遮断する方法、2つ目は車内に伝わってしまったノイズを吸収する方法、そして3つ目は外部からのノイズを遮断する方法です。

これら3つのポイントを徹底して防音対策をすれば、快適なカーライフを送れることは間違いありません!

静音化対策に関する記事はこちら

MOBYではこれらの記事も人気です

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す