初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

御料車「センチュリーロイヤル」とは?天皇陛下退位後はどうなる?

天皇陛下の御料車「センチュリーロイヤル」とは?トヨタ センチュリーロイヤルの仕様、価格、歴代の御料車紹介、皇族方の愛車を含め、知られざる全貌を徹底紹介します。天皇陛下の退位がせまるなかセンチュリーロイヤルはどうなる?皇ナンバーについても解説します。

皇ナンバーの御料車とは?

御料車とは高貴な人が所有あるいは利用する車のこと。日本では主に天皇皇后両陛下や皇族が移動する際に使われる車を指します。異なるナンバープレートを付けた2種類の御料車があり、いずれもフロントに「菊の紋章」が付けられます。

御料車専用の特別なナンバープレートである「皇ナンバー」は、金銀配色の円形に「皇3」「皇5」というように2文字が縦に表示されています。皇ナンバーが付けられた車両は、国会開会式や全国戦没者追悼式、国賓待遇の皇居への送迎など、皇室の公的な行事などに使われます。
通常の「品川ナンバー」が付けられた車は「公用車」と呼ばれ、それ以外の通常公務に使用されます。

現在、皇ナンバーの御料車は、トヨタが製造した「センチュリーロイヤル」。2006年7月に初めて宮内庁に納入され、同年9月の国会開会式に使用されたのが始まりとなっています。
特別仕様の「センチュリーロイヤル」とはどのような車となっているのでしょうか。

特別なナンバープレートである「ご当地ナンバー」についてはこちら

センチュリーロイヤルとはどのような車?

トヨタ センチュリーロイヤル

センチュリーロイヤルはトヨタ自動車が2006年から2008年まで製造していた車です。現在「御料車」として主に天皇皇后陛下が移動する際に使用されています。特別仕様車となっているため、残念ながら一般販売はされていません。

センチュリーロイヤルの先代御料車として使用されていたのは「日産 プリンスロイヤル」でした。プリンスロイヤルが老朽化したことを受け、次期御料車開発を打診していた宮内庁でしたが、日産が辞退することとなりトヨタが新たな御料車納入を提案。2005年にトヨタ センチュリーロイヤルの採用が決定しました。

宮内庁は現在センチュリーロイヤルを4台を所有しており、それぞれに「皇1」「皇2」「皇3」「皇5」の皇ナンバーが与えられています。(ちなみに皇4ナンバーは欠番で存在しません)

英国ロイヤルウエディングに登場した車も要チェック!

センチュリーロイヤルのベース車両は?

トヨタ センチュリー 2013年型

センチュリーロイヤルのベース車両は「トヨタ センチュリー」です。

センチュリーは、トヨタが1967年から製造している最高級の乗用車。日本でも大企業トップやオーナー、要人などが利用する「ショーファー・ドリブンカー(運転手付きの高級車)」として知られています。内装は本木目・本革シートを職人自らが手作業で制作しており、十分豪華な仕様です。エンジンは5.0L V型12気筒DOHCを採用しています。

2017年秋の「東京モーターショー」において3代目となる新型センチュリーが初公開され、2018年から販売が開始する予定です。20年ぶりのフルモデルチェンジの発表は話題になりました。

豪華な仕様のセンチュリーをさらに上回る御料車「センチュリーロイヤル」の仕様はどうなっているのでしょうか。

トヨタ センチュリーについてはこちら

ショーファー・ドリブンカーについてはこちら

次のページ

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...