初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ご当地図柄入りナンバー 速報】軽自動車 白ナンバー風には黄色枠が

2018年5月22日、国土交通省は地方版図柄入りナンバープレートの詳細情報を公開しました。軽自動車用には黄色の縁が入れられたプレートが採用されます。地方版図柄入りナンバーは10月から交付開始、2020年をめどに新たな地域名表示として全国17地域を追加する予定です。

地方図柄入りナンバープレート41種のデザイン決定 公式発表へ

代表6地域の地方図柄入りナンバープレート

地方図柄入り ナンバープレート

出典:国土交通省

2018年5月22日、国土交通省は地方版図柄入りナンバープレートの詳細情報を公開しました。

すでに全国41地域にデザインは決定済み。新たな地域名表示を導入してほしいとの要望が高まっていることを踏まえ、今後2020年をめどに全国17地域を追加する予定です。

交付開始は2018年10月~

地方版図柄入りナンバープレートはすでに申し込み受付が開始されており、10月から交付が開始されます。

軽自動車は白ナンバー風でも黄色の縁が!

最右列が軽自動車用デザイン

地方図柄入り ナンバープレート

出典:国土交通省

軽自動車の地方図柄入りナンバープレートデザインについて、国土交通省は「登録車と軽自動車との区分を明確化すべく、軽自動車の図柄入りナンバープレートには、”黄色”の縁取りを施す」としています。地方図柄入りナンバープレートを軽自動車につけて白ナンバー風を楽しみたい方は注意しましょう。

基本デザインは白ナンバーをベースとしていますが、黄色い縁取りが気になるという方は、ご当地ナンバーよりもオリンピックナンバーやラグビーナンバーを選択するのがおすすめです。

全国41箇所 異なるデザインの「地方図柄」

地方版図柄入りナンバープレート(例)

地方版図柄入りナンバープレート(例)

出典:国土交通省

地方版図柄入りナンバープレートは通称「ご当地ナンバー」と呼ばれるだけあって、全国41箇所で異なるデザインが最大の特徴です。

地域の名産品や景勝地などがデザインされた絵柄は、自治体がデザイン案を選定。住民投票やデザイン選定委員会により最終案が決定しました。寄付金ありはカラー、寄付金なしは白黒となりますが、両者のデザインは同じです。

ご当地ナンバー申込み時の寄付金は、導入地域における交通改善、観光振興などに役立てられます。さらに、ご当地ナンバーを付けて走る車は「走る広告塔」として活躍。地方アピールにも一役買うことになります。
地方版図柄入りナンバープレートは、デザイン性だけでなく、きちんと経済性が考えられて導入されていることがわかりますね。

地方図柄入りナンバーについてもっと詳しくはこちら

地方図柄入りナンバープレートの取得方法は?

すでにナンバー取得済みの車両でも同じナンバーのまま図柄入りに取り替え可能

図柄入りナンバープレートは、地方自治体の図柄入りナンバー専用ページから申し込みできます。詳しくは各自治体ウェブページやMOBYの以下記事をご覧ください。

地方図柄入りナンバープレートの取得方法はこちら

工夫を凝らしたデザインのご当地ナンバーを楽しもう!

盛岡版 軽自動車用(寄付金なし)のご当地ナンバープレート

軽自動車ご当地ナンバー 白ナンバー 黄色の縁

出典:国土交通省

地方図柄入りナンバープレートの詳細デザイン発表により、軽自動車用プレートに黄色い縁が付くことが明らかになりました。国土交通省としては”本当の”白ナンバーの普通車とはっきり見分けられるようにする、という意図だそうですが、「黄色い縁はちょっと…」という方もいるかもしれません。

しかし、地方図柄入りナンバープレートの魅力は各地方の特色を活かした、個性的なデザイン。今後さらに全国17地域の新たな地域名が増えるということですから、楽しみですね。

さらに地方図柄入りナンバープレートは永久交付。期間限定交付ではないため、ちょっと特別なナンバープレートにしたいという方はぜひ申込みしてみてください。

軽自動車のナンバープレートについてはこちらも

軽自動車の最新ランキングはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す