初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【新車で最安は?】安い軽自動車ランキングTOP10|おすすめのコスパ最強車は!

現在新車で販売されている軽自動車を新車価格の安い順番にランキング!コスパのよさで軽自動車はどれ?方出費を抑えつつ車で生活を便利にしたい方、維持費を抑えてセカンドカーを選びたい方は必見です。

いちばん安い軽は?軽乗用車の新車販売価格ランキング

価格が安い軽自動車は、新車でも購入しやすいという魅力があります。コンパクトサイズで取り回しのよい軽自動車なら、運転初心者でも扱いやすいです。また、本体価格だけでなく維持費や税金も普通車に比べて安いため、セカンドカーとしても最適でしょう。

現在新車で販売されている軽自動車の最も安いモデル同士を比較し、新車価格の安い順番にランキングを作成しました。コスパのよさで軽自動車を選びたい方は必見です。

こちらの軽自動車ランキングもチェック!

【同率1位】ダイハツ ミライース(842,400円~)

最安グレード:B

ダイハツ ミラ イースはミラをベースにした5ドアハッチバック型乗用車(軽セダン)です。誰もが気軽に乗れる第3のエコカーとして開発され、現在ダイハツの軽乗用車ラインナップのエントリークラスを担っています。

「イース」の由来は「Energy Saving Technology」の頭文字、および「eco&smart」の意味も含まれています。

現行モデルは初代モデル比で80kgもの軽量化に成功。空気抵抗の低減などによる燃費改善を行ったことで、購入価格だけでなく維持費も安く環境にもさらにやさしい車になっています。

ダイハツ ミライースのスペック

全長全幅全高
3,3951,4751,500
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4556704
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ダイハツ ミライースについて詳しくはこちら

【同率1位】トヨタ ピクシスエポック(842,400円~)

最安グレード:B

トヨタ ピクシスエポックはダイハツからOEM供給を受けてトヨタが発売している軽自動車です。兄弟車のミライースと同様、低価格と低燃費が特徴です。

トヨタ ピクシスエポックのスペック

全長全幅全高
3,3951,4751,500
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4556704
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

トヨタ ピクシスエポックについて詳しくはこちら

【同率3位】スズキ アルト(847,800円~)

最安グレード:F

スズキ アルトはスズキの5ドアハッチバック型乗用車で、後発のワゴンRにその地位を奪われるまでは同社を代表する車種でした。現行(8代目)のアルトはその特徴的なデザインや、スポーティな「ターボRS」の設定やさらにマニア心をくすぐる「ワークス」が14年ぶりに復活するなど「攻めた」展開で人気を博しています。

スズキ アルトのスペック

全長全幅全高
3,3951,4751,475
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4605MT:610
5AGS:620
4
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

スズキ アルトについて詳しくはこちら

【同率3位】マツダ キャロル(847,800円~)

最安グレード:GF

マツダ キャロルは、軽自動車初の4ドアセダンとして華々しくデビューしました。その後自社生産の時期、スズキ アルトとのプラットフォーム共有の時期を経て、現在はスズキ アルトとの兄弟車としてスズキよりOEM供給を受けています。

マツダ キャロルのスペック

全長全幅全高
3,3951,4751,475
ホイールベース車両重量乗車定員
2,460610
4
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

マツダ キャロルについて詳しくはこちら

【5位】スバル プレオ プラス(896,400円~)

最安グレード:F

トヨタ ピクシスエポックと同様にダイハツからOEM供給を受ける、ダイハツ ミライースとの兄弟車です。ピクシスエポックと合わせて3兄弟になります。兄弟車と比べて若干高い価格になっていますが、これは装備の違いによるものです。

スバル プレオ プラスのスペック

全長全幅全高
3,3951,4751,500
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4556704
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

スバル プレオ プラスについて詳しくはこちら

【6位】三菱 eKワゴン(1,044,360円~)

最安グレード:E

三菱 eKワゴンは三菱のeKシリーズのトールワゴンで、現行モデルは三菱と日産の合弁会社NMKVにより開発されました。「eK」は「excellent K-car」の頭文字であると同時に「いい軽」の語呂合わせにもなっています。

日産 デイズと兄弟車になりますが、装備やグレードの体系などが大きく異なります。デイズにはeKワゴンの最廉価グレードと同等の装備のグレードはないため、今回のランキングには入っていません。

三菱 eKワゴンのスペック

全長全幅全高
3,3951,4751,620
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4308304
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

三菱 eKワゴンについて詳しくはこちら

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!