初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

レクサス「LQ」を商標登録!新型最上級SUVに?外装・内装や発売日と価格を予想

レクサスの新しい車名として「LQ」が、米国にて商標登録されたという情報が入りました。レクサス新型「LQ」はデトロイトモーターショー2018にて、発表されたSUVコンセプトカー「LF1 リミットレス」の市販型ではないかと噂されています。新型LQの最新情報と予想をご紹介します。

レクサス新型LQが登場か?米国で商標登録

レクサスは、米国にて新型車とみられる「LQ」を商標登録していたことが明らかになりました。

LQの登録は、2018年5月7日付けでトヨタ自動車本社の名義であることを米国USPTO(特許商標庁)の公式サイトで確認することができました。

レクサス新型LQは「LF-1リミットレス」の市販型か?

レクサス新型LQは、2018年1月「デトロイトモーターショー2018」にて初公開された「LF-1リミットレス」の市販モデルとして登場するある可能性があります。

LF-1リミットレスは、レクサスブランドにおける次世代の最上級クロスオーバー車として提案されたコンセプトカーです。
コンセプトカーと言っても、エクステリアは現行レクサスのイメージに共通したデザインであり、すぐに登場してもレクサスとして違和感がないデザインと言えます。

LF-1リミットレスとは?

レクサス新型LQの外装・内装はどうなる?

レクサス新型LQが、LF-1リミットレスの市販型と仮定して、コンセプトモデルから外装・内装を予想してみます。

新型LQの外装予想

フロント

サイド

リア

エクステリアデザイン全体は、すぐに登場してもおかしくない現実的なイメージで、ここ数年でレクサスのアイコンとして定着した「スピンドルグリル」を進化させたデザインとなっています。

サイドからのシルエットは、LXのような箱型ではなく、クーペスタイルを採用することで、タウンユースメインのSUVとして差別化を図っているように思えます。

新型LQの内装予想

運転席・助手席

後部座席

レクサス新型LQのインテリアは、LF-1リミットレスの未来感あふれたデザインではなく、レクサス現行車のデザインをベースにしたインテリアが採用されると予想できます。
とくにダッシュボード周りのデザインは、センターに大型の液晶ディスプレイを備えた最近のトレンドをベースにした使い勝手がいいデザインになるでしょう。

LF-1リミットレスの後部座席は2名となっていますが、新型LQがSUVクーペというスタイルであれば、LCのように後部座席2名の乗車定員4名になる可能性が高いでしょう。

レクサスの最高級SUVが「LQ」に?

レクサス新型LQの車名である「LQ」にはどのよう意味があるのか考えてみます。

車名「LQ」の「L」は、レクサス現行車にて最上級車(フラッグシップ)のみに用いられている「Luxury」(ラグジュアリー)の「L」を意味するのは間違いないでしょう。
「Q」は、現行SUVの「LX」と差別化するために、アウディのSUV「Qシリーズ」と同じように4WDをさすクワトロ(Quattro)を意味する「Q」を採用したと想像できます。

レクサス新型LQは、車名が「L」から始まるレクサスのフラッグシップの1台として登場すると予想されます。

 ・LS:ラグジュアリー セダン
 ・LC:ラグジュアリー クーペ
 ・LX:ラグジュアリー クロスオーバー
 ・LQ:ラグジュアリー クロスオーバー クーペ

レクサス新型LQが登場すれば、レクサスは最上級車(フラッグシップ)をカテゴリー別に4台が横並びになり、豪華なラインナップになることは間違いありません。

レクサス新型LQの発売日や価格は?

レクサス新型LQは、レクサスの新しい車名として米国で商標登録されたという情報だけですが、最初のコンセプトモデルが登場して市販型の発売までには早くても2年であることから、LF-1リミットレスの発表があった2018年から2〜3年後が発売年としての可能性が高いと考えられます。
レクサス新型LQは、2021年中に米国で正式発表、その半年後に販売されるのではないかと予想でき、その場合日本には米国に遅れての発表・発売になるでしょう。

注目される価格は、機能や装備が現在よりも向上することもあり、現行のLXより高価になる可能性が高いと考えられ、1,200万円以上と予想できます。

今後のLF-1リミットレスの動向に注目が集まります!

レクサスのSUVに関するおすすめ記事

レクサスの新型車に関するおすすめ記事

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!